ここから本文です
釣り、釣れ!、釣れろっ!!
全然釣りに逝っていない。

書庫チャリ

記事検索
検索

全1ページ

[1]

とりあえず完成!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

前後ディレイラー及ブレーキ調整完了!
とりあえずのポジション出し完了!
週末はどこまで逝ってみようかな?

・・・む〜ん。ブログタイトル変えんといかんかな(汗

ホビーチャリダー

以前知人から頂いた20年前のオーダーロードバイク。

イメージ 1

全バラシしてからコンポ等のパーツ入手するまで半年以上放置してた(^^;;
年末にやっとパーツの準備が出来たんで組立開始です。
メインコンポは、シマノの6800系アルテグラが手に入ったけど、次男坊が目をキラキラさせながら自分のオルベアに組みたいって( ゚д゚)
と言う事でオルベアに組んでた6700系アルテグラを移植する事に決定!
新しい物に越したこと無いけど、今回のフレームにはチョット浮きすぎちゃうかなって事で承諾!
とりあえず、次男坊が自分のコンポ換装してる間に白サビだらけのフレームを何とかせねばって事で。

イメージ 2

イメージ 3

金属磨き剤「ピカール」で必死に磨いてチョット綺麗になったかな?
アルミのフレームを磨くなんてバカじゃない?って思われるかもだけど…
最初の白サビだらけで乗るよりも、ピカピカで乗りたいからね(`・ω・´)
磨いた後すぐに車用のガラス系コーティング剤をびっちりと施工して、これからもこまめにメンテしていけばいいやってことで(^^;;

イメージ 4

イメージ 5

後は少しずつパーツを組んで行って…

イメージ 6

・・・組み立てる時間があまりにも取れず現在この状態で作業がストップしてます
( ´Д`)y━・~~

今までん十年生きてきてビンディングペダルなるものを使用した経験が無いけれど、コレまた次男坊のお下がりのTIMEのビンディングペダルを付けて、オクで買ったガノーのビンディングシューズ3000円程で落札した物だけどメーカーサイトで調べてみたら!!当時の定価43000円也❗
届いたブツは使用感も少ない超美品でした!得した気分!

イメージ 7

仮組みされたチャリでビンディング初体験❤
パチっと小気味よい音を立ててすんなりハマりますが…
外すのにチョット手間取ってしまう
(ーー;)
早く組み上げて練習せねば(汗

新しいおもちゃ

最近は、釣りにも中々行っておらず・・・

これといった楽しみもないまま過ごしておりましたが。

先日、新しいおもちゃを手に入れました(^^♪

イメージ 1

知人宅の倉庫でひっそりと眠っていた自転車達。

知人:「もう、乗る事ないから好きなの持って行っていいよ。」

にっしゃん:「まじでつか!それではこれと、これと・・・」

と言う訳で、新しいにっしゃんのおもちゃ達。

【ロードバイク】

フレーム:sanctuary(?)ってステッカーがフォークポストに貼ってある(?_?)
     メインチューブは、EASTON ELITE 7005で台湾で組んだそうです。

メインコンポ:SHIMANO 105トリプル24速 1056 (確か、5500系の前の型)

ホイール:MAVICの古いG4?

ハンドル・ステム:NITTOのアルミ

サドル:VUELTA

その他詳細は、古くてちょっとわからない(汗

購入時金額:約150〜200K程度


【MTB】

Cannondele F2000 CAD3 1997年製

メインコンポ:SHIMANO DEORE  XT 

クランク:Cannondele CODAアルミ

ホイール:MAVIC 220

ハブ:SHIMANO DEORE  XT

ハンドル・ステム:Cannondele CODAアルミ

サドル:Cannondele CODA

シートポスト:Cannondele CODAアルミ

その他いろいろCannondele CODAオプションパーツ

購入時金額:350K程度

の2台!

2台とも20年以上前のものですが、乗ってた時はメンテもしっかりとしていたらしく

見た目にはとてもいい状態でした。

持ち帰って早速磨いて、細部のチェック!

イメージ 2


イメージ 3

MTBの方は、ホント手入れが出来ていてインナーチューブとブレーキシューの交換。

後は、このころのキャノンデールのMTB独特のフロントサス、ヘッドショック。

こいつは、オイルとエアー併用のショックらしいけど、フルボトム状態。。。

オイル漏れか、エアー抜けてるか・・・ネットで調べるとオイル漏れだとタチが悪く

シールが逝ってた場合もうメーカーにも部品が無いらしい( ゚Д゚)

ショック周辺をチェックすると、オイルにじみ等は無いみたい。

恐る恐るエアーを充填してみる・・・

”しゅこしゅこ・・・すこんっ!”

正規のストロークまでサスが戻った(^^♪

ストロークさせてみると、絶好調。問題無!

後は、ロード乗りの息子に各部のグリスアップとディレーラーの調整を頼み、

とりあえずは、乗れる状態になった。

イメージ 4

イメージ 5

20年以上前のバイクとは思えない位のいい状態になりました。

乗った感想は、今までは息子のセカンドバイクだったクロモリロードに乗った位

で、それとの比較になるけど、キャノンデールのアルミフレームらしいパリッと

した硬さで、踏めば踏むほど走る印象です!いい感じ。

これから、ボチボチと細かいセッティングを煮詰めて行こうかな。

イメージ 6

ロードバイクのほうは、パッと見はそんなに悪くない感じだったけど。

細かく見ていくと、コンポも古く動作が微妙。。。

ワイヤー類はすべて交換しないとだめだな。。。

ボトムブラケットは、錆さびでもう限界。。。

フレームはクラックへこみは無かったけどチョット錆が浮いてきてる。。。

当然、インナーチューブは×

と言う事で思い切って一気に全バラシ(; ・`д・´)

今後の構想として、自分の理想はフレームはヴィンテージでコンポ関係は

最近の物を組んで、あと、フォークやらなんやら要所要所にカーボンパーツ

組んでヴィンテージバイクなのになんか新しいって感じにして行きたいと

考えています。

現況で、3×8の24仕様なのでコンポをどうするか、ホイールも変えるかと

悩んでいると、息子が「10速のスプロケが多分入るよ〜」と言ってるので

5700系か6700系の中古コンポを捜してみよう(^^♪

予算的に5700系になりそうかな。。。

とにかくこれから予算集めに頭を悩まさなければ(;^_^A

まあ、ロードはのんびり組んで行こうと思います。
















全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事