諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京都港区赤坂にある『ANAインターコンチネンタルホテル東京』 その6 ランチ編です。
 
ランチタイムに 『ANAインターコンチネンタルホテル東京』 3階にある「日本料理 雲海」を
訪れてみました。
「日本料理 雲海」は、釧路、金沢、富山、広島、米子.....と全国の旧全日空ホテルをよく利用しているため、
私にとっては馴染み深いお店でもあります。
どの店舗でも日本庭園を有した落ち着いた雰囲気で、地方それぞれの旬の食材を楽しめるほか、
様式美に満ちた伝統的な会席料理から季節の一品料理まで、日本料理の粋を堪能できます。
『ANAインターコンチネンタルホテル東京』の「日本料理 雲海」は、相当なご無沙汰となってしまいました。
東京には、日本料理のお店は星の数ほどありますからね〜........................。
 
乾杯
イメージ 1
まずはシャンパン「G.H.マム」で乾杯です。
「G.H.マム」は、クラブラウンジのカクテルタイムで散々いただきましたが、
美味しい物は美味しいです。
というより、この銘柄のものしかおいてありませんでした.......。
 
松花堂弁当
イメージ 2
訪れた時期(9月)は松茸土瓶蒸しが付くとの事で、迷わず松花堂弁当をいただく事にしました。
9月〜10月のランチタイム限定でしたので現在のメニューにはありません。
 
口取り/向附
イメージ 3
口取りは、酒の肴になる料理が並べられ、シャンパンにも合います。
お造りは中トロに鯛...と上品上質なものでした。
 
紂覆佞辰魁砲里△虔欧
イメージ 4
紂覆佞辰魁砲箸蓮▲好坤の若魚で全長40cmのものをいいます。
美味しい白身の魚ですが、しっかり焚きこまれ味がしみたものも美味です。
 
揚げ出し豆腐
イメージ 5
たっぷりの餡(おだし)に浸っていますが、衣にはしっかりした食感も残っており、
焼きナスとともに美味しくいただけました。
 
松茸土瓶蒸し
イメージ 6
松茸土瓶蒸しは、松茸ご飯と並ぶ松茸料理の代表格ではないでしょうか。
松茸の香りを存分に満喫するには土瓶蒸しが一番だと私は思います。
秋を代表する逸品です。
イメージ 7
主役が松茸である事がはっきりわかるほど、使われている具材はシンプルです!?
松茸の大きさには満足しました。
 
水菓子
イメージ 8
水菓子は柚子のシャーベットでした。
あまりにもベタな物が出てきたので少し拍子抜けしました。
美味しいですが見た目が寂しいです............................もうちょっと変化球が欲しいところです??

コーヒー
イメージ 9
食後にコーヒーをいただきました。
お味はさておき、食器が和の趣きを醸し出し、
お店の落ち着いた雰囲気と共に、とてもくつろげる一時を送れました。
 

撮影:2012年9月

閉じる コメント(2)

お刺身と松茸の土瓶蒸しが美味しそうです。
やっぱ、松茸は土瓶蒸しか松茸御飯が好みです♪

雰囲気も素敵だしとても美味しそう♪

お昼からシャンパンで和食ってとても贅沢ですね♪

2012/12/11(火) 午後 4:37 [ 神無月 ] 返信する

コストパフォーマンスがあまり良いお店ではありませんので、
満席になる事はほとんどなく、ゆったりとくつろげます!?
この点が、この店の一番のいいところだと私は思います!?
好きなお店なんですけどね........。

シャンパンは和食にも合います♪

2012/12/11(火) 午後 9:40 諸国漫遊記 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事