諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京都千代田区丸の内1丁目にある『フォーシーズンズホテル丸の内 東京』 その3 客室編です。
 
東京駅に隣接するハイグレードなガラスのタワービル「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」内に位置する
『フォーシーズンズホテル丸の内 東京』は、大都会の喧騒の真っ只中にあるにもかかわらず、
静寂に包まれた別世界の空間が広がるまさにオアシスです。
皇居や銀座にもほど近いロケーションを誇り、配慮の行き届いた弛みないサービスが魅力のホテルです。
 
今回利用した客室は、下から2番目のクラスになる"プレミアルーム"です。
下から2番目といっても52㎡の広さを誇ります。
 
ルームキー
イメージ 1
『フォーシーズンズホテル丸の内 東京』の特徴の1つであるカード式のルームキーです。
東京駅の近くに居る事を象徴するようなデザインですが、他にも、祭りをイメージさせる提灯、
舞妓さん、茶畑など、日本をイメージさせるデザインが各種用意されているようです。
 
廊下
イメージ 2
今回利用した401号室は、長い廊下が印象的な客室でした。
ターンダウン・サービスなどでスタッフが訪れた時など、
ベッドルームからの移動はけっこう面倒でした!?
 
クローゼット①
イメージ 9
客室玄関からの長い廊下とベッドルームを繋ぐ空間です。
両開き戸タイプの大きなクローゼットが2つ設けられています。
写真は扉をクローズした状態です。
 
クローゼット②
イメージ 10
向かって右側びクローゼットです。
ナイトウェア?(パジャマは別に用意されています)、靴べら、靴ブラシ、スリッパが用意されています。
ハンガーの数は十分です。
 
クローゼット③
イメージ 11
向かって左側のクローゼットです。
こちらのクローゼットには、荷物台とハンガーだけです。
2つのクローゼットは、長期滞在にも十分に対応できる容量です。
 
ミニバー
イメージ 12
客室玄関からの長い廊下とベッドルームを繋ぐ空間には、ミニバーのスペースも設けられています。

洗面・バスルーム①
イメージ 13
洗面・バスルーム入口の扉から望む全景です。
 
洗面・バスルーム②
イメージ 14
バスローブ、バスタオル、ファイスタオルは写真のようにレイアウトされています。

洗面・バスルーム③
イメージ 15
手前がシャワーブース、奥がトイレです。
バスタブがシャワーブースとトイレにサンドされたレイアウトは、
「パークハイアット東京」の"パークデラックスルーム"を意識しているのでは?
と思えてしまう同じつくりです!
しかし、壁ビューとなるためか?雰囲気は全然違いまし、開放感もいまひとつです!?
う〜ん、テレビが欲しいですね〜。

洗面・バスルーム④
イメージ 16
シャワーブースの中はこんな感じです。
レインシャワーが備えられているものの、ヘッドがちょっと小さく、
また、水量調節と温度調節が同じハンドルとなっているなど、
私にはちょっと使勝手が悪く、残念なシャワー設備でした。

洗面・バスルーム⑤
イメージ 3
トイレは古いタイプのため、操作、機能性ともにいまひとつです。

洗面・バスルーム⑥
イメージ 4
洗面台は非常にシンプルなつくりではありますが、デザイン性には優れていると思います。
シングルベーシンなのは残念ですが、フラットなつくりで使い易いものでした。

ベッド&リビングルーム①
イメージ 5
プレミアルームには、キングサイズベッド(いわゆるダブルルームタイプ)か、
2クイーンサイズベッド(いわゆるツインルームタイプ)の2種類のベッドタイプが用意されています。
今回は、2クイーンサイズベッドタイプを選んでみました。
中央に壁掛けタイプの46型3Dテレビが設置され、多目的チェストを挟むように、
右奥に、オットマン付ソファとテーブル、
左手前に、ライティングデスクというレイアウトになっています。

ベッド&リビングルーム②
イメージ 6
レザー張りの天蓋が印象的なベッドルームですが、
ほとんどの空間が2台のベッドに占有されているといった感じです。

ベッド&リビングルーム③
イメージ 7
ライティングデスク側の窓です。
ラグジュアリーホテルの客室は、壁一面の大きな窓でなければなりません!
(私の勝手な定義ですが............)
"プレミアルーム"は東京国際フォーラム側(南側)につくられており、
パシフィックセンチュリープレイスコートヤードの緑の木々や、
JR有楽町駅のホームまで望む事が出来ます。
何よりも、低階層ならではの新幹線ビューが最大の魅力です!

