諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京ミッドタウンにある『 ザ・リッツ・カールトン東京 』 その7 クラブラウンジ 昼食編です。
   
防衛庁・檜町駐屯地跡地の再開発事業として、2007年3月に開業した複合施設「東京ミッドタウン」。
その中心に建つ東京一の高層ビルである「ミッドタウン・タワー」に位置する高層ホテルとして、
『ザ・リッツ・カールトン東京』は、2007年3月30日にグランド オープンしました。
アメリカの大手出版社・コンデナスト社が発行する旅行雑誌「コンデナスト・トラベラー」によって、
日本のトップホテルに選ばれており、世界を代表する高級ホテルの一員となっています。
   
今回利用した客室タイプは、クラブデラックスツインです。
クラブフロアという事を考えなければ、客室のカテゴリとしては一番低いランクになりますが、
客室は52㎡と都内最大のゆとりある広さを誇ります!
"ホテルの中のホテル"と呼ばれる特別フロア「ザ・リッツ・カールトン クラブフロア」は、
1日5回というフードプレゼンテーションに、パーソナルなご要望にお応えするコンシェルジュサービスなど、
日本一の呼び声が高いクラブラウンジは、ホテルでの滞在をよりパーソナルで思い出深いものとしてくれます。
 
1日5回というフードプレゼンテーションは、他のホテルに比べて群を抜いたサービスではありますが、
全てのフードプレゼンテーションにてアルコール類を提供している事と、
12:00am〜2:00pmにて"軽いご昼食"というサービスの提供は、特筆すべき点だと私は思います。
"軽いご昼食"のサービスは、連泊やレイトチェックアウトを利用しない通常の1泊2日(12:00amチェックアウト)
利用のゲストであっても、チェックアウト手続きを済ませた後に利用する事が出来るのです!
事前にエクスプレスチェックアウトで精算を済ませておけば、ルームカードキーの返却だけとなりますので、
すぐに昼食を楽しむ事が出来ます。
余談ですが、「ザ・リッツ・カールトン大阪」でも、11:00am〜2:00pmに"お昼のご軽食"として
サービスを行っています。しかし、通常11:00amがチェックアウトであるため、
昼食にはちょっと早すぎるんですよね〜..........12:00amチェックアウトになるといいんですが......。
 
ビュッフェテーブル①
イメージ 1
フードが隙間なくディスプレイされていたイブニングオードブルや朝食に比べれると寂しくも思えますが、
お酒も楽しむ事が出来ますので、非日常の時間はチェックアウト後もまだ続きます!
 
ビュッフェテーブル②
イメージ 2
メインは、サンドウィッチとクロワッサンサンドになります。
 
ビュッフェテーブル③
イメージ 5
3種類のパンとバターです。
 
ビュッフェテーブル④
イメージ 6
サラダは朝食とほぼ同じ内容でした。
 
ビュッフェテーブル⑤
イメージ 7
チーズ、バケット、ドライフルーツ、くるみ....などもあります。
 
ビュッフェテーブル⑥
イメージ 8
もちろん、スイーツも用意されています。
 
ビュッフェテーブル⑦
イメージ 9
昼食に限った事ではありませんが、アイスティーはスタンダードな紅茶の他に、
ジャスミンと緑茶をベースにマスカットの香りをつけた爽やかなタイプ、
ローズヒップとハイビスカスカシスをブレンドした美肌効果のあるタイプの
3種類が用意されています。
氷で冷やされているのは、サンペレグリノ、カナダドライのクラブソーダとジンジャーエールです。
 
ビュッフェテーブル⑧
イメージ 10
コーヒー、紅茶のコーナーです。
イメージ 11
「ザ・リッツ・カールトン東京 ティーセレクション」のティーバッグです。
今回用意されていたのは、ザ・リッツ・カールトン東京スペシャルブレンドティー、ダージリン、ウヴァ、
イングリッシュブレックファースト、アールグレイ、宇治やぶきた、
ストロベリー&シャンパーニュ、ブーケロワイヤル、フルーツ&ハニー(ルイボスティー)、
ビューティフルハーブス、カモミール&アップル、ジンジャー&レモンの12種類です。
(写真では1種類補充されていませんが.......。)
全てのフードプレゼンテーションにて楽しむ事が出来ます。
 
ディッシュ①
イメージ 12
ホワイトのサンドウィッチはハム&チーズ、ブラックの方は野菜サンドです。
クロワッサンサンドの中は、シュリンプ、レタス、アボガドペーストでした。
どれも美味しくいただきました。
 
ディッシュ②
イメージ 3
温かいスープも用意されています。
今回用意されていたのは、コーンポタージュでした。
サラダはバジルドレッシングでいただきました。
 
ディッシュ③
イメージ 4
スイーツもしっかりいただきました。
何よりもウェッジウッドのお皿が使い放題というのがいいですね〜♪

1日5回のフードプレゼンテーションは、ホテル内のレストランで食事をして宿泊するよりも
結果的にはかなりお得ですし、ホテルライフも満喫出来ました。
しかし、クラブラウンジは常時混雑しており、正直落ち着かなかったのも事実です。
それに、間違いなく太ってしまいます!?(自己管理の問題ですが)
そのせいでしょうか?リピートしたいという気持ちはあまりありません。
次回は、クラブフロア以外の客室に宿泊し、レストランでの食事を満喫してみたいと思います。
 

撮影:2012年11月

閉じる コメント(2)

ランチまでもラウンジで食べられるなんて知りませんでした〜

通常ホテルに泊まるとその翌日は仕事の都合が
可能な限りのんびりして、ランチをホテルの
レストランでとって帰るのが常ですのでこれは
いいですね〜

でも、食べ過ぎてしまうのは分ります。
間違いなく太りそうです・・・
お酒も飲んでしまいますしね。。。

良い日程で宿泊するとやはりラウンジも混んで
いますよね。

平日とかだともっといいかもです☆

スパークリングの件がありますが、リッツ大阪
また候補に入れようと思います♪

2013/1/5(土) 午後 3:12 [ 神無月 ]

ランチのフードプレゼンテーションを行っているクラブラウンジは、
私の知る限り、日本ではリッツ東京とリッツ大阪ぐらいだと
思います。
既にチェックアウトされる方に、利用できる事を知らない方も
多いため、ゆったりと優雅にランチタイムを過ごせるため、
時間に余裕がある方にがおすすめです。

2013/1/6(日) 午後 9:17 諸国漫遊記


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事