模型とあれやこれ 別館2

こちらは本館ブログで書き切れなかった事、考察のサブブログです

全体表示

[ リスト ]

シャーシ隙間埋め工程


イメージ 1


イメージ 2

ボディー、シャーシ隙間埋めの工程です。
旧キットならではの工作ですが最新キットでは必要ないのかな?

イメージ 3

キットシャーシの厚みが1mm(この辺りは適当です)と想定しガイドの作製。

イメージ 4

両面テープでシャーシ側に貼り付けます。
ちなみに、セダンタイプはトランクを開口しないと困難な工作です。

イメージ 5

ガイドにそって

イメージ 6

マスキングテープで型取り

イメージ 7

微妙なカーブは現物合わせではむつかしいですね。
Rを付けて

イメージ 8

貼り付け。
調整は両端を少し削るくらいでした。

イメージ 9

硬化したらガイドプラ板を剥がします。
今回は3分割にしています。

イメージ 10

残りの部分は現物合わせでの隙間埋め。
現物合わせも直線なので持ち手を確保して調整。

イメージ 11

続きます。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

展示会などでカーモデルを見ると前後輪の隙間から内装が
見えてしまって綺麗に出来てても残念な作品をよく見ます。

この工程は完成度に大きく影響しますよね。ナイス!です。

2017/7/20(木) 午前 11:08 [ メルセ ] 返信する

顔アイコン

メルセ 様

オリジナルの工作方法ですが簡単です。
本文には書いていませんが、プラ板のボディー側を少し斜めにして接着。
裏からレジン(あれ)で隙間埋め補強しています。

2017/7/21(金) 午前 8:53 [ ploverbell ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事