諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京都千代田区丸の内にある『シャングリ・ラ ホテル 東京』 その2 客室編です。
 
「シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ」が展開するホテルブランド『シャングリ・ラ・ホテル』の
日本初進出となる『シャングリ・ラ ホテル 東京』は、2009年3月2日にオープンしました。
総客室数は202室で、一番下のクラスでもデラックスルームと名付けられており、
広さは50㎡を誇る客室が145室用意されています。
その他の内訳は、プレミアルーム20室、ホライゾンクラブフロア31室、スイート6室となっています。
 
2005〜2007年にかけ、「コンラッド東京」「マンダリンオリエンタル 東京」「ザ・リッツ・カールトン東京」
「ザ・ペニンシュラ東京」と立て続けて外資系ラグジュアリーホテルのビッグネームが開業しましたが、
『シャングリ・ラ ホテル 東京』は、理想の場所を見つけるために、なんと!10年以上かかったと言われています。
理想の場所として選ばれたのは、東京駅に隣接する『丸の内トラストタワー本館』であり、
最上階に位置する27〜37階までの11フロアを占めています。
皇居、日本橋、そして、銀座へのアクセスも良好な立地に加え、バッドビューの客室は1つもないという噂です。
客室は、新名所となった東京スカイツリーに東京ゲートブリッジ、葛西臨海公園にお台場といった東側と、
東京駅、丸ビル、新丸ビルをはじめとする丸の内のビル群に大手町のビル群、その隙間から皇居も望める
西側の客室の景観でわけると2タイプになります。
今回は、最上階の37階または36階、そして東側に位置する"ホライゾン デラックス ベイビュー ルーム"を
思い切って予約してみましたが、運よく、ホライゾンクラブラウンジにもほど近い最上階の37階の客室に
宿泊する事ができました。
 
ベッド&リビングスペース①
イメージ 1
はじめて客室に足を踏み入れた瞬間「派手だなぁ!?...............」というのが私の感想でした!
よく言えばゴージャスなんですけど、個性が強く、好き嫌いがはっきり分かれる客室ではないでしょうか!?
非日常に浸りたい私としてはけっこう好きなタイプではありますが....................。
 
ベッド&リビングスペース②
イメージ 2
遮光カーテンをクローズするとゴージャスさが際立ちます!
これが『シャングリ・ラ』なのでしょう!?

ベッド&リビングスペース③
イメージ 8
①②とは反対側となる窓際のソファから望む空間です。
客室の広さは50㎡ですが、縦長のつくりのため、それほどゆとりある広さは感じません。
 
ベッド&リビングスペース④
イメージ 9
③とは違った角度で(バスルームに向かって)撮影するとこんな感じです。
バスルームのブライドを完全に下した状態です。

ベッド&リビングスペース⑤
イメージ 10
お休みの準備(ターンダウン)が施されたベッドはこんな感じです。
お昼と雰囲気はがらっと変わります!
ベッドは、最高の寝心地を追求したシーリー社“STEARNS&FOSTER”シリーズの特注品を使用しています。

クローゼット
イメージ 11
クローゼットは入口とベッドスペースの間の空間に設けられた普通のタイプで、
これといって特筆すべき点はありませんが.........広さと機能性は十分です。

洗面スペース
イメージ 12
洗面台は大理石が施されたゴージャスなものです。
シングルベーシンなのは残念ですが、洗面ボウルが大きいため、使勝手はよかったです。
 
バスルーム①
イメージ 13
バスルームは洗面スペースとは完全に独立したつくりです。

バスルーム②
イメージ 14
ベッドルームから望むバスルームはこんな感じです。
ベッドルームとバスルームの間仕切りに強化ガラスを使用した開放的なタイプが、
最近のラグジュアリーホテルでは主流となっています。
巨大なレインシャワーが印象的でした
 
バスルーム③
イメージ 15
バスタブも大理石が施されたゴージャスなものです。
 
バスルーム④
イメージ 3
独立していない洗い場付きのシャワースペースは私好みです。

トイレ
イメージ 4
トイレはセパレートタイプです。

景観①
イメージ 5
最上階に位置する"ホライゾン デラックス ベイビュー ルーム"から望む景観は素晴らしいです。
ソファーでくろぎながら贅沢な時間が流れていきます。
 
景観②
イメージ 6
北東方面にはスカイツリーを望めます。
 
景観③
イメージ 7
南東方面の景観です。
 

撮影:2012年2月

閉じる コメント(4)

はじめまして。ランダムからの拝見です。

このホテルは開館当時にブログで取り上げました。

まだ泊まったことはありません。
良い眺めですね。

2012/4/14(土) 午後 0:57 馬明

こんにちは。

ベッドのカバーはシルクなのかしら?
ややテラッとした感触ですね。

写真では落ち着いた感じにも見えますが
実際にみると、非日常な感じなのでしょうか(^^)

しかし窓際のディソファは大きくてすわり心地も
良さそうで最高ですね〜〜。

気色もいいですし、今話題のスカイツリーも
見えるのですね。

ここに寝そべりながら本でもまったり読んで
窓の景色が移り行くのを見るとか最高!!
と、想像してしまいました。

お風呂のレインシャワーも超大きいですね。
リラックスできそうです☆

2012/4/15(日) 午後 5:23 [ 神無月 ]

馬明さん、訪問&コメントありがとうございます。

景観もさることながら、ハード面、ソフト面ともに
満足できるラグジュアリーホテルだと思います。
おすすめです。

2012/4/15(日) 午後 7:10 諸国漫遊記

神無月さん、こんにちは。

写真とはいえ、落ち着いた感じに見えるというのは、
感性というのは人それぞれなのですね〜!?
カーテン、ベッドカバー、クッションなどの色使いは、
私にはとても華やかに思えるんですけどねえ〜........。
少なくとも私が宿泊した事のあるホテルの中では、
一番華やかかつゴージャスでした。
なお、ベッドカバーの素材はわかりません。

窓際のソファーは、とてもくつろげて、
たしかに最高です!
しかし、どうがんばっても一人用なのです。
シングルユースならば問題ないのですが........ちょっと残念です。

レインシャワーは私が出会ったなかでは最大級でした。
とてもリラックスできました。

2012/4/15(日) 午後 7:42 諸国漫遊記


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事