諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京ミッドタウンにある『 ザ・リッツ・カールトン東京 』 その10 リニューアルクラブラウンジ編です。

『ザ・リッツ・カールトン東京』では、「クラブラウンジ」をはじめ、ザ・リッツ・カールトンスイート、
プレジデンシャルスイートを含む全ての客室を改装し、2015年9月15日にグランドオープンしました。

大きく生まれ変わった「クラブラウンジ」は、今までより広い約340㎡のスペースとなり、
「レジデンシャル・コンセプト」を基に、エントランス(ガーデン)、ダイニング、オープンキッチン、
ライブラリーラウンジの4つのエリアが独立したラウンジとなっており、
それぞれがテーマ別に家具、色調、カーペットや床材に違いを持ち、
シーンに合わせてエリアを使っていただける"ルーム トゥ ルーム"の空間となっています。

新しい「クラブラウンジ」のデザインコンセプトは「レジデンシャル」です。
「クラブラウンジ」内は、クラブコンシェルジュが常駐するホワイエ、ガーデンテラス、ダイニングルーム、
ライブラリーラウンジの4つのテーマで空間をつなぎ、それぞれの空間は、調度品や色調、
そしてカーペットやフローリングの床材に違いを持たせた設えで仕切られ、
あたかも自邸にいるような快適な空気感を演出しております。
ゲストは、その時の気分に合わせて好きな場所へと渡り歩き、自由自在な時を過ごすことができます。
インテリアは、従来のアールデコ モダンな西洋風インテリアに和の要素を混在、対比、融合させ、
東京らしさ(Sense of place)を実現。
時の移ろいに合わせて、朝から昼のさわやかな印象や夜景を存分に愉しめる光の演出にも
思考を凝らしています。
新設クラブラウンジは、客室「クラブ エグゼクティブ スイート」(#5324、80㎡、北西角)のスペースを利用し、
約340㎡の広さに拡張されました。
都内で一番高いビルの最上階の角に位置した、2面採光による開放感や壮大なパノラマビューを
有する優位な立地と、より贅沢な空間により居住性が向上しています。

エントランス
イメージ 1
エントランスのすぐ先がホワイエとなっており、クラブコンシェルジュが常駐し、
チェックイン/チェックアウトをはじめ、滞在中のあらゆるお手伝いを対応してくれます。

ガーデンテラス
イメージ 2
エントランス、ホワイエを抜けると表れるガーデンテラスは、
植栽が心和む空間をつくる天空のガーデンをイメージしたラウンジエリアです
イメージ 3
生き生きとした緑の植栽に囲まれ落ち着いた佇まいのテラスは、
フローリングの床材を使用したスタイリッシュな空間がつくらています。

ダイニングルーム
イメージ 4
新しいクラブラウンジのダイニングルームは、
各専用ショーキッチンがスライド式扉による開閉が可能なつくりとなっています。
写真はスライド式扉が閉められた状態です。
イメージ 5
高層階からの大都会"東京"の眺望が楽しめるカウンター席は、
カップルにはおすすめの特等席です!
イメージ 6
ダイニングルームからは、以前と変わらず「六本木ヒルズ」を望めます。
イメージ 7
「六本木ヒルズ」から右にターンすると、富士山を望む事ができます。

ライブラリーラウンジ
イメージ 8
クラブラウンジの奥に位置し蔵書に囲まれたライブラリーラウンジは、
バーカウンターも備えています。
イメージ 9
クラブラウンジの一番奥にある空間です。
ここはいつも、常連?の外国人ゲストが占領?しており、
入ることすら躊躇していましたが、ラウンジがオープンする午前7時に伺い、
ようやく利用することが出来ました!
イメージ 10
一番奥にある空間を窓側から望むとこんな感じです。
イメージ 11
クラブラウンジ一番奥から望むライブラリーラウンジ全景です。
イメージ 12
クラブラウンジ一番奥から望める景観です。
今までのクラブラウンジからは望めなかった迎賓館、池袋方面の景観を楽しめます。
イメージ 13
新宿副都心方面の景観です。
ライブラリーラウンジは、角位置ならではの開けた眺望や時間の移ろいを感じられる空間です。
イメージ 14
バーカウンターが備えられた空間と一番奥の空間の間に位置する空間です。
ライブラリーラウンジは3つの空間にわかれています。


