諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京都港区東新橋にある 『コンラッド東京』 その6 エグゼクティブラウンジ カクテルタイム編です。
 
「ヒルトン・ホテル」創業者の"コンラッド・ヒルトン"氏のファースト・ネームより名付けられた
ホテルブランド「コラッド・ホテル」は、ヒルトン・ファミリー・ブランドの中では、
「ウォルドルフ=アストリア・コレクション」に次ぐ上級ブランドとして位置づけられています。
 
「コンラッド」ブランド日本初進出となる『コンラッド東京』は、2005年7月1日にオープンしました。
コンラッドホテルズの格式と和のモダンデザインの融合をコンセプトとしており、
ミシュランガイド東京日本語版において、快適さによる評価で最高ランクの
レッドパビリオン5つを3年連続獲得しています。
今回利用した客室は、"エグゼクティブベイビュールーム"のツインタイプです。
36階と37階のエグゼクティブフロアに宿泊すると、
37階にあるエグゼクティブラウンジを自由に利用する事が出来ます。
エグゼクティブラウンジでは、エクスプレス&プライベート チェックイン・アウトに、朝食はもちろん、
アフタヌーンティータイム(15:00〜17:00)では、ケーキ、クッキー、スコーン......etc、
カクテルタイム(18:00〜20:00)では、軽食に、スナック、カクテルなどなどを楽しむ事が出来ます。
 
エグゼクティブラウンジの醍醐味は、カクテルタイムにあると勝手に思っている私は、
利用しないわけにはいきません。
日本企業の某高級ホテルではお酒が2杯までと制限を設けているところもありますが、
外資系の高級ホテルではそんな制限はなく基本は飲み放題です。
日本企業にはがんばって欲しいのですが、
魅力的なサービスといった面では外資系に劣っている点は否めませんね..........。
 
『コンラッド東京』のエグゼクティブラウンジですが、
オープン当初に比べコスト削減がいろいろと行われています。
東京の高級ホテル事情は競争が激化してるなか不況の余波もあり稼働率が低迷しており、
『コンラッド東京』ではさまざまな割引プランを打ち出し稼働率アップを図っていますが、
売上減のためコスト削減は止むを得ないのかもしれません.........................。
カクテルタイムでの主な変更点は次の2点です。
まず、シャンパンはおいておらず、スパークリングワインになりました。
また、料理はビュッフェ形式で好きなだけ取り放題だったのですが、
現在は各レストランから提供される1プレートのオードブルのみとなりました。
多少サービスは縮小されましたが、高級ホテルらしいサービスの工夫はされていると思います。
しかし、エグゼクティブフロアの客室が、利用しやすい料金プランにて販売されるため、
週末はエグゼクティブフロアの客室がフル稼働となり、エグゼクティブラウンジにはキャパシティ以上の
宿泊者が押し寄せ、カクテルタイムと朝食はたいへんな混雑をみせます。
サービス劣化となっている事は否めず、ぜひ改善を期待したいです。
 
ヴィトー・アルベルティ・クレマン・ド・ブルゴーニュ
イメージ 1
現在、シャンパンの代わりに用意されているのが、
"ヴィトー・アルベルティ・クレマン・ド・ブルゴーニュ"というスパークリングワインです。
名前のとおりフランスはブルゴーニュ地方でつくらているスパークですが、
下手なシャンパンよりもしっかりとした味わいに、泡立ちもきめ細かでなかなかの旨さです!
市場では2,500円程(750ml)で手に入れる事が出来きるので、
コストパフォーマンスは非常に高いスパークです。
『コンラッド東京』で採用されるようになってから、日本での知名度はかなり高くなり、
現在品薄状態が続いています。
しかし、美味しいとはいえ、こういうところでは、ぜひ本物のシャンパンをいただきたいですね〜...............。
 
1プレート(オードブル)
イメージ 2
現在はホテルの3つのレストランが日替わりでオードブルを1プレートにのせ提供しています。
訪れた時は、日本料理レストラン「風花」のオードブルで構成された1プレートで、
もずく、雲丹豆腐、海苔巻き(漬物)、焼魚など用意されていました。
どれも美味しく、お酒のおつまみとしては、満足できるプレートでした。
 
スナック
イメージ 3
スナックも数種類用意されています。
ソースも3種類程用意されていましたので、バリエーション豊富な味を楽しめました。
 
フルーツ
イメージ 4
フルーツは苺とみかん類が用意されていました。
私としてはカットフルーツを用意して欲しいです。
 
チョコレート
イメージ 5
チョコレートも用意されていました。
太るため最近は控えていますが、チョコレートをおつまみに、
ワインやウィスキーをいただくのが私は好きです。
 

カクテルタイムはディナーの代わりとしては物足りませんが、
お酒好きには満足できる内容だと私は思います。
ただし、週末はカクテルタイムが開始する18時前から満席状態で、
終了の20時まで席が空く事はありません。
私が利用していた時は、何組かあきらめて部屋に戻られていました。
せっかくエグゼクティブフロアの客室を予約したのに、
カクテルタイムを利用できなかった方にとっては、ちょっと不公平を感じると思われます。
何らかの改善が必要ではないでしょうか?
私の場合、何とか利用は出来ましたが、こじんまりとしたラウンジが満席状態では、
とても窮屈で落ち着いてお酒を楽しめる空間ではありませんでした。
某ホテルのラウンジと比較してしまうと、また次回も利用したいとは残念ながら思えませんでした。
平日の空いているときの利用ならまた別ですが....................。
 

撮影:2012年1月

閉じる コメント(2)

クラブラウンジ良さそうですね〜
しかし週末ともなるとそんなに混んでいるなんて。。。

お酒は好きなのでこういうところで頂ける
美味しいシャンパンは最高ですが、やはりラウンジは
いろいろコストの面でも大変なのかもしれませんね。

オードブルのプレートが非常に美味しそうです☆
チョコも♪♪♪

こちらを利用できなかったら、さぞかしショックでしょうね・・・・
行くのなら平日にしようと思いました。

明日は大阪城が見えるホテルニューオータニ大阪に
宿泊予定です☆

初めて泊まるのでとても楽しみです☆

2012/3/6(火) 午後 3:35 [ 神無月 ]

ラウンジは空いていたら最高なんですけどね〜......。
テーブルが小さいうえに、テーブルとテーブルの間隔が狭く、
混雑していると落ち着きません。
ホテルレストランが用意しているだけあって、
オードブルなどは美味しかったので、
ちょっと残念というか、惜しいしエグゼクティブラウンジでした。
平日だったら、また違った印象だったのかもしれません。

ホテルニューオータニ大阪......いいでね〜♪
大阪城公園のすぐ近くにありロケーションは最高ですね。
日本企業のホテルにはがんばってもらいたいです。

2012/3/10(土) 午後 3:00 諸国漫遊記


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事