八女クロ釣行会のおもしろ釣行記

ホームグランドは、大分県南、米水津、鶴見です。最近は、甑、離島にも遠征をして「尾長・シブダイ」等も狙っています。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全77ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 第6回釣研FG八女支部クロ釣り大会を大分県南の豸で開催をしました!参加者は15名です。土曜日の午後11時に佐伯の「鶴見崎フィッシング」に集合をしました。ここで、大会要項の確認をし、豸釣行時には、毎回お世話になっている「海翔丸」が待機をする丹賀港へ向かいました。
イメージ 1
定刻よりやや遅い、午前1時に沖磯に向かって出航をしました。

イメージ 2
 沖磯は、うねりが付いていたので、蘯蠹膂貘咾らの瀬付けです。最後に私と梅崎君が女郎崎に上がりました。今回は、夜釣りがOKなんです。イサキを狙って竿を振りました。嫁さんから「イサキが食べたい」とのリクエストがありましたので、気合いで数枚のイサキを釣りました

イメージ 3
 さて、夜が明けてからは、大会規定のクロ釣りです しばらくは、な〜んも釣れませんでしたが、2時間ほど経った頃から手のひらクラスがポツリポツリと釣れ始めました。

イメージ 4
 すると、ウキ下2ヒロで狙っていたら、今までに無い強烈な引きが来ました。時間をかけてやり取りをして44㎝のクロを釣ることが出来ました

イメージ 5
午前8時30分に海翔丸が見回りにきたので、みんなの様子を見に行きました。

イメージ 6
馬場君コンビの磯です。ユウレイ南の磯です。 左半分が大明神君です

イメージ 7
納竿の12時まで頑張って下さいね あっ 大明神君が出てきた

イメージ 8
 ここは、ユウレイです。誰も上がってません!潮も下がってきたので、良いとは思いますが…

イメージ 9
ここは小間中です。山南君と角君が竿を振っています。

イメージ 10
こちらは、小間北の吉崎さんと福盛さん!クロ釣れていますか? んんん……

イメージ 11
 海面に漂っているウキを、私が見つけました 私が、網で掬ったのですが、何故か福盛さんから奪われてしまいました

イメージ 12
 おっおおおおおっ! 素晴らしい瀬発見 チョンバエです  しかし、今日は、ま〜ったくのノーヒットだそうで、タカベの包囲網だそうです ちゅうことで、瀬代わりしましょう!

イメージ 13
 田中さんと福田君が、今か、今かと、瀬代わりの準備をして待っていました ユウレイに瀬代わりです

イメージ 14
 ここは、高手の水道です!チョンバエの隣にある潮がバンバン走る良い瀬ですここには、タカベはいなかったようです

イメージ 15
お〜い 釣とるか〜い 良い潮なんですが…

イメージ 16
さて、私も戻ることにしましょう

イメージ 17
 私が、遠征をしている間、孤独で頑張っていた梅崎君!一人にしてゴメンね 私が、バタバタと釣りの準備をしていたら、しっかりとクロを釣ってました

イメージ 18
では、表彰式と参りましょう!

イメージ 19
今回優勝は、吉松君で〜す

イメージ 20
ひっひっひっ 第二位は私で〜〜〜す 嬉しい商品を頂きました

イメージ 21
第三位は、福盛さんです お腹が減っていました

イメージ 22
は〜い!集合写真です 気合いだけはバッチリなんですが…

イメージ 23
                釣果のクロを手にお見事

イメージ 24
今回も、活躍してくれたウキです ジャイローNで〜す 感度抜群ですよ

イメージ 25
針は、信頼のこれ 返しはありませんが、確実な針掛かりをしますよ 




 今回で25回を数える「釣研FG WFGクロ釣り選手権」が長崎県平戸市の宮ノ浦港一帯で開催されました

イメージ 1
 午前4時開会式です。釣研社長、釣研の会長さんの挨拶を受けて、4隻の渡船に分かれて沖磯を目指します。4人1組のリーグ戦で戦います。1名が勝ち上がります。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
 組み合わせです!午前6時から、各2時間の戦いです。熱い戦いが展開される事でしょう!

イメージ 6
 私は、丸宮の海鯱です。海鯱は「阿値賀」へ向かいました。1回戦は熊本支部の藤本さんです。餌取りと当たり潮に苦戦しました。辛うじて1枚釣れましたが、藤本さんが2枚で、敗戦でした。
 2回戦は、大阪支部の児玉さんです。今瀬付けしている奥の瀬でしたが、クロの反応はありません。納竿前に児玉さんが1枚釣ってジ・エンドでした。

イメージ 7
 3回戦は、韓国支部のキムさんです。 YAIBAクロ釣り選手権の時に、馬場君が上がった磯でした。良い潮が動いてます。先に先端に入りましたが、良型のイサキが5枚のみで終了でした。場所を変わって、何とキムさんが1枚の尾長を釣られて、ジ・エンドでした

イメージ 8
 1日目の最後に、参加者みんなでモトバンという磯で、記念撮影をした後に、海鯱に乗って、宮ノ浦港へ帰ってきました。この海鯱という渡船、速い速い!離島へ行くと渡船だけあって、高速船でした

