諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

沖縄県国頭郡恩納村安富祖にある『 ジ・アッタテラス クラブタワーズ 』 その3 客室備品アメニティ編 です。
 
『ジ・アッタテラス クラブタワーズ』は、「ザ・テラスホテルズ株式会社」が「ザ・ブセナテラス」、「ザ・ナハテラス」
に次いで恩納の森に開業した大人のためのリゾートホテルです。
1994年に開業したゴルフ場「海邦カントリークラブ」を当時の経営会社だった海邦興産の倒産に伴い、
2002年に現「ザ・テラスホテルズ株式会社」が運営を引き継ぎ、
「ジ・アッタテラスゴルフリゾート」と改称されました。
その後、新たにホテル棟を建設し、2005年7月に『ジ・アッタテラス クラブタワーズ』が開業しました。
一年を通じて青々としたグリーンと亜熱帯の花々に囲まれたリゾートゴルフを楽しめるとして、
人気を博しています。
 
『ジ・アッタテラスクラブタワーズ』は、ゴルフ場と東シナ海を臨むロケーションに全78室のゆとりある客室を配し、
その全ての客室がクラブフロアというスタイルとなっています。
24時間対応のバトラーサービスをはじめとする最上のもてなし、
"ファインダイニング"、屋外プール、エステルーム、ライブラリーラウンジ&バーなど、
全館をゲストの占有空間とした高いプライベート性を保たれたハイグレードな空間は、
まさに“大人のための”リゾートにふさわしいサービスと森の隠れ家としての静寂を約束してくれます。
 
全ての客室が52㎡以上のスイートクラスのゆとりある空間に、
大きな窓や広々としたテラスを設けているのが特徴です。
その中から今回は"クラブラグジュアリー"というタイプを利用してみました。
57㎡の広々としたオーシャンサイドのコーナールームは3方向に窓が設けられ、
テラスからは緑豊かな恩納の森とその向こうに広がる美しい東シナ海を望む事が出来ます。

ルームキー
イメージ 1
「ザ・テラスホテルズ株式会社」のホテルは、カードキーを採用していない事が特徴といえます。
 『ジ・アッタテラス クラブタワーズ』では、梟のキーホルダーが付いたルームキーです。
ホテルならびにゴルフ場へと続く私道の両側には、たくさんの梟(置物?)が出迎えてくれます。
 
ソファー&テーブル
イメージ 2
二人掛けソファ x 1、シングルソファ x 1、オットマン x 1、 テーブル x 1が
ゆったりとレイアウトされており、ツインルームのリビングスペースとしては私の理想の形です。
イメージ 18
テーブルにはウェルカムフルーツがセットされていました。
また、「ザ・ブセナテラス」や「ザ・テラスクラブ アット ブセナ」でもところどころに用意されていますが、
リゾート感あふれる団扇が印象的です。
 
Audio&Visual
イメージ 19
日立製の液晶テレビとDVDプレーヤーが設置されています。
部屋の広さに比べると画面サイズがちょっと小さいのが残念です。
 
ベッド
イメージ 20
ターンダウン後のベッドです。
幅1200x長さ1950x高480のサイズが2台のツインタイプで、大きさは十分でした。
ベッドメーカーの確認はできませんでしたが、寝心地はなかなかよかったです。
 
ナイトテーブル
イメージ 21
面白みに欠けるシンプルなデザインのナイトテーブルがベッドの中央にのみ設けられています。
この場合スタンドライトが共用となるため、読書灯を設けるなどの工夫が欲しいと思いました。
 
ミニバー
イメージ 22
ベッド&リビングリームの入口近くに設けられたキャビネットにミニバーが設けられています。
イメージ 23
メリタのコーヒーポッドマシーンも備えられた充実したミニバーですが、
ラウンジサービスを利用できるため利用することはほとんどありませんでした。
イメージ 24
コーヒーポッドマシーン用のコーヒー豆(キーコーヒー)の他に、
無料として用意されているのは、緑茶、月桃茶、紅茶です。
イメージ 3
キャビネットの中です。
不自由はありませんが、グラスはワイングラスなど、
多種類用意されているとグッドでした。
セキュリティボックスはこちらに備えられていました。
イメージ 4
有料のお酒とスナックです。
部瀬名という「ザ・テラスホテルズ」オリジナルの古酒泡盛に惹かれまた.......。
イメージ 5
冷蔵庫の中の品揃えはいまひとつではありますが、
クラブラウンジサービスがありますので十分でしょう!?
私としてはオリオンビールが瓶で用意されていただけ満足でした!!
 
バスタブ
イメージ 6
ゴルフ場ビューのバスは最高なのですが、バスタブが小さすぎるのが難点!
お湯があふれ床がびちょびちょにしてしまいました!
ターンダウンで訪れたスタッフに迷惑をかけてしまいましたが、
このような失態をするゲストは少なくないようです!?
 
洗面台
イメージ 7
全面台の全景は前の記事で確認いただくとして、
洗面台が2台あるのはとてもグッドです♪
シンプルな全面ボウルはデザイン性には欠けますが、
使い易さはこういうタイプが一番です。
イメージ 8
洗面台サイドにある棚です。
イメージ 9
バス&洗面アニメティ その1です。
シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローションは、
ロクシタンのヴァーベナです。
できれば、もう1セット用意していただきたいですね〜。
用意されていたバスフレグランスは2種類です。
イメージ 10
もう一方の洗面台のサイドにある棚です。
真ん中の棚にあるバックの中はヘアードライヤーです。
イメージ 11
バス&洗面アニメティ その2です。
ローションクレンジングミルクは、以前記事にしました姉妹ホテル「ザ・テラスクラブ アット ブセナ」
と同じく「タルゴジャポン」のものが用意されていました。
ロクシタンのようなどこのホテルでも採用しているものではなく、
「ザ・テラスホテルズ」のホテルは全てホテルロゴが入った「タルゴジャポン」で
統一しオリジナリティを出せばいいと思うのですが..............................、
「タルゴジャポン」のものは男性の私でもけっこう気に入りました♪
イメージ 12
洗面台下の棚に用意されていたリラックスウェアです。
プールに行く時などに最適なフード付きガウンとパジャマタイプの2種類用意されています。
イメージ 13
タオルは洗面台下の棚に用意されていました。
 
クローゼット
イメージ 14
クローゼットに用意されていた客室内用スリッパ、靴ベラ、ブラシ、靴磨きペーパー です。
イメージ 15
スリッパは「ザ・テラスホテルズ」ロゴが入ったグループホテル共通のものです。
イメージ 16
クローゼットの引出しの中には、「ザ・テラスホテルズ」オリジナルのビーチバッグが用意されていました。
「ザ・テラスクラブ アット ブセナ」では人数分用意されていましたが、ここでは一つだけでした!?
イメージ 17
もう一つの引出しは、ランドリーバッグと伝票です。
 

撮影:2013年2月

閉じる コメント(2)

うちわや、ルームキーが南国な雰囲気で
素敵ですね。

お部屋も広く、ソファも良さそうです☆

お風呂も外光が入り明るく快適な感じ♪

お風呂は開放感ある方が好きなのでイイ感じですね♪

2013/6/29(土) 午後 11:26 [ 神無月 ]

うちわをはじめとるアイテム一つにもリゾート感や沖縄色を
感じさせる演出が大切ですとね!?

客室レイアウトや備品についても、とてもリラックスできる設計が
施されていると感じ、とても気に入りました。

ぜひ、リピートしたいと思えるホテルでした。

2013/6/30(日) 午後 7:16 諸国漫遊記


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事