諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京都千代田区丸の内にある『 パレスホテル東京 』 その3 客室備品アメニティ編 です。
 
1961年に開業し約50年にわたってお客様に愛されてきたた「パレスホテル」は、
約3年間の休業を経て、伝統のおもてなしと最新の設備を融合した新生ホテルとして、
2012年5月17日にグランドオープンしました。
ホテル名も『パレスホテル東京』と改名し、パレスホテルグループのフラッグシップホテル
として、新たな歴史を歩み始めました。
 
今回利用した客室は、広さ45㎡の「デラックスツイン」という一番下のカテゴリーでしたが、
とてもシックで、和洋をうまく調和したラグジュアリー空間をつくりあげられています。
客室備品アメニティにおいても洗練されたものが用意されていました。
 
大型液晶テレビ&テレビ台?
イメージ 1
テレビ台でありませんが、壁付けタイプのデスク設置されており、
狭いスペースを有効に活用できるデザインになっています。
テレビは46型液晶テレビ(シャープAQUOS)が壁掛け設置されています。
45㎡の一番下のカテゴリーの客室でも、46型という大きさは快適です!
イメージ 2
ブルーレイ/DVD/CDプレーヤーが備えられています。
現在ではDVDではなくブルーレイが標準ですよね〜!?
イメージ 13
電話機はカラー液晶ディスプレイ付きの多機能機で、操作性、機能性に優れたものでした!
イメージ 24
LANとFAXのモジュラージャックやAV外部インターフェースなども用意されています。

クローゼット
イメージ 25
クローゼット隣りのクローゼットチェストの上段に用意された
ランドリーバッグとシューシャインセットです。
イメージ 26
一番上の引出しに収めらていたナイトウェアです。
上下セパレートではなくワンピースタイプだったのは私としては少し残念!
肌触り、着心地は良かったです。
イメージ 27
セキュリティーボックスは、容量も操作性もグッドでした。
イメージ 28
シューキーパーは、男性用、女性用の両方のタイプが用意されています。

スリッパ
イメージ 29
スリッパは袋にはホテルロゴがあるもののスリッパそのものには無地でした。
フカフカで履き心地はなかなか良かったです。

ナイトテーブル
イメージ 30
窓側のベッドサイドに設けられたナイトテーブルです。
広々としたテーブルに、アナログ時計、トレイ、電話機が置かれています。
ナイトテーブルに置かれた電話機は標準的なものでした。
イメージ 3
コントロールパネルはとても見やすくわかりやすい表示です。
カーテン、レースの開閉、各種ライトなどを操作できます。
イメージ 4
ナイトテーブルはベッドの両サイドに備えられており、
窓側のものとは対照的に、もう一方の物は至ってシンプルです。

ミニバー
イメージ 5
こちらのホワイトのミニバーキャビネットは、私としては
「セントレジスホテル大阪」のゴールドキャビネット以来の衝撃を受けたデザインでした!?
イメージ 6
フルオープンした状態です!
イメージ 7
キャビネット上段です。
洋酒のレイアウトもさることながら、ワイングラスが逆さに吊り下げて
収納されているのはお洒落だと思いました。
グラス類の充実ぶりもグッドです!
イメージ 8
引出しには無料のコーヒー、紅茶が収納されています。、
ドリップオンとスティックの2タイプのコーヒーが用意されていました。
イメージ 9
キャビネット中段の引出しには、カトラリー、ワインオープナーなどが収納されています。
イメージ 10
冷蔵庫の中身は種類豊富でびっしり詰まっています。
イメージ 11
外国人ゲストうけしそうなティーセットも用意されています。
南部鉄器の鉄瓶に益子焼の湯呑です!!
用意されている煎茶、ほうじ茶はティーバックですが..............。
イメージ 12
ターンダウンサービスでは、氷が入ったアイスペールと榮太樓の飴を用意してくれました。
 
洗面台
イメージ 14
シングルベーシンではありますが、水が飛び跳ねる事もなく、
丁度良い深さの洗面ボウルで使い勝手は良かったです。
イメージ 15
洗面アメニティは、一つ一つホテルロゴが入った箱に入っています。
イメージ 16
ドライヤーはパナソニックのイオニティでした。
イメージ 17
バスローブ、バスタオル、フェースタオルは、
洗面台の下に用意されていました。
リネン類はふっくらとした肌触りの今治タオルです!

バスアメニティ
イメージ 18
フランスのスパブランドである「アンヌセモナン」を採用しています。
日本のホテルとしては初めてだと思われます!?
イメージ 19
洗面台のサイドにきれいにレイアウトされていましたが、
わかりにくいので、近くに並べてみました。
左からコンディショナー、シャンプー、ボディローション、バスソルト、シャワージェルです。
自然派ブランドだけあって、きつすぎずすっきりしたいい香りでした。
イメージ 20
シャンプー、コンディショナー、シャワージェルは、
バスルームにも用意されています。
イメージ 21
「アンヌセモナン」固形タイプのナチュラルソープも用意されています。
 
体重計
イメージ 22
体重計はCAMRYのアナログ式でした。
透明強化ガラスを使用したお洒落なものですが、
デジタルの方が見やすく分かり易いですよね!?
 
バス
イメージ 23
バスタブとシャワールームが一体となった洗い場付のバスルームは、
私好みでとても快適でした。
今回利用した客室はビューバスタイプでなかった事は残念でしたが、
バスルーム用としてはけっこう大きなサイズの液晶防水テレビが壁に埋め込まれており、
シャンパングラスなどを片手に優雅なバスタイプを楽しめます。
 

撮影:2013年1月

閉じる コメント(2)

ですよね(σ゚∀゚)σ

私もバスルームやアメニティの収納具合やミニバーキャビネットなども セントレジスに似てるって思いましたが、やはりデザイン会社が同じなんですね

ミニバーキャビネットはこちらの方が清楚な感じで素敵ですよね(笑)

セントレジスのは一瞬 仏壇かと見紛う雰囲気でしたものね(笑)

アメニティがまた素敵そう

固形石鹸が好きなのでこちらのアメニティも使ってみたいですね(*^^*)

2013/5/12(日) 午後 1:50 [ 神無月 ]

セントレジスホテル大阪の仏壇と間違ってしまうような
ミニバーキャビネットも気に入りましたが、
パレスホテル東京の独特の観音開きとホワイトの
ミニバーキャビネットもけっこう気に入りました。
ワイングラスが逆さに吊り下げてレイアウトされいるのも
グッドでした。
ちょっとしたインパクトが大事ですよね〜。

2013/5/18(土) 午後 8:10 諸国漫遊記


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事