諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

東京都千代田区丸の内にある『 シャングリ・ラ ホテル 東京 』 その8
再訪 ホライゾンクラブ チェックイン 〜 ティータイム 〜 イヴニングカクテルタイム編です。
 
 
「シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ」が展開するホテルブランド『シャングリ・ラ・ホテル』の
日本初進出となる『シャングリ・ラ ホテル 東京』は、日本の表玄関とも云うべき東京駅に隣接した
「丸の内トラストシティ」内に、2009年3月2日にオープンしました。
「丸の内トラストシティ」は、先進の高機能オフィスをメインとした「丸の内トラストタワーN館」と
「丸の内トラストタワー本館」の2棟で構成されます。
『シャングリ・ラ ホテル 東京』は、 地上37階/地下4階の 「丸の内トラストタワー本館」の最上階に位置する
27階から37階までの11フロアを占めています。
詳細情報については、前回訪問時の過去記事を参照いただければ幸いです。
 
シャングリ・ラ ホテル 東京  その1
http://blogs.yahoo.co.jp/pleasant_traveler/34036363.html
 
シャングリ・ラ ホテル 東京  その2
http://blogs.yahoo.co.jp/pleasant_traveler/34049419.html
 
シャングリ・ラ ホテル 東京  その3
http://blogs.yahoo.co.jp/pleasant_traveler/34052170.html
 
シャングリ・ラ ホテル 東京  その4
http://blogs.yahoo.co.jp/pleasant_traveler/34063544.html
 
シャングリ・ラ ホテル 東京  その5
http://blogs.yahoo.co.jp/pleasant_traveler/34065599.html
 
シャングリ・ラ ホテル 東京  その6
http://blogs.yahoo.co.jp/pleasant_traveler/34079564.html
 
シャングリ・ラ ホテル 東京  その7
http://blogs.yahoo.co.jp/pleasant_traveler/34081130.html
 

『シャングリ・ラ ホテル 東京』のクラブフロア(特別フロア)にあたる「ホライゾンクラブ」を利用してから、
他にもいろんなラグジュアリーホテルのクラブフロアを利用しましたが、
ラグジュアリーでハイクオリティな滞在という点では、
「ホライゾンクラブ」が一番だと私は思います。特にホスピタリティが素晴らしいです。
快適さと居心地の良さが忘れられず、今回も「ホライゾンクラブ」を利用する事にしました。
 
チェックイン
イメージ 1
前回利用した時は、好きな飲み物をオーダーできましたが、今回はウェルカムドリンクが用意されていました。
桃をベースにしたノンアルコールカクテルで、ベリーニのノンアルコール版といったところでしょうか?
美味しくなかった訳ではありませんが、フレッシュジュースがいただきたかった......かな??

ホライゾンクラブからの景観
イメージ 2
「ホライゾンクラブ」におけるプライベートラウンジは東側に位置しており、
大きな窓からは日本橋の街並みを眼下に、北東方面には"東京スカイツリー"を望む事が出来ます。
イメージ 13
東京湾方面の景観です。
中央区、港区のビル、マンション群、その隙間から東京湾を望む事が出来ます。
素晴らしい景観とともに、まったりとティータイムを過ごすのは最高のリフレッシュメントです。
 

〜 ティー タイム 〜

ビュッフェテーブル
イメージ 14
ティータイムは、10:30〜22:00を"オールデイティ― タイム"と称し、
17:30〜20:00の"イブニングカクテル タイム"以外では、
ケーキ、焼菓子、フルーツなどがテーブルに並べられます。
前回利用した時より種類としては大きな変化はありませんでしたが、
今回は和菓子が用意されていました。
 
コーヒー
イメージ 15
飲み物はセルフではなく、スタッフが全て対応してくれます。
ゲストに見えない場所で淹れてくれるため、どのようなエスプレッソマシンを使用しているのかわかりませんが、
(ちなみに、ホライゾンクラブゲストルームに設置されているエスプレッソマシンは"ネスプレッソ"です)
私としては合格点はあげられます。
 
スイーツ
イメージ 16
今回用意されたいたスイーツは、アプリコットのケーキと焼菓子でした。
アプリコットは写真の通りドライではありましたが、ケーキ自体は甘さ控えめで美味しかったです。
 
フルーツ
イメージ 17
カットフルーツとして用意されていたパインとキウイです。
イメージ 18
パパイヤとキウイです。
フルーツは種類は少ないものの糖度が高く、満足できる美味しさです。
 
和菓子
イメージ 19
今回、外国人ゲストを意識してか、2種類の和菓子が用意されていました。
せっかくですのでいただいてみました。
さすがにコーヒーにはあいません!
抹茶は用意されているのかな??
 