ベッド&リビングルーム④
イメージ 8
オッマン付ソファー側の窓です。
こちらの窓からも、行き交う新幹線を望む事ができます。
ソファーを新幹線が望める方向にレイアウトし、行き交う新幹線をボーっと眺めていました!
現在、東京駅を発車する東海道新幹線はだいたい3〜7分おきにダイヤが組まれています。
東京駅へ到着する新幹線も同じぐらいありますし、
大井車両基地から来たり、向かうものもありますので、
約2分間隔で行き交う新幹線を望む事が出来ると思います!
 
これだけの数の新幹線を走らせられるだけの需要があるJR東海は、
高利益をもっとユーザに還元すべきです。
チケットレスサービス「EX-IC」の会員になっても、たった1割引というのはいかがなものでしょう!?
せめて、えきねっと(JR東日本)のトクだ値(10%〜50%割引)なみのサービスをつくるべきです!!

撮影:2012年5月

閉じる コメント(4)

お部屋素敵ですね〜〜。

お風呂のつくりが開放的すぎな感じで
バスタブに使っているときの水はねなどが
気になってしまいそうですが・・・

景色はとても良くて高層階ではない分、自宅感覚で
寛げそうなイメージです。

新幹線は絶対儲かっていますよね。
利便性に優れているから大阪〜東京
もしくは大阪〜九州くらいだと新幹線を
どうしても利用してしまいます。

ツアーとかだと格安のものもありますが
個人で多く利用する人にも、もう少し還元
してほしいですよね。

京都のフォーシーズンズは私の出身大学
近所にできますので、興味津々です☆
できたら是非泊まりたいですね〜

2012/6/19(火) 午後 9:53 [ 神無月 ]

客室については、ベッド&リビングは問題ありませんが、
水回りは改善すべき点がいくつかありました。

景色については、低階層ながらけっこう楽しめました。
次回は東京駅側(西側)に面した客室を利用したいと思いますが、
そちらはスイートルームになるそうで、
ちょっと難しいですね.......。

フォーシーズンズの近くの大学といえば、
私の好きな作家:山崎豊子さんの出身大学でしょうか??
(間違っていたらごめんなさい)
京都というロケーションですので、オープン当初は
とんでもない客室料金なんでしょうね!?

2012/6/21(木) 午後 10:13 諸国漫遊記

寅鐘さまも 山崎豊子さんがお好きなんですか?

私も大好きで 全作品読んでいます
とくに『不毛地帯』が好きです


推測の通り私の先輩でもある方で 尊敬しております。

あのあたりはハイアットの京都がありますが 立地的にちょっと微妙なので どうでしょうかね。

あ でも 清水寺とか知積院など近くですから 東山観光にはよいかもしれません。

オープン当初は 高そうな感じですから しばらくしてから お泊まりしてみたいですね!

2012/6/21(木) 午後 11:28 [ 神無月 ]

山崎豊子さんの作品は大好きです。
彼女が書く人間ドラマにはのめりこんでしまいます!
作品ごとの時代背景も素晴らしいです。
「不毛地帯」ももちろん好きですが、
「沈まぬ太陽」「白い巨塔」「二つの祖国」「大地の子」......
どの作品も甲乙つけがたいです。

たしかに近くには、
三十三間堂の隣にハイアットリージェンシーがありますね。
東山観光にはいいロケーションだと思います。
オープン当初はとんでもない宿泊料金が発表されるのでは
ないでしょうか!?

2012/6/23(土) 午後 5:51 諸国漫遊記

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事