諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

静岡

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

スイートハウスわかば

静岡県伊東市中央町にある『スイートハウスわかば』です。
 
『スイートハウスわかば』は、伊東市の中央アーケード商店街にあるソフトクリームが有名な喫茶店です。
創業は1948年と古く、現在のソフトクリームは1959年に先代が考案したもので、
半世紀以上も愛されている逸品です!
夏はあっさり、冬は少し甘くするなど季節ごとに味を変えていることも人気の理由かもしれません?
なんと!ソフトクリームは地方発送も行っています!!
ソフトクリームに限らず家族経営により代々の味を守り、ほとんどのメニューは時間と手間をかけて、
出来る限りの手作りにこだわっているお店です。
 
お店の外観
イメージ 1
ソフトクリームのオブジェが置いてなかったら、ソフトクリームを販売しているとは思えない店構えです。
店内に入ると......そこは昭和です!
看板にはローマ字で「Sweet-House WAKABA」とかっこよく書かれていますが?
そこはカフェではなく間違いなく喫茶店です。
満席状態だったため店内の撮影は遠慮しましたが、レトロな雰囲気がホッとします。
メニューはバラエティに富んでいます!
特に店名どおりスイーツメニューの充実ぶりには目を見張るものがあります!!
コーヒーにサンドイッチなどの軽食もいいですが、
この店に入ったらぜひスイーツメニューを食していただきたいです。
 
生苺サンデー 
イメージ 2
冬季限定商品の生苺サンデー \630です。
『スイートハウスわかば』自慢のソフトクリームがグラスにたっぷり入った苺のサンデーです。
このお店のソフトクリームは初めて食べたのですが、なぜか懐かしく思える味でした!?
生苺が少ないのは残念ですが、生いちごをふんだんに使用したというフレッシュなソースと
ソフトクリームの相性は抜群です!!
 
苺パフェ 
イメージ 3
冬季限定商品の苺パフェ \850です。
苺の多さに圧倒されるパフェですが、グラスに入っているのは特徴のないアイスクリームなのが残念です。
伊豆は苺の産地だけに、さすがに生苺は美味しいです!
品種はわかりませんが、甘さの中にほどよい酸味がある絶品の苺でした!
苺好きにはたまらないスイーツですが、この店ではソフトクリームを使用したサンデーをおすすめします。
 
ウィンナーコーヒー
イメージ 4
レトロな雰囲気の喫茶店に入ると、なぜかウィンナーコーヒーを注文したくなります。
薔薇の花を咲かせるところも昭和っぽいです........。
 

『スイートハウスわかば』は、地元密着型のお店ですが、評判はネットや口コミで広がり、
最近では観光客も多く訪れているようです。
伊豆の伊東で、メニューに雰囲気と...........私好みのお店に出会えるとは思いませんでした!
禁煙だと最高なんですけどね...........。
違う季節にぜひ再訪したいです。
 

撮影:2010年12月

開く コメント(0)

なまこ壁

イメージ 1

静岡県賀茂郡松崎町にある『なまこ壁』です。

※以下、松崎町ホームページより引用
民家・土蔵などの外壁の1つの様式で、明治時代から昭和初期まで各地で見うけられた。
壁面に四角い平瓦を並べて貼り、
爐瓩賢瓩噺討个譴襪修侶僂目に漆喰をかまぼこ型に盛り上げて塗ってある点が特色。
本来は防火、保温、防湿などを目的として造られたものである。
古くから松崎一帯と下田周辺にかけて、なまこ壁の家や蔵がかなり多く目立ったが、
昭和30年代あたりを境として大幅に減り、今ではほんのわずかを残すのみとなった。
しかし、日本的な独特の美しさと有効性がまた改めて見なおされつつある。
松崎では「歴史の散歩道」や、「重文・岩科学校」などに見られる見事ななまこ壁が、その代表例。
最近建築された「伊豆の長八美術館」や、那賀川の「ときわ大橋」にもこの独自の手法と様式が
現代風に取り入れられて、話題を集めている。
とりわけ松崎地区の明地丁、中丁、浜丁一帯には今なおなまこ壁の民家が比較的多く集まっており、
なまこ壁や塗りごめ造りの建物が26棟、
それに明治〜大正の建物5棟、せがい造りなど古い民家が24棟、
そのほか神社やお寺、石仏、石畳、伊豆石の塀なども見られる。

全国的には倉敷美観地区の『なまこ壁』が有名ですが、岡山県や四国地方では現在も多く残っています。


撮影:2009年12月

開く コメント(0)

うなぎ処 福也

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

静岡県伊東市鎌田にある『うなぎ処 福也』です。

はじめて訪れた方は「なぜ!?こんなところで??」と思うのではないでしょうか?
『うなぎ処 福也』は、奥野ダムの近くの山の中の何もないところでひっそりと営業しています。
中伊豆バイパスを伊東方面に向かい、松川湖近くのトンネルを抜けると突然現れます!
写真1枚目がお店の外観ですが、2008年の暮れに改装したとの事で、
以前とは見違えるほどきれいになりました。
店内はカウンター6席に小上がりのテーブル席(掘り炬燵)が2つと席数は多くありません。
クイズダービーでおなじみの(ちょっと古いですが...)タレント「はらたいら」さんがよく訪れるそうです。

『うなぎ処 福也』の最大の特徴は「山椒」をおいていない事です。
「山椒」のかわりに伊豆の名産である写真2枚目の生山葵を自分でおろします。
鮫皮のわさぴおろしですりおろす生山葵は、細胞が細かく破壊され最高の香りと辛味が生まれます。

今回は写真3枚目のうなぎの蒲焼と肝焼きがのった「うなきも丼 \2,500」をいただきました。
臭みがまったくない鰻は、肉厚でのものがふっくら抜群の状態で焼かれており、
柔らく、適度に脂が乗っていてホントに美味しいです。
生山葵でいただくのもとても美味しいですが、山椒でも食べてみたい鰻の蒲焼です。
それよりも、度肝を抜かれたのは肝焼きの美味しさです。
臭みは全くなく、香ばしさの中に上品なほろ苦さがあります。
黄身とからめて食べると最高です。
今まで肝は苦手という方でもこの肝焼きなら大丈夫ではないでしょうか?