 
〜 イブニングカクテル タイム 〜
 
"イブニングカクテル タイム"は、17:30 〜 20:00になります。
この記事の訪れた時期は5月中旬だったため、まだまだ明るいです........。
今の時期ですと日没も早く、開始時間とともに"東京スカイツリー"がライトアップされていますので、
いい雰囲気のなか楽しめると思われます。
 
シャンパン
イメージ 20
"イブニングカクテル タイム"に入り、まずはシャンパンで乾杯です。
用意されていたシャンパンは「ロワイエ・キュヴェ・ド・レゼルブ・ブリュット」でした。
2年以上の瓶熟を経てからリリースされるロワイエ家のスタンダード・キュヴェです。
シャンパーニュ地方の南に位置するコート・ド・バール地区の小さな村に位置するメゾンロワイエの畑は
約20haと小規模ですが、小規模だからこそ出来る丁寧な畑の管理と醸造で、
高いクオリティのシャンパンを生み出し、著名なワインガイドでも高評価を得ています。
活き活きとした泡とともにグレープフルーツのような柑橘系が香りが心地良さが広がります。
酸味と甘味のバランスが優れており、ちょっと辛口の力強い味わいが特徴です。
 
白ワインは、"甲州 山梨2011"、"オーシェール シャルドネ 2011"、ワンツリー ソービニヨンブラン 2011"、
赤ワインは、"レ ボルテ 2010"、"コッポラ ロッソ 2011"、シャトー ド ラ コマンドリー 2008"と
それぞれ3種類用意されていました。
 
他には、ビールはもちろんのこと、
国産ウィスキーは、"響 12年"、"山崎 12年"の2種類、
スコッチは、"シーバスリーガル 12年"、"グレンフィディック 15年"の2種類、、
"IW ハーパー 12年"のバーボンに、"ヘネシーV.S.O.P フィーヌ シャンパーニュ"のブランデー、
"ティオペペ"のシェリー酒.......と日本酒はありませんが、洋酒好きには満足できるラインアップだと思います。
これらのお酒はセルフではなく、スタッフが用意してくれます。

ビュッフェテーブル
イメージ 3
オードブル、チーズ、スイーツとバラエティに富んだ料理が並べられています。
オードブルはビュッフェスタイルのセルフサービスとなっています。
イメージ 4
一口サイズのブロック形にカットされたローストビーフ、サーモン、そして、ピクルスといったものが
用意されていました。
シャンパン、ワイン(白、赤)にはぴったりのオードブルです。
イメージ 5
ホワイト、ブルー、ハード、プロセスの4種類のチーズに、一口サイズのコロッケです。
上質なチーズはワインが進みます。
イメージ 6
おかき、あられなどの乾きものに、胡桃とレーズンが入ったライ麦パンです。
イメージ 7
白身魚のフリッターです。
イメージ 8
蒸し鶏です。
とても柔らかく美味しい蒸し鶏でした。
甘辛い中華風ともいえるソースとの相性もなかなかでした。
イメージ 9
野菜スティックです。
イメージ 10
野菜は、パプリカ、ミニキャロット、ミニ大根などが用意されており、
マヨネーズベースのディップのお味みなかなかでした。
私はこればかりお代わりしていました。
イメージ 11
スイーツです。女性には欠かせない物ですね!?
ティータイムで提供されたものとは全く別の物が用意されます。

フレッシュジュース
イメージ 12
とてもピュア!と評判が高い「ホライゾンクラブ」のフレッシュジュースですが、
なかでも"メロンジュース"は最高です!
これをいただかないと帰れません!?
 

撮影:2013年5月

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事