諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

沖縄県石垣市真栄里にある『 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 』  
  その3 夕食 「 日本料理 八重山 」 編 です。
 
西表石垣国立公園の一部であるマエサトビーチを望む屈指のロケーションに建つ
「石垣全日空ホテル&リゾート」は、2009年4月1日に『ANAインターコンチネンタル石垣リゾート』へ、
インターコンチネンタルブランド国内初のリゾートホテルとしてとしてリブランドオープンしました。 
 
リゾートライフにおいて食事はとても重要なファクターです!
和洋中バラエティに富んだレストラン&バー8店(うち季節営業2店:2014年4月現在)が、
多彩なリゾートライフを演出してくれます。
・郷土料理から会席料理まで、石垣島の山海の幸を楽しめる「日本料理 八重山」
・新鮮な地元食材で作られた沖縄料理と寿司が楽しめる「沖縄料理 石垣」
・伝統的中華をベースにした新感覚のチャイニーズ「中国料理 チャイナシャドー」
・自慢の特産石垣牛と新鮮な魚介類を目の前で華麗に調理してくれる「鉄板焼 於茂登」
・インターナショナルブッフェを楽しめるオールデイダイニング「サンコーストカフェ」
・石垣の地ビールやオリジナルカクテルが楽しめる「トロピックスラウンジ&バー」
・中庭の壮大なファイアービットを眺めながらバーベキューが楽しめる「ファイアーサイドテラス」※季節営業
・アウトドアプールでトロピカルドリンクや軽食が楽しめる「プールバー」※季節営業
 
1日目の夕食は「タワーウィング」1階にある「日本料理 八重山」をセレクトしました。
 
イメージ 2

石垣島でしか味わえない珍しい食材をふんだんに使用した郷土料理や
和風会席料理が楽しめる事が出来ます。
単品料理も豊富に用意されていましたが、
今回は、「いしなぎ御膳」名付けられたコースメニューをいただいてみました。
価格はお一人3,900円(税サ込)ととてもリーズナブルで、
リゾートホテルのレストランとしては好感が持てる価格設定でした。
※2014年4月1日の消費税増税後は4,100円(税サ込)に改訂されています。
 
乾杯イメージ 1
まずは沖縄の定番ビール"オリオンビール"の生で乾杯です!
 
請福リキュール
イメージ 3
泡盛や古酒においては、石垣島ではトップクラスのシェアを誇る昭和24年創業の「請福酒造有限会社」が
面白いお酒を出しているというのでいただく事にしました。
それは「請福リキュール」というオリジナルの泡盛ベースのリキュールです!
「請福リキュール」は3種類用意されており、1グラス700円でしたが、
ちょっとづつ3種類全て楽しめる"ちょい飲みセット"が1,000円で用意されていましたので迷わずチョイス!
3種類の「請福リキュール」は次のとおりです。
・請福 梅酒 : 南高梅をじっくりと泡盛に漬けこみ黒糖で仕上げたものです。
・請福 ゆず : 国産ゆずと沖縄県産シークヮーサーのコラボです。
・請福 生姜 : 国産生姜を石垣島川平ファーム産パッションフルーツと西表島産黒糖で仕上げたものです。
今までの泡盛ベースのリキュールとは全く違った驚くほど飲みやすいお酒に仕上がっており、
特に女性におすすめです。
中でも「請福 生姜」が私は気に入りました。
飲み方は3種類ともにロックかソーダ割りがおすすめです!

<先付> 車麩 島菜 パプリカ 落花生のお浸し
イメージ 4
落花生はで摺られており、他の食材とよくからんで美味しかったです。
落花生の甘さがポイントで、ビールにもよく合う一品でした。
 
<造り> お造り2種盛り あしらい一式イメージ 5
お造りはマグロとミーバイでした。
新鮮ではありましたが、量的には少し物足りなかったかな?
 
<煮物> 高野豆腐の冬瓜ともずくのみぞれがけ 卸生姜 糸唐辛子イメージ 6
高野山が発祥とされ、北海道、東北、甲信越で主に食されている高野豆腐ですが、
冬瓜ともずくにより、沖縄らしい一品に仕上げられています。
 
<焼物> 鰆の油味噌焼き カステラかまぼこ ゴーヤ甘酢漬けイメージ 7
鰆は沖縄では定番の油味噌をたっぷり塗って焼かれています。
見た目からは非常に味が濃い印象を受けましたが、程よい甘辛さで美味しくいただけました。
付け合せが沖縄の郷土料理の"カステラかまぼこ"と"ゴーヤ甘酢漬け"というのもいいですね〜。
島にいる事を実感させる一皿でした。

<酢物> わけぎ セーイカ 島蛸の酢味噌掛け
イメージ 8
写真では酢味噌に隠れて"セーイカ"が見えませんが、"セーイカ"は大きい物だと体長1m、
重さ20kgにもなるという食用では世界最大級の烏賊です!
沖縄はマグロの次に多く漁獲されており、いろんな料理に使用されよく食べられているものです!
今回は、島蛸とともに酢味噌掛けでいただきました。
肉厚でやわらかな弾力があり、歯触りが実にグッドです!
 
<食事> じゅーしぃ 香の物 赤出汁
イメージ 9
食事は沖縄の炊き込みご飯"じゅーしぃ"でした。
ほんのりとした甘みのあるまろやかな味わいに仕上げられていました。
"じゅーしぃ"は、沖縄の家庭料理ではありますが、沖縄そば屋や食堂などでも定番メニューです。
炊き込みご飯としての"じゅーしぃ"は、"クファじゅーしぃ"というのが正しい呼び方で、
雑炊になったものを"ボロボロじゅーしぃ"と呼ぶそうで、2種類の"じゅーしぃ"が存在するのだそうです。

<水菓子> 本日のデザート
イメージ 10
本日のデザートは、ドラゴンフルーツ、パイナップル、シークヮーサーのゼリーでした。
 

今回いただいた料理は、視覚的にはいまひとつで、驚くほど美味しいという料理は、
正直ありませんでしたが、最初から最後まで沖縄ならびに石垣島ならではの食材を使用されており、
東京ではなかなか味わえない料理の数々に、総合的には満足する事が出来ました。
落ち着いた雰囲気で石垣島の郷土料理を楽しみたい方には、おすすめのレストランです。
 

撮影:2014年2月

閉じる コメント(2)

石垣島には行ったことないので 是非いつかは行きたいのですが 快適なホテルに レストランの数も十分ですね。

しかし 泡盛のリキュール めっちゃ気になります!

なかなか普段 頂けないようなメニューで 魅力的ですね(^^)

2014/8/3(日) 午後 10:46 [ 神無月 ] 返信する

石垣島をはじめとする八重山地方は
沖縄本島とはまた違った美しい南国リゾートです。
のんびりと1日中リラックスして過ごすことができる離島はおすすめです。

請福リキュールは美味しかったです。
でも、石垣島からのお取り寄せになりますので、
送料がちょっと高いのが難点です。

2014/8/6(水) 午後 8:45 諸国漫遊記 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事