諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

沖縄県名護市喜瀬にある『 ザ・テラスクラブ アット ブセナ 』  その1 です。
 
イメージ 1

『ザ・テラスクラブ アット ブセナ』は、1997年7月10日に開業した人気のリゾートホテル
「ザ・ブセナテラス」に隣接していた国民宿舎「名護浦荘」(1999年3月終了)の跡地に、
2011年4月1日オープンした「ザ・テラスホテルズ株式会社」では一番新しいホテル(第5号ホテル)です。
開業当初は、「ザ・テラスクラブ ウェルネスリゾート アット ブセナ」という名称でしたが、
オープン1周年を迎えるにあたり、 更に“進化”し、多くの皆様に親しみやすいホテルを目指し、
2012年4月1日より『ザ・テラスクラブ アット ブセナ』に変更されました。
たしかに、以前の名称はちょっと長すぎましたね〜...........。
 
イメージ 2
ホテル入口にある看板は、「THE Terrace Club WELLNESS RESORT AT BUSENA」
と書かれており、昔の名称のままでした。
これを直すのには、お金がかかりそうですからね〜...............!?
 
『ザ・テラスクラブ アット ブセナ』は、沖縄でのリゾートライフをより快適に、
より楽しく過ごせる大人のための施設が充実しています。
部瀬名岬で汲み上げられる新鮮な海水を用い、
最新のタラソプールと療法プログラムを備えた「ウェルネス・タラソ」、
沖縄県産の食材を中心に、コンチネンタル料理によりスタイリッシュな“健康・滋養”という視点からの
アジアンテイストを取り入れた「simaキュイジーヌ」を提案するダイニング「ファインダイニング」、
午後は本格的なアフタヌーンティー、夕暮れからはバーとして利用できる書架を設けた
「ライブラリーラウンジ&バー」、
海と一体になったようなインフィニティーなアウトドアプール.......................などなど、
沖縄でのリゾートライフをより快適に、より楽しく過ごせる大人のための施設が充実しています。
まさに、ラグジュアリーな休日を約束してくれる大人のための贅沢なホテルです!!
 
さらに、『ザ・テラスクラブ アット ブセナ』の客室数は68室ですが、
その全ての客室がクラブフロアというスタイルをとっている事が、最大の特徴ではないかと思います。
クラブサービス 〜ご滞在を彩るおもてなし〜 は次のとおりです。
・ウェルカムドリンク
・ウェルカムアメニティーのご用意
・24時間バトラーサービス
・駐車場のご利用
・バレットサービス
・地元紙朝刊サービス(休刊日を除く)
・ターンダウンサービス
・アウトドアプール(淡水プール)のご利用※4月〜10月
・ウェルネス・タラソ内「タラソプール(温海水プール)」、「ドライサウナ」、「トレーニングジム」のご利用
・ライブラリーラウンジ&バーでの飲食サービス
・ジ・アッタテラス ゴルフリゾートでのゴルフプレー優待料金(要予約)
・系列ホテル間 シャトルバス有(要予約)
・ザ・ブセナテラス施設のご利用
 ビーチ、屋内・屋外プール、スパ・サウナ、ジムのご利用
 ※ビーチ、屋外プール、ビーチチェア・ビーチパラソルの営業は4月〜10月
・グラスボート&海中展望塔セット20%割引
 
ブセナビーチから望む『ザ・テラスクラブ アット ブセナ』です。
イメージ 5
建物は9階建になり、「ザ・ブセナテラス」に比べると小さなホテルに見えますが、
敷地面積は約9,919.09㎡にも及びます。

エントランス/レセプションハウス
イメージ 6
エントランスの先はレセプションハウス、
その向こうには名護湾が広がっています。
 
レセプションハウス
イメージ 7
名護湾に面した広々とした"レセプションハウス"にてチェックインです。

ウェルカムドリンク
イメージ 8
ウェルカムドリンクは、温かい"月桃茶"でした。
"月桃茶"は、赤ワインの約34倍ものポリフェノールを含む健康茶でのおもてなしは、
沖縄らしくもあり、健康を意識したホテルならではのサービスです。

