ここから本文です
La recherche de moi sans fin
L'intelligence sans bonté est une arme bien dangereuse.

書庫全体表示

イメージ 1

12歳のアントワーヌ ドワネルにとって、毎日は苦痛の連続であった。学校では成績も悪く、

いたずら好きで先生に叱責される。家では厳しい母親と、稼ぎも少なくうだつの上がらない

父親に囲まれた息の詰まる生活。寝袋にくるまって両親のケンカを聞かされる日々。

そんな彼の楽しみは映画を観ることだけだ。しかしある日、授業の作文で「バルザックの盗作だ」

と叱られ、学校を停学になる。居場所がなくなった彼は、家を飛び出してしまう……。


この映画、1959年に発表したトリュフォー自身の幼少時代の自伝とも言うべき作品で全編モノクロ。

批評家から映画作家としての地位を確立した作品。詩人で「オルフェ」などの映画の傑作もある

ジャン・コクトーも絶賛したそうです。


みるみる人生の軌道から転がり落ちて行く・・・。

人間誰しもが感じる“分かってもらえない感”をジャン.ピエール.レオーのドワネルに重ね合わせて

観てる自分が居る。少年院から脱走した少年は、どこまでもどこまでも走って逃げていく。

ぐずぐずしていたら掴まるからだ。逃げる以上はどこまでも逃げるのは当然だけれども、ただ少年の

走る姿だけを写す長い長い移動撮影を見ていると、彼は追手から逃げているというよりも、むしろ、

そういう自分自身からこそ逃げようとしているように見える。

そして自分はいったい何から逃げているのだろう〜。と・・・!

最後の、アントワーヌの、海から僕たちを見据えた眼差しの恐さ。

そのストップモーションが今でも脳裏に浮かびます。



それと・・・トリュフォーは脚フェティシズムですね!その脚フェチが全面的に出ているのが、

「恋愛日記」(77年)である。主人公は顔も確認せずに脚だけで女に恋してしまったりするのだ。

そして彼は自分の女性遍歴を書いた本にこう書き記す。「女の脚は、あらゆる方向に一歩一歩

バランスと調和をとりながら、地球を測るコンパスである」。そう、女の美しい脚がなかったら

地球なぞ、存在せぬに等しいではないか! ・・・・そい言っています!(同意見!!)



監督/フランソワ・トリュフォー
出演/ジャン=ピエール・レオー、クレール・モーリエ、アルベール・レミー
脚本/フランソワ・トリュフォー、マルセル・ムーシー
撮影/アンリ・ドカエ
音楽/ジャン・コンスタンチン
(99分/1959年・フランス)

この記事に

  • 顔アイコン

    「突然炎の如く」「柔らかい肌」「黒衣の花嫁」「恋のエチュード」「アデルの恋の物語」「終電車」「隣の女」等。沢山見たけれど「大人は・・・」は見ていません。恋愛ものじゃなかったからか。彼の映画に出てくる女達は皆強くて男がたじたじというのが多かったです。

    mim*193*1*36

    2008/2/2(土) 午後 11:38

    返信する
  • mimiさん さすがかなりご覧になっていますね!「恋のエチュード」は観た人の話によると、最高だと言っていましたので早く観たいですね。たまには「恋愛もの」じゃないのも観てください〜。トリュフォーはやはり凄いです!芸術家ですね。その彼は、ゴダールのことを褒めています。もう観たい作品がいっぱいです!!

    papillon

    2008/2/3(日) 午前 0:27

    返信する
  • Papillonさん
    Myブログにコメントありがとうございました<(_ _)>
    トリュフォー監督作品には大変興味があります
    仏映画を観始めてまだ日が浅いのですが全作品制覇目指してます・・・あと2作品
    『トリュフォーの思春期』と『緑色の部屋』探してます
    PapillonさんのTOP画像ドロン氏ですね!嬉しいです^^v
    TB&ファン登録させていただきます
    ヨロシクお願い致します

    Astay

    2008/2/3(日) 午前 2:20

    返信する
  • Astayさん コメントありがとうどざいます♪
    私もヨーロッパの5大監督と言われる人たちの映画が好きで良く観て
    いました。その中でも、トリュフォー監督は別格ですね!あの作品に
    佇む匂いがたまらないです(^^;『トリュフォーの思春期』と『緑色
    の部屋』はDVD化されていないのですか?私も全作品制覇したいと思って
    います。’70年代の所謂アメリカンニューシネマと呼ばれる映画の時代
    から、私の映画人生が始まりました。ちょうど大学生の時で、ピア片手
    に映画館めぐりしていました。そんな感じです☆
    ファン登録・TBありがとう(^^ゞ

    papillon

    2008/2/3(日) 午前 11:52

    返信する
  • な、なんと私の偏愛映画。これは私のなかでも、1.2を争う映画です。記事が書けないほど、好きなんです。トリュフォー、mimiさんが書かれた物全部見てます。「恋愛日記」は見ていません。DVDでていないですよね。でも「私のように美しい女」っていうのレンタル店にあったのにまだ見ていません。今度見てみなくちゃ。ドワネル・シリーズ面白いけれど、この映画のレオーが特に好きです。ラスト、最高ですよね。

    kiichigo

    2008/2/4(月) 午前 10:00

    返信する
  • 顔アイコン

    書き忘れました。記事ではないですが、せめて、「あまりにも映画的な」をトラバさせてくださいね^^

    kiichigo

    2008/2/4(月) 午前 10:02

    返信する
  • 木苺さん やはりお好きでしたか!私も全ての映画でBEST5に入ります☆トリュフォーは早めに制覇したいと考えています。ぜひいろいろアップしてくださいね。あとはルノアール、ゴダール、ロッセリーニも徐々に観なくては☆新しい映画を観てる時間なんてないです〜(^^;トラバありがとうございます♪

    papillon

    2008/2/4(月) 午前 11:17

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事