諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京ミッドタウンにある『 ザ・リッツ・カールトン東京 』 その9 ヒートエクスペリエンス編です。

「東京ミッドタウン」は、防衛庁・檜町駐屯地跡地の再開発事業として、2007年3月に開業した複合施設です。
ショッピングセンター、オフィスビル、ホテル、美術館、ホール、医療機関、駐車場、公園など、
多様な施設から構成されており、その中心に建つ地下5階・地上54階・高さ248.1mの「ミッドタウン・タワー」は、
東京都庁舎第一庁舎(243.4m)を抜いて、東京都の最高層ビルとなりました。
『ザ・リッツ・カールトン東京』は、「ミッドタウン・タワー」の1階、2階、そして高層階の45階から53階までを
占め、「東京ミッドタウン」と同じくして開業しています。
「ザ・リッツ・カールトン」といえば、「ホテル・リッツ」創業者でホテル王と呼ばれた「セザール・リッツ」
のサービス哲学が今も息づくラグジュアリーホテルです。
ホテル業界のみならず彼をリスペクトする企業家は数多く存在します。
「セザール・リッツ」のDNAを受け継ぎ、現在は、「マリオット・インターナショナル」が展開する
ホテルブランドの一つとなっています。

イメージ 1

「東京ミッドタウン」 = 六本木というイメージが出来上がっていますが、住所は港区赤坂9丁目であり、
正確には六本木ではありません!
余談ですが、「ミッドタウン・タワー」の6〜43階のオフィスフロアには、"ユニクロ"でお馴染みの
「ファーストリテイリング」の本社機能や世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社である
「シスコシステムズ」の東京本社などが入居しています。
以前は「ヤフー」の本社も入居していましたが、「グランドプリンスホテル赤坂」の跡地に建設を進めていた
「紀尾井町プロジェクト」内のオフィス棟に2016年5月に移転しています。
また、「ミッドタウン・タワー」に隣接する「ミッドタウン・ウェスト」(地上13階・地下3階、67m)には、
「富士フイルムホールディングス」、「ミッドタウン・イースト」(地上25階・地下4階、114m)には、
「コナミグループ」などが入居しています。


「ヒートエクスペリエンス」とは、『ザ・リッツ・カールトン東京』の46階に位置する
「ザ・リッツ・カールトン スパ&フィットネス」内のスパ施設です。
ここはまさしく、街の雑踏から隔絶された静寂のサンクチュアリです!!
ホットバス、コールドバス、スチームサウナ、ドライサウナ、ロッカー、シャワーに、
リラクゼーションスイートと、ラグジュアリーな施設の数々がが男女別に用意されています。
「ヒートエクスペリエンス」は、「スパ&フィットネス」メンバーシップならびに
スパトリートメント利用のゲストが利用する事が出来ます。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の宿泊されるゲストは、フィットネス施設とアクア施設(室内プール、ジャグジー)
は無料で利用できますが、スパ施設は有料(1日5,000円:税別)になりますので注意が必要です。

ヒートエクスペリエンス
イメージ 2
ホットバスです。
温泉ではありませんが、地上200メートルにつくられたスパ施設は、まさしく非日常空間です!
雑誌をはじめとするメディアに掲載されているのは、女性用ヒートエクスペリエンスのホットバスであり、
デザインやつくりが男性用とは若干ではりますが異なっています。
ホットバスの温度は39度前後に設定されており、今回訪れた5月では半身浴にはベストな湯温でした。
しかし、冬12月に訪れた時の湯温も39度であり、その時はさすがにぬるいと感じました!
季節によっては湯温を変えて欲しいものです........。
イメージ 3
コールドバスです。
左側にある扉の向こうには、スチーム&ドライサウナが設けられています。
シャワーブースは、ホットバス、コールドバス、スチーム&ドライサウナのエリアとな別に、
隣接はしているものの少しだけ離れたエリアに設けられており、
私としてはあまり使い勝手がよくないかな....?という印象です。
イメージ 4
ホットバスとコールドバスの間に設けられたリラックスチェアです。
「六本木ヒルズ」方面を望めるようにセッティングされています。
リラックスチェアは一つしか用意されていませんが、意外と利用される方は少ないです!?

ヒートエクスペリエンスからの景観
イメージ 5
男性用ヒートエクスペリエンスは、南西方面に面しており「六本木ヒルズ」を正面に望めます!
ヒートエクスペリエンス利用は、お昼よりも美しい夜景が楽しめる時間帯が断然おすすめです!?
しかし、その時間はさすがに利用客も多く、写真撮影が困難なため紹介する機会はないと思います?
イメージ 6
渋谷方面(西側)の景観です。
真下には「国立新美術館」、前方には「渋谷 ヒカリエ」をはじめとする渋谷駅周辺の高層ビル群を望めます。
訪れた時はお天気がいまひとつで残念でした..............。
なお、女性用ヒートエクスペリエンスは、南東方面に面しており「東京タワー」を正面に望む事が出来ます。


撮影:2015年12月、2016年5月

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事