諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京都港区赤坂にある『ANAインターコンチネンタルホテル東京』 その4
クラブインターコンチネンタルラウンジ〜カクテルタイム〜編です。
 
『ANAインターコンチネンタルホテル東京』は、1986年6月7日に「東京全日空ホテル」として開業しました。
高層のオフィスビル、ホテル、集合住宅、コンサートホール、放送局などから構成される
複合施設として、 1986年(昭和61年)に完成した「アークヒルズ(ARK Hills)」内にあります。
 
2006年10月、英国インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)と提携により、
2007年4月1日に、「東京全日空ホテル」から『ANAインターコンチネンタルホテル東京』へリブランドされました。
「ANAグループ」として培ってきた温かみのある日本的なホスピタリティを維持するとともに、
加えて世界最大(世界約100ヵ国に総ホテル数4,100軒以上、部屋数60万室以上)のホテルチェーン
「インターコンチネンタルホテルズグループ」の国際水準のサービスを吸収することで、
世界各国からのゲストに満足いただけるサービスを提供できるインターナショナルなホテルに
生まれ変わっています。
  
今回は、2009年2月10日にリニューアルオープンした「クラブインターコンチネンタル」のカテゴリの
客室である「クラブインターコンチネンタルツイン」を利用してみました。
以前のクラブラウンジは34階にありましたが、客室階として最上階に当たる35階にあった国会議事堂や
皇居を望むスイートルームを取り壊し、そこに新しいクラブラウンジをつくりました。
施設面積をこれまでの176平米から約600平米と3倍以上に拡大し国内最大級の広さを有します。
それに伴い、従来の32階〜35階に加え、28階〜31階の客室もクラブフロアとし、
客室数を89室から198室へと2倍以上に増設しました。(2009年2月10日のリニューアル時)
客室カテゴリは、「クラシック」「デラックス」「エグゼクティブデラックス」、
そして、クラブインターコンチネンタルラウンジを利用できる「クラブインターコンチネンタル」「スイート」
という5つでしたが、2013年1月4日からの客室カテゴリは、
「クラシック」「デラックス」「プレミア」「スイート」の4つになります。
そして、どのカテゴリの客室に宿泊した場合でも、別料金にて「クラブインターコンチネンタルラウンジ」を
利用できるというシステムを採用するようです。
その料金は、1室あたり1日¥10,000(同室2名様まで)、同室3人目の方は+¥5,000です。
面白い試みだと思うのですが、現時点では私にしっくりこないです......。
2013年1月4日以降のユーザの反応に注目したいと思います。
 
17:30〜19:30のカクテルタイムは、とても充実しており、
フードプレゼンテーションは、リッツやシャングリ・ラよりも上だと思います!?
 
ビールサーバー
イメージ 1
ちょっと古いタイプではありますが、日本を代表する業務用厨房機器メーカー「ホシザキ電機」
のビールサーバーが常備してあります。
中身は「サントリー プレミアムモルツ」です!
 
日本酒コーナー①
イメージ 2
日本酒が用意されているクラブラウンジは少ないと思います。
今回用意されていたのは、黒澤酒造「雪国」(長野県)、高清水(秋田県)、
永山酒造「山猿」(山口県)の3種類の特別純米酒でした。
通好みのセレクトではないでしょうか?
 
日本酒コーナー②
イメージ 12
黒澤酒造「雪国」(長野県)、高清水(秋田県)、永山酒造「山猿」(山口県)は、
常温でも用意されており、熱燗用に徳利も用意されています。
また、好きなおちょこでいただく事ができ、日本酒は外国人に人気があるようです。
 
日本酒コーナー③
イメージ 13
日本酒の近くには、日本酒に合うおつまみが盛り付けられた和の小鉢が4種類程用意されていました。
 
日本酒コーナー④
イメージ 14
日本酒の近くには、柿の種などの菓子も用意されています。
 
バーエリア①
イメージ 15
シャンパンが用意されているクラブラウンジは最高です!
F1レースの表彰式でのシャンパン・ファイトで使用されている「G.H.マム」です。
以前は、ルイ・ロデレール.....だったような?
隣りは、「ANA INTER CONTINENTAL TOKYO」のラベルが貼ってある白ワインです。
ホテルオリジナル商品でしょうか?
スコッチやバーボンなどのウィスキーも一通り揃えてありました。
 
バーエリア②
イメージ 16
奥に見えるのは、北イタリアの名門ワイナリー「カーサ・ズリアーニ」のワインです。
手前は、「ANA INTER CONTINENTAL TOKYO」のラベルが貼ってある赤ワインで、
白ワインと同様にホテルオリジナル商品でしょうか?
 
バーエリア③
イメージ 17
世界NO.1プレミアムジン「ゴードン」に「トニックウォーター」が冷やされており、
ジン・トニックもいただけます。
 
フードエリア①
イメージ 18
いろんな小鉢が用意されており、お酒だけでなく食事もけっこう楽しめます。
このようにあらかじめ小鉢や小皿などで用意してあると、自分で取り分ける必要が無く、とても楽です。

フードエリア②
イメージ 4
カナッペや野菜スティックなども用意されています。
 
フードエリア③
イメージ 19
お約束のチーズやオリーブなどは用意されていましたが、
定番のハムやサラミは見当たりませんでした。
 
フードエリア④
イメージ 3
フルーツの品揃えはちょっと不満です....................................。
 
フードエリア⑤
イメージ 5
スイーツの種類も豊富です。

フードエリア⑥
イメージ 6
カクテルタイムの終盤は、次から次へと"お寿司"が運ばれてきました。

テーブル①
イメージ 7
国会議事堂を望む窓際のテーブル席を確保し、東京の夕暮れとともに
シャンパン「G.H.マム」を楽しみました.........贅沢な時間を過ごす事が出来ます。
 
テーブル②
イメージ 8
シャンパンのお供は.....やはり、チーズでしょう!?
 
テーブル③
イメージ 9
小腹も空いてきたので、いくつか小鉢、小皿、そしてお寿司をいただいてみました。
お寿司がちょっと冷たかったのが残念............................。
 
テーブル④
イメージ 10
お寿司は変わり種も用意されており、"カクテルタイム"ではなく"ディナータイム"といってもいいような
充実した内容でした。
 
夜景
イメージ 11
六本木ヒルズと東京ミッドタウンの夜景です。
フードエリアは、国会議事堂や皇居側に面していますが、
レセプション、ライブラリ、リラックススペースは、六本木方面に面しています。
今回訪れたのは9月です。
カクテルタイムが終了する頃には、すっかり陽が落ちていました。
 

撮影:2012年9月

閉じる コメント(2)

カクテルタイムのラウンジは品揃えも豊富でいいですね☆
特にシャンパンがいただけるのが最高ですね☆

アペリティフも小分けになっており見た目にも綺麗
ですし美味しそうです♪

日本酒も品揃え豊富でイイ感じ♪

お寿司まででてきたらついつい食べ過ぎて
夕食を食べきれないはめになりそう・・・(笑

夜景も綺麗ですし、とてもいい感じですね♪

2012/12/11(火) 午後 4:35 [ 神無月 ] 返信する

クラブラウンジのカクテルタイムでお腹いっぱいになったのは、
このホテルがはじめてです。
充実したフードプレゼンテーションでした!

しかし、カクテルタイムは19時30分で終了のため、
夜中に小腹が空きました。
我慢できず.......ラーメンを食べに六本木に出かけてしいました。

2012/12/11(火) 午後 9:35 諸国漫遊記 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事