諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京都千代田区紀尾井町にある『 エグゼクティブハウス 禅 』 その1 客室編です。
 
東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)9月1日に開業した「ホテルニューオータニ」!
2007年に総工費100億円を投じ、約2年がかりで「ザ・メイン」(本館)の大改修が施されました。
そのリニューアルオープン時の目玉の一つがホテル・イン・ホテル”をコンセプトとした
「エグゼクティブハウス 禅」の誕生でした!
 
「エグゼクティブハウス 禅」は、「ザ・メイン」の11階と12階につくられた全87室の
スーパーラグジュアリーホテルです。
「ホテルニューオータニ」は全1479室という超大型のホテルですので、
わずか6%にも満たない客室数になります。
その87室に宿泊される特別なゲストがゆったりとくつろいでいただくため、
女性らしい気くばりでサービスにあたる必要があると考え、
都内のホテルでは初となる女性支配人が就任した事も話題となりました。
 
客室は全て"侘び・寂び"をテーマにしたインテリア、墨や和紙など、
日本で古くから親しまれてきた自然素材や、江戸時代に多く取り入れられた墨色、金色、紫色などの
色合いを用いて、洗練された和の雰囲気で統一されており、自然の中にいるかのような開放感と、
安らぎを感じることができる特別な空間となっています。
今回は、広さ45㎡のエグゼクティブデラックスツインという客室タイプを利用してみました。
 
ベッド&リビングスペース①
イメージ 1
「エグゼクティブハウス 禅」の客室のテーマである"侘び・寂び"を
強く感じるインテリアデザインであると思いました。
シックでモダンな大人の空間がつくられており、落ち着いた雰囲気で居心地がよかったです。
 
ベッド&リビングスペース②
イメージ 2
客室入口から望むベッドとリビングの空間です。
ベッド上に飾られた書道墨像系作家「井端松亭」氏による墨アートの作品が、
いいアクセントを与えています。
 
ベッド&リビングスペース③
イメージ 6
ベッド横に設けられたブラインドの向こうはバスルームです。
ブラインドをオープンすれば、ベッドルームを通してですがビューバスとして楽しめます。
 
リビングスペース
イメージ 7
リビングスペースが十分に確保されたレイアウトです。
ソファの座り心地もなかなかでした。
シングルソファがオットマン付であればベターだったのですが........。
 
ベッドスペース
イメージ 3
訪れたのは夏休み真っ只中でしたが、『 エグゼクティブハウス 禅 』は好評で満室フル回転だったようです。
そのためか、ベッドはチェックイン前から既にターンダウンが施されていました。
ベッドカバーとクッションが備えられた状態であれば、さらにモダンに感じたと思われます。
 
ライティングデスク
イメージ 8
ガラステーブルのお洒落かつスタイリッシュなライティングデスクが設けられてています。
しかし、デザイン重視というのは否めず、特に椅子の座り心地がいまひとつなのが残念でした。
 
バスルーム①
イメージ 9
バスタブとシャワーブースです。
アクリルガラスで仕切られていますが半個室といった空間です。
シャワーブースは洗い場が付いた十分な広さで、
バスタブの隣りにシャワーブースというレイアウトは使い易く私好みです。
 
バスルーム②
イメージ 10
バスタブはパウダースペースにはみ出ていますが、限られたスペースを有効に使ったデザインで、
よく考えれていると思います。
使い勝手がいいとは感じませんでしが、不便なことはありません。

バスルーム③
イメージ 11
デザインと性能に定評のあるドイツが誇るグローエ社製のレインシャワーが採用されています。
レインシャワーが備えられているのは、エグゼクティブデラックスタイプの客室からになります。

バスルーム④
イメージ 12
洗面台はシングルベーシンですが、スペースの問題から仕方ありません........。
大きなミラーとスッキリしたレイアウトで使い勝手はよかったです。

バスルーム⑤
イメージ 13
バスローブやタオルは、ショップのようにお洒落にレイアウトされています。

クローゼット
イメージ 4
客室に入ってすぐ左手にクローゼットが設けられた空間がつくられています。
また、クローゼットの向かいにトイレというつくりになっています。
 
トイレ
イメージ 5
クローゼットの向かいというレイアウトに最初違和感を感じましたが
使い勝手については全く問題ありませんでした。
 
 
撮影:2012年8月

閉じる コメント(2)

お部屋もモダンな感じで素敵ですね。

やはり人気なんですね〜フル回転とは・・・。

でもそれだけ特別な空間なのかもです!!

2012/10/21(日) 午後 10:55 [ 神無月 ] 返信する

今年の夏休み期間中は、ほとんどのゲストが連泊で利用されており、
満室フル回転だったようです。
でも、チェックイン前にターンダウンを済ましてしまうのは、
どうのなのかな?とも思いました。それにしても、
『エグゼクティブハウス 禅』はなかなか格安プランが出ませんね!
100億円のリニューアル投資を回収しなければならないので、
仕方ないのかもしれませんが........!?

外資系ラグジュアリーホテルへの対抗として、
日本企業のホテルの中ではがんばっていると思います。

2012/10/24(水) 午後 10:11 諸国漫遊記 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事