< アフタヌーンティー 2:30pm - 4:30pm >

ウェルカムドリンク
イメージ 15
ウェルカムドリンクをいただきながらチェックインの手続きを行います。
訪れた時に用意されていたのは、クランベリーのジュースです。
逆光が激しくてうまく撮影できていませんが........。

アフタヌーンティーセット
イメージ 16
『ザ・リッツ・カールトン東京』のクラブラウンジにおける<アフタヌーンティー>では、
厳選した紅茶と一緒に、スイーツ、オードブル、スコーン、サンドウィッチなどが、
特製の3段ティースタンドで提供されます。
このアフタヌーンセットのサービスはリニューアル後も健在であり、女性には大人気のサービスです。
残念ながら今回は野暮用があったため時間がなく、いただく事は出来ませんでした。
そのため、メニューのみ写真をアップします。(相変わらず逆光が激しいですが.....)

毎週土・日・月曜日の午後3時から午後4時半までは、ハープ&アフタヌーンティーとなり、
クラブレベルご宿泊のお客様限定でハープの美しい音色と共にアフタヌーンティーを堪能する事が出来ます。


< イブニングオードブル 5:30pm - 7:30pm >

乾杯
イメージ 17
シャンパンをお願いしたのですが、これはスパークリングワインだね!?
フランスの有名レストランの多くでハウスシャンパンとして提供されている「キャティア」を
「ザ・リッツ・カールトン東京 プライベート・キュヴェ」として提供しており、
クラブラウンジでは自由に飲めるようになったと聞いてきたのですが、嘘だったのかな!?
スタッフからは何の説明もありませんでしたが、どうせ違いがわからないと思われたのかな!?

ホット料理
イメージ 18
リニューアルされたインタラクティブなショーキッチンエリアです。
訪れた時は、ラタトゥイユ、ピラフ、フレンチポテトなどがホーロー鍋で用意されていました。

コールド料理
イメージ 19
生ハム、サラミなどのコールドミートのコーナーです。
イメージ 20
カマンベール、ゴルゴンゾーラ、コンテと、チーズは3種類用意されていました。
その奥はナッツとドライフルーツです。
イメージ 21
サラダのコーナーです。
リニューアルされてスタイリッシュに生まれかまってはいますが、
フードプレゼンテーション自体は、あまり変化がないと感じました。

冷蔵庫
イメージ 22
ビールは、バドワイザー、アサヒスーパードライ、キリンラガーの3種類が瓶タイプで
冷蔵庫にに用意されています。
キリンラガーが全然減ってなかったのは気のせいかな?
ミネラルウォーターは、アクアパンナ、サンペレグリノ、ホテルオリジナルの3種類です。
イメージ 28
トマト、アップル、オレンジ、グレープフルーツと4種類のジュースは、
パーソナルサイズの瓶に入って冷蔵庫で用意されるようになりました。
この提供方法は、私は好感を持てますが、ルールが統一されていないため、
少しだけグラスに注いで冷蔵庫に戻すゲストもおり、、
知らない方は飲みかけと勘違いしてしまいますので、いかがなものか!?と思います。
右側にはコカコーラ、カナダドライのジンジャーエールとトニックウォーターが用意されていました。

