諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京都千代田区紀尾井町にある『 エグゼクティブハウス 禅 』 その2 客室備品アメニティ編です。
 
東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)9月1日に開業した「ホテルニューオータニ」!
2007年に総工費100億円を投じ、約2年がかりで「ザ・メイン」(本館)の大改修が施されました。
そのリニューアルオープン時の目玉の一つがホテル・イン・ホテル”をコンセプトとした
「エグゼクティブハウス 禅」の誕生でした!
 
「エグゼクティブハウス 禅」は、「ザ・メイン」の11階と12階につくられた全87室の
スーパーラグジュアリーホテルです。
客室は全て"侘び・寂び"をテーマにしたインテリア、墨や和紙など、
日本で古くから親しまれてきた自然素材や、江戸時代に多く取り入れられた墨色、金色、紫色などの
色合いを用いて、洗練された和の雰囲気で統一されており、自然の中にいるかのような開放感と、
安らぎを感じることができる特別な空間となっています。
今回は、広さ45㎡のエグゼクティブデラックスツインという客室タイプを利用してみました。
 
クローゼット
イメージ 1
キャビネット+クローゼットというつくりですが、クローゼット自体のの容量は
ラグジュアリーホテルの中ではかなり小さいと思います。
今回利用した客室の1つ上のタイプである50㎡のエグゼクティブデラックスからは、
ウォークインクローゼットが備えられています。
イメージ 2
クローゼットの下部です。
クロゼットの中には、セーフティーボックスとキャビネットが備えられています。
靴べら、洋服ブラシ、バッゲージラックなどもこちらに収められています。
イメージ 13
クローゼットの隣に設けられたキャビネットの上部です。
ランドリーバッグやソーイングセットがおかれていました。
イメージ 20
靴箱が設けられていた事は珍しいと思いました。
客室用スリッパはこちらに収められていました。
イメージ 21
スリッパには「The New Otani」とロゴが入っており、
フカフカ感はないタイプのものでしたが、意外と履きやすかったです。
 
テレビ、ミニバー
イメージ 22
テレビは日立製の32型が壁掛けで設置されています。
ベッドからではちょっと小さく感じます.......もう一つ上のサイズが欲しいところです。
大理石のテーブルを有したミニバーのキャビネットはインテリアとしてもなかなかです。
イメージ 23
サービス(無料)のミネラルウォーターとお茶セットです。
イメージ 24
ボックスの中には、京都の名店「一保堂茶舗」の煎茶、ほうじ茶、
そして、梅こんぶ茶、アールグレイがサービス(無料)として用意されていました。
イメージ 25
キャビネットの一番下には、電気ポット、ティーカップ、グラス、が収められています。
ティーカップは、北欧生まれのキッチンウェアブランド「bodum(ボダム)」社製の耐熱グラスです。
エグゼクティブラウンジで提供される珈琲や紅茶でも同じティーカップが使用されています。
UCCのドリップコーヒー「アロマリッチ」と砂糖、ミルクも用意されていました。
イメージ 26
キャビネットの一番上のトレイには有料の洋酒がレイアウトされています。
イメージ 3
キャビネットの二番目(真ん中)のトレイには寂しい品揃えのスナックと伝票です。
イメージ 4
冷蔵庫の中身は可もなく不可もなくといった品揃えでしょうか!?
ビールがプレミアムモルツ一種類というのは珍しいと思いました??
クラブラウンジ利用の場合はドリンクには不自由しませんので問題はありません。
 
ベッド
イメージ 5
ベッドは日本ベッド社製のポケットコイルマットレスで、程よい硬さの寝心地はなかなかのものです。
ベッド幅はもう少し長さが欲しいとろこです。
ベッドリネンは、肌触りが心地よいエジプト綿イタリア・フレッテ社製のものです。
"禅"をコンセプトにデザインされた墨画浴衣が用意されています。
 
パジャマ
イメージ 6
客室に用意されている寝具は浴衣のみとの事で、浴衣で寝るのが苦手なためパジャマをリクエストしました。
パジャマは2種類用意してあるとの事でしたが、実際に見て選びたかったため両方持ってきてもらいました。
写真はスウェットタイプのパジャマです。
イメージ 7
もう一つはスタンダードなタイプのパジャマでした。

ナイトテーブル
イメージ 8
短縮ダイヤルが、ホットライン(あらゆるご用命)、エクゼクティブラウンジ、ルームサービス、メッセージ
の4種類とシンプルで、電話機はわかり易いうえに使い易かったです。
コントロールパネルはほとんどの照明が操作できてグッドでした。
 
炭のオブジェ
イメージ 9
リビングのテーブルにおかれた糸玉風の炭のオブジェは消臭効果もあります。
 
洗面台
イメージ 10
シングルベーシンなのは残念でしたが、シンプルながらスタイリッシュな洗面台は
使い勝手はよかったです。
イメージ 11
洗面ボウルはシャープな直線デザインなものです。
丸いタイプのものよりも私は使い易いと思います。
 
洗面アメニティ
イメージ 12
洗面アメニティ(消耗品)も高級感あふれるプレゼンテーションです。
イメージ 14
アメニティ一つ一つが梱包されています。
 
ヘアドライヤー
イメージ 15
ヘアドライヤーは巾着袋に収められています。
 
シャンプー/ コンディショナー/シャワージェル
イメージ 16
シャンプー/ コンディショナー/シャワージェルは、サルバトーレ・フェラガモ タスカンソールです。
バスタブとシャワーブースにそれぞれ一式づつ用意されていました。
 
ボディローション/入浴剤
イメージ 17
サルバトーレ・フェラガモ タスカンソール ボディローションと入浴剤です。
入浴剤は「ホテルニューオオタニ」オリジナルのもので、
"庭園の香り"と"バラの香り"の2種類が用意されていました。
 
バスローブ/ボディタオル/ヘチマ
イメージ 18
バスローブは最高級の超長綿である"ピマ綿"の中でも厳選された"スーピマ綿"を使用し、
世界一の技術で仕上げた“Made in Japan”の傑作です。
ふんわり感と肌触りは最高でした!
 
バスタオル/フェイスタオル
イメージ 19
タオルもバスローブと同様に、最高級の超長綿である"ピマ綿"の中でも厳選された"スーピマ綿"を使用し
日本でつくられた最高品です。
 

撮影:2012年8月

閉じる コメント(2)

アメニティがのし紙で包まれているようで
とても高級感がありますね。

シャンプーなどもフェラガモっていいにおいで
いいな〜〜。

タオルのふかふか度が気になるところですが
とっても気持ち良さそうで、しかもたくさんあるのが
いいですね☆

2012/10/21(日) 午後 10:58 [ 神無月 ] 返信する

客室備品、アメニティは満足できる品揃えでした。
なかでも、タオルもバスローブの質がよく気に入りました。

フェラガモは、はじめて使用しましたが、
男性の私でもいい♪と思いました。

『エグゼクティブハウス 禅』おすすめです!

2012/10/24(水) 午後 10:20 諸国漫遊記 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事