諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京都千代田区丸の内にある『シャングリ・ラ ホテル 東京』 その1 です。
 
「シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ」が展開するホテルブランド『シャングリ・ラ・ホテル』の
日本初進出となる『シャングリ・ラ ホテル 東京』は、2009年3月2日AM10時15分に開業しました。
その時期は、2008年9月に起こったリーマンショックにより、日本は急激な景気悪化に陥っていました!
ラグジュアリーホテルのオープンとしては最悪のタイミングと批判されたに止まらず、
その2年後には東日本大震災が発生し、約一ヶ月間の営業停止を余儀なくされました。
『シャングリ・ラ ホテル 東京』は、「ツイていないホテルだなあ〜」と思っているのは私だけではないはずです!?
しかし、外資系ホテルが乱立する現在の東京において、
その先陣をきった「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」、「パークハイアット東京」、
「ウェスティンホテル東京」が開業したのは、バブルが崩壊した1990年前半でしたが、
外資系ホテルブームと騒がれるほど人気がありましたので、
ラグジュアリーホテルというのは、不景気には強いものなのかもしれません??
 
「シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ」は、香港に本拠地を置くケリー・グループ(嘉里集団)が
経営する高級ホテルチェーンで、マレーシア出身の中国系企業家「ロバート・クオック(郭鶴年)」氏が
1971年にシンガポールにホテルを開業したのがはじまりです。
アジアや中東の主要都市と大陸中国の観光地やフィジーなどのリゾート地に、
現在(2012年4月)では60のホテルやリゾートを展開しており、総客室数は28,000以上を有しています。
「マンダリン・オリエンタルホテルグループ」や「香港&上海ホテルズ」と並ぶ、
アジアを代表する高級ホテルチェーンの一つとして高い支持を得ています。
現在(2012年4月)は、『シャングリ・ラ』、「トレーダーズ」、「ケリーホテル」のホテルブランド名により、
世界各都市において運営展開していますが、なかでも『シャングリ・ラ ホテル』は、ラグジュアリーホテル
として豪華施設と一流のサービスを誇ります。
『シャングリ・ラ』のホテル名は、1933年に出版された「ジェームズ・ヒルトン」の伝奇小説「失われた地平線」
の舞台となった伝説の地"シャングリ・ラ"が由来となっています。
 
『シャングリ・ラ ホテル 東京』は、東京駅に隣接する「丸の内トラストタワー本館」の最上階に位置する
27階から37階までの11フロアを占めています。
「丸の内トラストタワー本館」は、首都東京の顔として再開発が進む東京駅周辺地区に、
"森トラストグループ"が取り組む都市再生特別地区の都市計画に基づくプロジェクトとして、
2008年11月に竣工しました。
先に完成(2003年9月竣工)した「丸の内トラストタワーN館」とともに、
"丸の内トラストシティ"として2009年3月にグランドオープンしました。
 
丸の内トラストタワー本館 外観①
イメージ 1
東京駅八重洲北口、外堀通りの横断歩道から撮影した「丸の内トラストタワー本館」です。
左に見えるのは、DAIMARU東京店がある"グラントウキョウ ノースタワー"、
手前の古いビルは1954年竣工の「第二鉄鋼ビルディング」です。
 
丸の内トラストタワー本館 外観②
イメージ 2
丸の内トラストタワー本館 外観①とは反対側(東京駅丸の内北口)から望む景観です。
 
丸の内トラストタワー本館 外観③
イメージ 7
東京駅から徒歩でアクセスの場合、この景観を望みます。
『シャングリ・ラ ホテル 東京』のロゴ(英語表記)が見えます。
手前は「丸の内トラストタワーN館」です。
 
『シャングリ・ラ ホテル 東京』の総客室数は202室で、内訳は、50㎡を誇るデラックスルーム145室、
プレミアルーム20室、ホライゾンクラブフロア31室、スイート6室となっています。
ホテル内には、イタリアン(ピャチェーレ)と日本料理(なだ万)の2つのレストラン、
ロビーラウンジ、"シャングリ・ラ"ブランドの"CHI「氣」スパ"が併設され、その他に、会議・宴会施設、
チャペルを含む婚礼施設、フィットネス、屋内プール、"ホライゾン クラブ ラウンジ"などを完備しています。
『シャングリ・ラ ホテル 東京』は、"シャングリ・ラ ホスピタリティは人を思う心から"ろいう
『シャングリ・ラ』企業理念のもと、小説「失われた地平線」に描かれたチベットの山々の奥地にある
静寂な隠れ里を再現したかのような最上のおもてなしを提供しています。
 
ホテル玄関①
イメージ 8
「丸の内トラストタワー本館」のオフィスロビー/エントランスホールと
ホテルエントランスを結ぶ入口(玄関)です。
 
ホテル玄関②
イメージ 9
外に面したホテルエントランスへの入口(玄関)はこんな感じです。
ホテルエントランスに入り、エレベータでフロント/ロビーがある28階に上ります。
ちなみに車寄せは地下にあります。
 
今回は思い切って「ホライゾンクラブ」にステイする事にしました。
そのため、28階ではなく、最上階の37階にある"ホライゾン クラブ ラウンジ"に直行です。
「ホライゾンクラブ」とは、一般的には"クラブフロア"と呼ばれている特別会(上層階)に位置するフロアで、
『シャングリ・ラ ホテル』では、「ホライゾンクラブ」といいます。
利用したのは東京スカイツリーから東京湾までを眺望できる「ホライゾンデラックスベイビュールーム」です。
 
客室からの景観①
イメージ 10
ホテルからは北東方面に"東京スカイツリー"を望めます。
 
客室からの景観②
イメージ 11
東京スカイツリーをズーム撮影してみました。
 
客室からの景観③
イメージ 12
左側手前に見えるのは"日本橋一丁目ビルディング(コレド日本橋)"、
右前方には、佃の高層マンション群(リバーシティー21)などが望めます。
 
客室からの景観④
イメージ 13
客室からの景観③にて右前方に望めた佃の高層マンション群(リバーシティー21)をズームで撮影すると、
"中央大橋"と"隅田川"がはっきり確認できます。
 
客室からの景観⑤
イメージ 3
客室からの景観④より右に少しターンすると、遠くに東京新名所となった"東京ゲートブリッジ"を望めます。
 
客室からの景観⑥
イメージ 4
葛西臨界公園方面の景観です。

客室からの夜景①
イメージ 5
北北東から北東方面の夜景です。
「マンダリン・オリエンタル東京」が入る「日本橋三井タワー」、「コレド日本橋」など、
日本橋の夜景を望めます。
もうすぐこの夜景の中に"東京スカイツリー"のライトアップも加わる事でしょう.........。
 
客室からの夜景②
イメージ 6
南東方面の夜景です。
葛西臨界公園にある"ダイヤと花の大観覧車"のイルミネーションも望めます。
 

撮影:2012年2月

閉じる コメント(2)

シャングリラはめちゃめちゃ気になっていたホテルです
何でもお風呂がエキゾチックな感じでよいとか…

しかし ホライゾンクラブなんて 手が届かない感じなカテゴリーなので 今後の記事がとても楽しみです

お部屋やお風呂はどんなのかな

はたまたクラブラウンジも とても気になります

2012/4/8(日) 午後 7:02 [ 神無月 ]

オープン当初はサービス面において酷評をよく耳にしましたが、
3周年を迎えた現在は、安定した上質なサービスを提供していると
感じました。

ホライゾンクラブのサービスは素晴らしかったです。
おいおい記事にしていきたいと思います。

2012/4/14(土) 午前 11:06 諸国漫遊記


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事