パン
イメージ 23
バゲット系のパンにパウンドケーキなどは、
全てのフードプレゼンテーションにて用意されています。

スナック類
イメージ 24
ゼリービーンズやクッキーのコーナーです。
朝食以外のフードプレゼンテーションにて用意されていました。


< スイーツ&コーディアル 8:00pm - 10:00pm >

ビュッフェテーブル
イメージ 25
19:45頃からフードはスイーツに変わっていきます。
マカロン、マドレーヌ、苺などが真っ先に用意されました。
イメージ 26
ショコラです。

冷蔵庫
イメージ 27
冷蔵庫には<イブニングオードブル>より引き続いて、数種類のケーキが用意されていました。


< 朝食 7:00am - 11:00am >

ダイニングルーム
イメージ 29
ライブラリーラウンジも魅力的でしたが、ショーキッチンエリアから離れているため、
ダイニングルームの窓際の席で朝食をいただく事にしました。
イメージ 30
テーブルセッティングはこんな感じです。
席に案内されるとすぐに、コーヒーとイングリッシュ・ブレックファスト・ティーを
オーダーしました。

ホット料理
イメージ 31
ホット料理は<イブニングオードブル>と同様にホーロー鍋で用意されています。
イメージ 32
フレンチトースト、ベーコン、ウィンナー、温野菜、フレンチフライが良いされていました。
作り置きでししたが、フレンチトーストはなかなかイケていました!

コールド料理
イメージ 33
サラダのコーナーです。
<イブニングオードブル>で提供されるものと全く同じ内容だったのは残念でした.......。
イメージ 34
朝食では様々な製法で作られたロースハムが用意されていました。

パン
イメージ 35
バゲット系のパン、パウンドケースは、全てのフードプレゼンテーションにて
同じ場所で用意されています。
ジャムは以前と変わらず、イギリス人の朝の食卓には欠かせない
ウイルキン&サンズ社 (WILKIN&SONS LTD)のチップトリージャム(TIP TREE)です。
イメージ 36
<朝食>では、クロワッサンやデニッシュ系のパンも並びます。

和食
イメージ 37
和食は以前よりも種類と質が向上したかな?と感じました。
イメージ 38
焼魚が鮭と鯖の2種類も用意されていおり、どちらも美味しそうでしたので、
いただいてみることにしました。
他には卵焼き、漬物、味噌汁ぐらいしかありませんが、
私地としては意外と満足できる内容でした。

ロブスターオムレツ
イメージ 39
ロブスターオムレツは、毎週土曜日の朝だけ、クラブラウンジのみで提供されるスペシャルメニューです!
もちろんシェフが目の前で調理してくれますが、混雑しているためオーダー後テーブルで待ちます。
贅沢感があり美味しいのですが、提供されるまで時間がかかるのが難点です。


< 軽食 12:00pm - 2:00pm >

ティーセレクション
イメージ 40
クラブラウンジでは、豊富に取り揃えられたティーセレクションに定評があります。
ザ・リッツ・カールトン東京スペシャルブレンドティー、ダージリン、ウヴァ、
イングリッシュブレックファースト、アールグレイ、宇治やぶきた、
ストロベリー&シャンパーニュ、ブーケロワイヤル、フルーツ&ハニー(ルイボスティー)、
ビューティフルハーブス、カモミール&アップル、ジンジャー&レモン......と、
セレクトにいつも悩んでしまいますが、<軽食>ではアールグレイをいただきました。

ビュッフェテーブル
イメージ 41
<軽食>でも和食が提供されています。
今回は、お蕎麦、いなり寿司、のり巻きが用意されていました。
お蕎麦は外国人ゲストに人気があり、ほとんどの方が召し上げっていました!
イメージ 42
サンドイッチ、サラダが並ぶテーブルです。
奥にはバゲット系のパンにパウンドケースが並ぶテーブルがあります。
イメージ 43
せっかくですので、サンドウィッチをいただきました。
クロワッサンのタマゴサンドとバゲットのハムサンドの2種類用意されていました。
どちらも美味しくいただきました。


撮影:2015年12月

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事