諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京都港区港南にある『 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 』 その1 です。
 
『ストリングスホテル東京インターコンチネンタル』は、品川駅港南口の再開発エリアに建設された
「品川イーストワンタワー」の26階から32階に、「ストリングスホテル東京」として2003年5月20日に
開業しました。
当時「全日空ホテルズ」でありながら、フラッグシップホテルである「東京全日空ホテル」
(現「ANAインターコンチネンタルホテル東京」)よりも高いグレードを目指していたため、
ホテル名に"全日空(ANA)"の文字を敢えて使用しませんでした。
2002年10月15日開業の「フォーシーズンズホテル丸の内東京」や2003年4月25日開業の
「グランドハイアット東京」の外資系ブランドホテルと開業時期が重なっており、
それらのホテルを意識した戦略であった事が伺えます。
2006年10月に全日空(ANA)が、本業である航空運送業へ経営資源を集中させるために、
英国インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)と提携し、IHG-ANA体制となった事に伴い、
2007年5月20日に『ストリングスホテル東京インターコンチネンタル』と改称しました。
 
イメージ 1
 
運営企業はモルガン・スタンレーのファンド(MSREF VI)が出資する「セントラル・ホテルズ」
でしたが、2014年1月1日付にて、ブライダル事業大手の「ベストブライダル」が
運営にかかわる事業を譲り受ける事になりました。
2010年に「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」の運営事業を取得しているため、
今後シナジー効果が期待されます。
 

ホテル外観
イメージ 2
品川駅港南口から続くペデストリアンデッキから望むホテル外観です。
「品川イーストワンタワー」のオフィスエントランス側になります。
イメージ 3
アトレ品川側地上から望む「品川イーストワンタワー」です。
イメージ 4
品川駅付近線路沿いの道路から望む「品川イーストワンタワー」です。
お車でのアクセスはこちらからになります。
イメージ 5
車寄せです。
 
 
アトリウムロビー
イメージ 6
『ストリングスホテル東京インターコンチネンタル』の最大の特徴ともいっていい
7層吹き抜けのアトリウムロビーです!
ホテル専用エレベーターにてレセプションがある「品川イーストワンタワー」26階に降りると、
光、水、樹々の緑に包まれた心癒される空間が現れます!
イメージ 7
26階〜32階のゲスト専用エレベーターです。
イメージ 8
ゲスト専用エレベーターから望むアトリウムロビーです。
手前に見えるのが、朝食〜ランチ〜ティータイム〜ディナー〜バーと1日中楽しめる
「ザ・ダイニング・ルーム」です。
写真では確認できませんが、右奥には中国料理「チャイナシャドー」があります。
ホテルのレストランはこの2軒になります。
左奥に見えるのはセレモニースペースです。
一般のホテルゲストからも祝福されるアトリウム挙式を行うことができます。
 
今回利用した客室は"プレミア"カテゴリのツインルームです。
コーナーに位置しているため、窓からはパノラミックな景観を楽しめるはずでしたが、
案内されたのが東側の客室だったため、残念ながら期待していた景観とは少し違いました。
それよりも曇り空のお天気の方が残念でしたが...........。
 
客室からの景観
イメージ 9
今回利用した客室からは、南方面に品川インターシティShop&Restaurant棟、B棟、C棟、
そして、品川セントラルガーデンを望むことができました。
品川インターシティB棟、C棟は、地上31階、地下3階、高さ約139.9mのツインオフィスビルで、
C棟は品川インターシティが完成した1998年から、ソニーが一棟借りし、
ソニー品川テクノロジーセンターとして入居していましたが、近年の業績不振により、
2013年に全て転出してしまいました!.........現在はどんな企業が入居しているのでしょう?
B棟には大手総合建設会社の大林組の本社などが入居しています。
品川セントラルガーデンとは、建物の間に南北に広がる幅約45m、長さ約400m、面積約2haの
広大な歩行者大空間の名称です。
イメージ 10
品川セントラルガーデンの先を拡大すると、新馬場、鮫洲の京浜急行沿線の街並みが望めます。
イメージ 11
北東方面の景観です。
イメージ 12
拡大すると「東京スカイツリー」が望めるのですが、
マンションが景観を遮っています!.........残念!!
イメージ 13
南東(天王洲アイル)方面の景観です。
「日本航空」が長らく本社ビルとして使用されていた旧JALビルディングなどが望めます。
「JALビル」は、経営悪化に伴い2004年に野村不動産系のファンドに650億円でビルを売却しました。
現在も本社所在地は変わりませんが、賃貸面積を3分の1に縮小したことに伴い、
2010年にはビル名が「野村不動産天王洲ビル」に変更されました。
「キヤノンITソリューションズ」本社が入居したことに伴い、「JAL」のロゴは外され、
現在は「Canon」に変わっています。
イメージ 14
品川インターシティShop&Restaurant棟、B棟、C棟、品川セントラルガーデンの夜景です。
訪れたのは休日でしたので、オフィスビルの灯りはほとんどなく寂しいかぎりです......。
C棟はソニーが転出したばかりでしたので真っ暗です!
イメージ 15
北東方面の夜景です。
イメージ 16
JR品川駅港南口の夜景です。
 
ホテルからの景観
イメージ 17
品川駅のホームです。
アトリウムロビーのトイレから撮影した景観だったと思います?
品川駅は、2027年に開業する予定のJR東海中央リニア新幹線の首都圏側の始発駅になる事が正式に決まっています。
ホームは東海道新幹線ホームの真下地下約40メートルにつくられるようです。
イメージ 18
北西方面の景観です。
新宿副都心のビル群を望めます。
希望としてはこの方面に面した客室を利用したかったのですが.......。
次回機会があればリクエストしたいと思います。
 

撮影:2013年9月

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事