「うなきも丼」には、おおぶりの肝が入った写真4枚目の「肝吸い」と、
骨せんべい、香の物が付きます。

伊豆で鰻といえば下田にある「小川家」を思い浮かびますが、
『うなぎ処 福也』は、「小川家」に引けを取らない名店だと私は思います。
おすすめです!


撮影:2009年12月

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

静岡県伊東市にある『伊豆吟遊倶楽部 ステーキハウス池田』です。

伊豆で本格的な鉄板焼きを食べるならお勧めということで訪問してみました。
「ステーキハウス」という店名ですが、鉄板焼カウンター席を中心とした高級レストランです。
観光客や伊東市民に鉄板焼(ステーキ)の需要があるのか?と不思議に思っていたのですが、
伊東市や近くの伊豆高原には、別荘族という多くの富裕層が存在しており、
需要と供給がしっかりと一致しているようです。
『伊豆吟遊倶楽部 ステーキハウス池田』はオープンして13年程経ちますが、
なかなか繁盛しているようで、
道を挟んだ目の前にソムリエ常駐の寿司ダイニング「すしDINING 広野倶楽部」や、
西麻布に「TEPPAN池田」という姉妹店をオープンさせ、東京進出も果たしています。

写真1枚目がお店の外観です。
元料亭だったという建物を改装しており、落ち着いた雰囲気と高級感漂う店構えです。
全ての鉄板カウンター席からは庭園を望めるつくりになっています。

11時の開店から22時の閉店まで通しで営業しており、
リーズナブルなメニューが揃うランチタイムも15時までやっており、

今回は魚介もステーキもいただけてお得だというキャッチフレーズに惹かれて、
イケダランチコース\5,250 + 大好きなガーリックライス\210をいただいてみました。

写真2枚目:クラムチャウダー
 既に調理されていましたが、鉄板のうえで温めていました。
 あさりの風味がほどよくありホっとする味で、寒い季節にはぴったりです。

写真3枚目:帆立貝の鉄板焼 白ワインソース
 魚を期待していた私は、「あさりの次は帆立かよっ!」と思いましたが、
 肉厚で甘く美味しい帆立で、半生の焼加減も最高でした。
 美味しければよしです! 

写真4枚目:サラダ
 これといった特徴はなし.....。

写真5枚目:お塩とステーキのたれ
 塩は白い精製塩と茶色い自然塩の2種類、
 醤油(ポン酢)ベース、胡麻ベース、にんにく醤油ベースの3種類が用意されます。
 
写真6枚目:国産黒毛和牛フィレ
写真7枚目:国産黒毛和牛サーロイン
 お肉はサーロイン150gまたはフィレ120gから選べます。
 今回はどちらも選択しシェアしてもらいました。
 焼加減はどちらもミディアムレアです。
 伊豆牛を期待していたのですが、伊豆牛は取り扱っていないとの事.....。
 全国から選りすぐりのものを仕入れているとか......。
今回は、固体識別番号を確認するのを忘れたため何処産かはわかりませんが、
 生の状態を拝見したときは、あまりサシはいいものではありませんでした。
 しかし、柔らかく旨味があるお肉で、お塩だけで十分美味しくいただけました。
 ちょっとコショウが多すぎるかなとも思いましたが、
 絶妙の味付けで、シェフの腕前もなかなかです。

写真8枚目:もやし
 あえてちょっと味付けを薄くしてますので、好みのタレをつけてとの事でした。
 
写真9枚目:ガーリックライス、お味噌汁、香の物
 ちょっと足りないかなと思う量のガーリックをオオバがいい具合に引き立てています。
 なかなか美味しいガーリックライスでした。 

写真10枚目:鶏がらスープ
 鉄瓶の中身は鶏がらスープです。
 「ガーリックライスを半分ぐらいお召しになったら、
  鶏がらスープをかけてお茶漬け感覚でお召し上がり下さい」との事でした。
 見た目がちょっ汚いので写真はありませんが、この食べ方は最高です。
 この店一番の感動かな?

写真11枚目:コーヒーとデザート
 バーカウンターに移動してコーヒーとデザートをいただきます。
 今回のデザートはいちごのムースでした。
 コーヒーもデザートも特筆すべき点はありません。

デザート、コーヒー以外はとても満足できるメニュー内容でしたが、
ランチコースでは伊豆らしさを感じることはできませんでした。
通常メニューには、金目鯛、伊勢海老、鮑などの伊豆産のものが取り揃えてあり、
ワインをはじめとするお酒も豊富に品揃えされていますので、
ディナーで訪れるべきお店のようです......しかし、伊東まで行く価値はというと......??
やっぱり別荘族向けのお店なのでしょう??


撮影:2009年12月 

開く コメント(0)

夕日ヶ丘展望広場

イメージ 1

イメージ 2

静岡県賀茂郡南伊豆町伊浜にある『夕日ヶ丘展望広場』です。

国道136号、子浦と波勝崎の間にある展望スポットです。
敷地内には売店もありドライブの休憩としても利用できます。
名前のとおり、夕日のスポットして有名です。


撮影:2009年12月

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事