諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京都千代田区紀尾井町にある『 エグゼクティブハウス 禅 』 その3
エグゼクティブラウンジ チェックイン〜ティータイム編です。
 
東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)9月1日に開業した「ホテルニューオータニ」!
2007年に総工費100億円を投じ、約2年がかりで「ザ・メイン」(本館)の大改修が施されました。
そのリニューアルオープン時の目玉の一つがホテル・イン・ホテル”をコンセプトとした
「エグゼクティブハウス 禅」の誕生でした!
 
「エグゼクティブハウス 禅」は、「ザ・メイン」の11階と12階につくられた全87室の
スーパーラグジュアリーホテルです。
おもてなしのキーステーションとなる「エグゼクティブラウンジ」は、『エグゼクティブハウス 禅』の
宿泊ゲストだけが利用できる特別な空間です。
チェックインからチェックアウトまで、常駐の専任スタッフがきめ細やかに快適な滞在をサポートしてくれます。
「エグゼクティブラウンジ」では、朝食からお休み前のナイトキャップまで、
選りすぐりのフードプレゼンテーションを1日4回実施しており、
リビングルームとして自由にくつろぐ事が出来ます。

「エグゼクティブラウンジ」からの景観①
イメージ 1
「エグゼクティブラウンジ」は、11階の赤坂御所側に面したエリアにつくられており、
豊かな自然の先には新宿副都心を望む事ができます。
写真は、緑豊かな赤坂御所と迎賓館、そして、新宿副都心のビル群です。

「エグゼクティブラウンジ」からの景観②
イメージ 2
翌日の朝は富士山をはっきりと望む事が出来ました。
「エグゼクティブラウンジ」からの眺望は素晴らしいです。
客室においても次回は赤坂御所側をリクエストしてみたいと思います。

チェックイン
イメージ 3
おしぼりと"冷やし飴"によるおもてなしです。
"冷やし飴"とは、湯で溶いた水あめにショウガの搾り汁を加えた"飴湯"を冷やしたもので、
関西では缶ジュースになるほどポピュラーかつ庶民的な飲み物です。
しかし、関東では全く馴染みがありません!
なぜ?東京のホテルで"冷やし飴"!?.......と不思議に思いましたが、理由はわかりませんでした。
ただし、高知県産の生姜、徳島県産の和三盆、静岡県産の天然温泉水でつくったこだわりの一杯との事で、
庶民の飲み物とはいえない"冷やし飴"が提供されています!
寒い時期は"飴湯"が提供されているようです。
 

ティータイムは11:00〜17:00ですが、人気のホテルメイドのミニケーキが提供されるのは、
16:00までとなっています。この事は何処にも記載されていないため注意が必要です。
私は15時前にはチェックインが済んでいましたが、「エグゼクティブラウンジ」が満席という事もあり、
すぐにお部屋に案内していただきました。
もともと"スーパーショートケーキ"をいただく予定でいましたので、
ホテルメイドのケーキが下げらてしまう16時に、今回はあえて訪れる事にしました。

ピエール・エルメ・パリの焼菓子
イメージ 4
16:00〜17:00の1時間だけは、"ピエール・エルメ・パリ"の焼菓子が提供されます。
"マドレーヌ"、"サブレ ヴァニーユ"(バニラ風味サブレ)、"サブレ アンフィニマン ショコラ"の
3種類のうえそれぞれおひとり1個づつと数量的には物足りないですが、
どれもとても美味で、私としては満足のティータイムを過ごす事が出来ました。
 
珈琲
イメージ 5
カップは北欧生まれのキッチンウェアブランド「bodum(ボダム)」社製の耐熱グラスです。
お味の方はもう少しクレマが欲しいところですが、そこそこ美味しいコーヒーでした。
 
オレンジジュース
イメージ 6
用意できるフレッシュジュースはオレンジとグレープフレーツの2種類だけとの事で、
オレンジジュースをいただきました。
フレッシュさがいまひとつ足りない市販品に近いもので、ちょっと残念なお味でした。
 

「エグゼクティブハウス 禅」の「エグゼクティブラウンジ」はけっこう気に入りました。
眺望は素晴らしいですし、16:00〜まったりとティータイムを楽しむ事ができました。
あっという間に1時間30分が過ぎ、そのまま17:30〜のカクテルタイムに突入しました!
 

撮影:2012年8月

閉じる コメント(2)

ラウンジからの眺め、とってもいいですね〜
そしてラウンジの提供時間などは何故かあまり
詳しく記載されていないこともありますよね。

今回はケーキも食べたいですけど、ピエールエルメの
焼き菓子、魅力的です☆
好きなだけ食べられないけど、これくらいが一番
美味しさを味わえる量かも☆

しかし冷やし飴がウェルカムドリンクなんですね。
関西でもそんなにポピュラーな飲物(?)かな?
って思いますが、原材料がいいので、絶対美味しい
感じがします♪

2012/10/28(日) 午後 9:27 [ 神無月 ] 返信する

ティータイムの件ですが、訪れた時期が夏休みだったため、
お子さん連れのファミリーもラウンジを利用されていました。
この日、ケーキが下げられた事により泣き出すお子さんがおり、
ちょとしたトラブルになっていました!
子供たちにとっては、ピエール・エルメなんかどうでもよく、
普通のケーキが食べたいんですよね!?

飴湯と冷やし飴については、ラムネ、ミルクセーキと並ぶ昭和
の飲み物ですので、今の時代にポピュラーと書いたのは失礼だった
かもしれません。
それに関西ではなく京都と大阪だけだったでしょうか?
大阪を代表する飲料メーカー「サンガリア」では、
現在も力を入れている商品ですし、夏の大阪では自動販売機で
よくみかけますので、みなさんよく飲まれているものと思いました。
http://www.sangaria.co.jp/hiyashiame/

2012/11/3(土) 午後 7:27 諸国漫遊記 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事