名護湾(ビーチ)から望む『ザ・テラスクラブ アット ブセナ』です。
イメージ 9
名護湾に面し北東方面にテラスと窓がつくられたゲストルームがある建物は"オーシャンサイド"と呼ばれ、
名護湾を臨むオーシャンビュールームの"クラブデラックスオーシャン"という
カテゴリのゲストルームが備えられています。
一方、ブセナビーチの方面に面した北西にテラスと窓がつくられたゲストルームがある建物は、
"サンセットサイト"と呼ばれ、2F〜3Fが"クラブデラックス"、4F〜9Fが"クラブデラックスサンセット"という
カテゴリのゲストルームが備えられいます。
"クラブデラックス"は海は望めず、"クラブデラックスサンセット"は東シナ海に沈む夕日が臨めますが、
海までの距離はけっこうあります。
右側の琉球赤瓦の屋根の建物は"レセプションハウス"です。

ウェルネスタラソ、アウトドアプール等の施設
イメージ 10
ゲストルーム等がある"オーシャンサイド"、"サンセットサイト"の裏側になります。
手前のプールは、アウトドアプール(営業は4月〜10月)、
奥にちらっと見えるプールはタラソバイオプールです。
琉球赤瓦の屋根の2階建ての建物には、トレーニングジム、ドライサウナ、ハマム、
トリートメントルームなどのウェルネスタラソの施設が入っています。
イメージ 11
アウトドアプールは営業していないオフシーズンでも夜はライトアップされ、
幻想的な世界を演出してくれます。

非常階段のうようなエリア?からの景観
イメージ 12
"オーシャンサイド"の建物の非常階段のようなエリア?からの景観です。
手前の建物は"レセプションハウス"です。
その先に見えるのは"バニァンビレッジ"、
さらに右奥に見えるのは「ザ・ブセナテラス」のセントラルタワーです。
正面には東シナ海が広がっています。
"サンセットサイト"の建物からの景色も同様と考えれますので、
東シナ海とサンセットは高階層の客室でないと、楽しみは半減しそうです!?
 
今回は"クラブデラックスオーシャン"というカテゴリの客室を利用しました。
テラスからは穏やかに広がる美しい名護湾を臨むことができるオーシャンビュールームです。
 
客室テラスからの景観①
イメージ 3
北東方面の景色です。
今回の沖縄滞在中は気圧の谷の影響で雲の多い日が続き、
お天気には恵まれませんでしたが、それなりに沖縄らしい美しい海を堪能できた.......かな?
 
客室テラスからの景観②
イメージ 4
北方面の景観です。
今回案内された客室は3階と残念ながら低階層でした。
左側に「ザ・ブセナテラス」の建物が少しだけ望めました。
ただし、高階層(最上階は9階)の客室からの景観もさほど変わらないようです。
低階層も高階層も料金は変わりませんので、そうでないと困りますが.........。
 

撮影:2013年2月

閉じる コメント(2)

ブセナテラスの上級グレードなホテルなんですね。
全室クラブフロア仕様ってめちゃよさそう♪

お部屋もどんなのか気になります。

あと、ラウンジも♪

沖縄いいですね〜最近行ってないので
また行きたいけどなかなかです。。。

よさそうなホテルいっぱいできていますから
まったり一週間くらい行ってみたいですね。

2013/3/31(日) 午後 10:43 [ 神無月 ] 返信する

「ザ・ブセナテラス」にはあるスイートルームやクラブコテージは、
『ザ・テラスクラブ アット ブセナ』にはありませんので、一概に上級グレードとはいえませんが、12歳以下のお子様の宿泊は出来ませんので、大人のための(特に女性)リゾートホテルといったところでしょうか!?

今回久しぶりの沖縄本島でしたが、
のんびりするには最高の場所ですね!
何もしないのであればオフシーズンでも最高でした。
宿泊費はオンシーズンの約半分でしたし........。

2013/4/6(土) 午前 11:27 諸国漫遊記 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事