諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

沖縄県石垣市真栄里にある『 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 』  その4 
   夕食 「 中国料理 チャイナシャドー 」 編 です。
 
西表石垣国立公園の一部であるマエサトビーチを望む屈指のロケーションに建つ
「石垣全日空ホテル&リゾート」は、2009年4月1日に『ANAインターコンチネンタル石垣リゾート』へ、
インターコンチネンタルブランド国内初のリゾートホテルとしてとしてリブランドオープンしました。 
 
リゾートライフ2日目の夕食は「タワーウィング」1階にある「中国料理 チャイナシャドー」をセレクトしました。
「石垣全日空ホテル&リゾート」の時代は、「チャイニーズテーブル ニライ」という店名のレストランでしたので、
ホテルリブランドにより中国料理レストランは完全リニューアルとなります。
広東料理、北京料理、台湾料理から人気のメニューをモダンなスタイルで楽しめるレストランです。
「China Shadow」とは、上質な器に美しく飾られた料理のシルエットが、ベールの向こうから現れ、
心温かいおもてなしと寛ぎの空間が広がる。食文化を代表する中国の姿を映しだすかのように、
食するタイミングや楽しさを表現したそうです。
 
イメージ 2
 
今回は、石垣産の食材をコースメニュー全てに取り入れた豊かな自然の恵みを味わえる
特別コース「島の恵みコース」をいただいてみました。

乾杯イメージ 1
沖縄(石垣島)では、夜の一杯目は"オリオンビール"に限ります!?

シーフードサラダ ゆし豆腐ドレッシング
イメージ 3
"ゆし豆腐"とは、沖縄の郷土料理で、豆乳ににがりを入れただけで枠に入れて固める前の
やわらかいおぼろ状の豆腐です。
そんな"ゆし豆腐"をクリーミーなドレッシングに仕上げており、
ほんのり甘いサラダ菜やちょっぴり苦味のあるゴーヤとの相性はなかなかです!
しかし、シーフードサラダというメニューながら、シーフードは海老一個だけというのはいかがなものでしょう!?
それに、このサラダは中華ではありませんね??
 
島の恵み入り中華茶碗蒸しイメージ 4
日本料理店で出される茶碗蒸しと違い、ダシではなく鶏ガラを使用しているから
"中華茶碗蒸し"なのでしょうか?
"島の恵み"と言われる具材においてもインパクトに欠けます..................味は悪くないだけに惜しい一品です!

凍頂烏龍茶
イメージ 5
美味しい中国茶をいただきたくて"凍頂烏龍茶"をオーダーしてみました。
台湾烏龍茶の祖「林鳳池」という挙人が、福建省の化挙試験合格の土産に烏龍茶種の株を持ち帰り、
凍頂山に植えたのが始まりと言われています。
心地良い蘭の花のような香りと優雅な味わいの一杯です。

海老と野菜のアーサー炒めイメージ 6
"アーサー"とは、本土では"あおさ"と言われおり、国内生産量の約7割は三重県が占めています!
伊勢志摩の"あおさ"が有名ですが、"アーサー"は沖縄家庭料理には欠かせないものの1つです!
そんな"アーサー"を絡めた炒め物です。
ほんのり磯の香りがする中華も悪くありません!?

メインの料理は、お魚とお肉の2種類の料理が用意されており、どちらか選ぶ事ができました。
今回はお魚をセレクト!
ちなみにお肉の料理は"アグー豚と野菜の蒸篭蒸し 長命草ソース"でした。
 
白身魚の黒糖黒酢 彩り野菜あんかけ
イメージ 7
白身魚は、沖縄家庭料理には欠かせない"グルクン"の唐揚げでした。
ほどよい甘みと酸味をあわせ持った"黒糖黒酢のあんかけ"は、
沖縄料理と中華料理のコラボです!
"グルクン"は淡泊な味わいの白身魚だけに、"黒糖黒酢のあんかけ"が活きています!
 
お食事は、麺料理と中華粥の2種類用意されており、どちらか選ぶ事ができました。
今回は麺料理をセレクトしてみました。
また、味付けを"塩"か"醤油"のどちらかを選択する事が出来、
今回は"醤油"にしてみました。
 
台湾風牛肉麺(醤油)イメージ 8
"牛肉麺"といえば台湾の名物料理であり、なぜ"台湾風"というメニューにしたのでしょう?
たしかに、麺が小麦ではなくフォーと冷麺の中間のようなものでしたが.......?
さらに、パクチーが効きすぎていて、残念ながら私の好みではありませんでした。

本日のデザート
イメージ 9
デザートはシンプルなシャーベットのみで、ちょっと拍子抜けしてしまいました!!
 
石垣産の食材をコースメニュー全てに取り入れるという試みは面白いですが、
もっとアイデアと工夫が欲しいですね〜.......というのが私の正直な感想です。
「島の恵みコース」の価格は、お一人3,900円(税サ込)でしたので、
リゾートホテルのレストランとしてはリーズナブルな価格設定には好感を持てました。
※2014年4月1日の消費税増税後は4,100円(税サ込)に改訂されています。
 

撮影:2014年2月

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事