諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

麺処 綿谷 その2

香川県丸亀市北平山町にある『 麺処 綿谷 』 その2 です。
 
『麺処 綿谷』は、丸亀市西平山町に1997年にオープンしましたが、
もともとは先代が1948年に開業した大衆食堂「わたや食堂」がはじまりで、
その後企業向け給食弁当会社に事業内容を変えたものの、
半世紀以上も食品製造に携わってきていた事をオリジナルHPで知り驚きました!
いつの間にか立派なオリジナルHPが出来ていた事にも驚きましたが.....!
 
お店の外観
イメージ 1
現在の地である丸亀市北平山町に移転したのは2003年10月になります。
前の店舗は40席程の広さでしたが、給食事業にて提供していた牛丼を進化させた「肉うどん」、
そして、さらに進化させ、冷たいぶっかけに牛肉をのせた「肉ぶっかけ」が大ヒットした事により、
行列の絶えない人気店となりお店が手狭となっていました。
現在の店舗は、席数が130席程と前店舗の3倍となり、50台程の駐車場も完備しています。
それでもお昼時は行列ができますが、調理場スタッフを完全分業化することにより、
注文からレジまでにかかる時間が一人当たり10秒という早さを実現させ、
スムーズに回転させ、ストレスを最小限にとどめる努力をし、美味しいうどん提供しています。
 
牛肉のぶっかけ \350
イメージ 2
移転オープンした2ヵ月後の2003年12月に発生したBSE問題により、
看板メニューである牛肉による"肉ぶっかけ"の提供が出来なくなり、
今までメニューになかった豚肉を使用したメニューに全て切り替えました。
BSE問題が落ち着き、牛肉の提供が再開できるようになったのですが、
「豚肉の肉ぶっかけ」のファンが多くなってしまったため、
「豚肉のぶっかけ」はメニューに残す事にしたそうです。
それでも、牛肉は1日70kgほど炊くのに対し、豚肉は20kgほどで、
圧倒的に「牛肉のぶっかけ」の方が出るようです!
うどん店で、毎日毎日100kgのお肉を炊いているという事に、私としては凄まじさを感じますが.......!!
 
いりこ、かつお、こんぶ、しいたけ....などから取っているというダシはあっさりめで、
甘めに炊かれた牛肉との相性も抜群です!
牛肉にはちょっと脂っこさがあるものの、レモンをたっぷり絞ることによる清涼感が、
そんな問題を解消してくれます。
イメージ 3
これで"小(1玉)"です!
1玉あたり350gはあり、ボリューム満点なのも『麺処 綿谷』の魅力です!
程よいコシともっちり感のある麺は、何ともいえないつるつるっとした舌触りが特徴で、
ちょっと太めながらも、噛む事を忘れたかのように喉を通っていきます。
ボリュームがあるだけでなく、麺もそのものもなかなかの秀品です!
 

15種類の天ぷら、お寿司、おにぎり....などのサイドメニューも充実しており、
なかでも、ビッグサイズの"いなりずし \160"が人気みたいです。
がっつりお腹いっぱい食べたい方にとっては、打って付けのうどん店です。
しかし、うどん店を何軒もはしごしたい観光客にとっては、障害となるうどん店かもしれません?
2010年11月には、高松市に出店するなど、『麺処 綿谷』はなかなか好調のようです
 
 
↓『麺処 綿谷』の過去記事です。
http://blogs.yahoo.co.jp/pleasant_traveler/26367323.html
 

撮影:2013年9月

閉じる コメント(2)

ガッツリうどんもお肉も食べたい時には最適な感じですね(^^)

しかし一軒でお腹いっぱいになってしまう内容ですよね

でも肉うどんは好きなので、是非食べてみたいです

やはり関西では肉といえば牛肉です🐮

2013/10/20(日) 午後 10:29 [ 神無月 ]

うどん店のはしごをしたい私には、非常に迷惑なお店です!?
それでも食べたい肉ぶっかけです!
おすすめです♪

2013/10/27(日) 午後 7:57 諸国漫遊記


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事