イメージ 9
宮ノ浦のシンボル尾上島です。今回も、ここが一番の釣果がありました

イメージ 10         
 さてさて、お楽しみの懇親会の時間です。今回は、なんと「平戸牛のすき焼き」です これが、たまらん位美味しかったですよ

イメージ 11
 ちょっと飲み過ぎまして、早めの就寝、ちゅうか、お休み前にもう一本飲んで爆睡でした 翌朝の午前4時、私達は、五島釣行を楽しみますが、過去2回竿を振りましたが、木っ端天国で、良い釣りをしたことがありません 五島の地磯の上がりましたが、やはり…第一投目から25㎝の宮ノ浦サイズのクロが… その後入れ食いです 終わった

イメージ 13
 と、思ったら、交通事故で40㎝のクロが1枚釣れました 納竿をして、渡船に乗ったら、他の場所ではやはりみんな釣られていました

イメージ 12
 決勝戦が行われる「一ツ瀬」から見た景観です 左に見える磯が超A級ポイントの丹瀬です。五島からの渡船が渡します

イメージ 14
 決勝トーナメントに参加をした選手が戻ってきました。 4名の選手がこれから行われる決勝戦に参加します。

イメージ 15
 各30分の場所交代で行われた決勝戦!優勝は五島支部の下川さん、準優勝は三重支部の東さん、三位は西九州支部の宮原さん、数ではダントツでしたよ 四位は徳島支部の西内さんでした。 素晴らしい釣技を拝見さsてもらい、良い勉強をさせてもらいました

イメージ 16
宮ノ浦に帰って表彰式です

イメージ 17
 久しぶりに会った「西さん」中々一緒に磯に立てませんが、いつの日か来るのを楽しみに待ってますよ

イメージ 18
最後にみんなで記念撮影 また、来年、みんなと出会えたら良いなぁー

イメージ 19
今回活躍をしてくれた釣研のウキです また、宜しくお願いします

イメージ 20
使用した針は、YAIBAXのグレ5号、6号を結びました 信頼の1本です



YAIBAクロ釣り選手権!


 YAIBAクロ釣り選手権九州大会が、長崎県の平戸島宮ノ浦港一帯の磯で行われました 参加者は、54名と少なかったのですが、活気あふれた大会になりました

イメージ 1
同行者は、W馬場君です もちろん、全国大会を狙っていますよ

イメージ 2
 あらら・・・・どこかでお見かけしたお顔が  レッツGO中州 次回は、私も参加させて下さい

イメージ 3
受付の様子&準備中です

イメージ 4
 午前4時過ぎに出航をしました 磯からの夜明けです いつ見ても良いものですねぇー

イメージ 5
 長崎のベテラン釣り師、入江さんがと一緒に瀬上がりしました 初めての磯上がりでしたが、息ピッタリで楽しい一日になりそうです

イメージ 6
 一番最後の瀬上がりです 上がった磯は、下阿値賀の魚のネヤという磯でした。丸銀のデカイ船で行きました。 五島列島へ行く渡船だそうです

イメージ 7
 事前の情報では、クロの活性はあるんですが、型が出ていないようで厳しい!と言われていましたが、39㎝の良型が食ってきました

イメージ 8
 なな何と、同行者の入江さんは、40㎝オーバーのクロを3枚釣られていました 色々勉強をさせてもらいました

イメージ 9
奥に見えるのが、上阿値賀です!
イメージ 10
 ズームして上阿値賀のここ!の出っ張りに大明神君が女性釣り師の方と一緒に上がっています 女性釣り師が心配で、心配で、ず〜っと、ズームで見張っていました

イメージ 11
さて、順位が決定しました

イメージ 12
 同行者の入江さんが優勝され、全国大会へ行かれます 是非頑張って来て下さい あれっ 一番右に立っているのは、我らの大明神君ではないですか

イメージ 13
そうです 見事第5位に入賞です おめでとうございます

イメージ 14
 そして最後は、参加者全員に当たるお楽しみ抽選会です 私も、支部の一員として頑張りましたよ 
 今大会は、主幹を福岡支部が行い、安藤支部長を中心に、団結バッチリのチームワークで無事に大会を終了する事が出来ました お疲れ様でした

イメージ 16
 今大会で使用した針は、YAIBAーXのグレXの5号です。食い込みバッチリですよ
イメージ 15
今回も、活躍をしてくれたウキは、釣研のジャイローN LCの0αです

 またまた、行って来ました「中ノ瀬!」前回、石鯛1枚でした。今回はクロ狙いで行って来ました!同行者は、いつもの大明神君、田島君、加藤君、山南君です。途中、阿久根のAZに寄って、食材その他を購入し、午前4時過ぎに川内港に到着しました。

イメージ 1
 出航が午前5時なので、磯に着いたら夜が明けているので、その前に全員でプチ宴会です 各自思い思いの食材が出てきます

イメージ 2
「乾杯で〜す 高級なプレミアムビールです 大明神君から頂きました

イメージ 3
田島君、加藤君もやる気満々です 加藤君は、初中ノ瀬です

イメージ 4
楽しいプチ宴会は1時間で終了です さて、出航準備をしましょう

イメージ 5
午前5時、定刻に「パイン」は、中ノ瀬を目指します みなさんやる気満々です

イメージ 6
渡船の中で夜明けです

イメージ 7
 出航をして30分程で、中ノ瀬に着きました。ここ中ノ瀬は、灯台瀬と親瀬の2つからなり眺望抜群の磯です

イメージ 8
 私は、加藤君と灯台瀬に、大明神君、田島君、山南君は親瀬に上がりました ここ最近、サメの出現で、掛けた魚がサメにやられる被害続出です

イメージ 9
 中ノ瀬に瀬渡しをしている「パイン」です。瀬渡しをやった後は、納竿の1時まで船釣りです

イメージ 10
初中ノ瀬でクロ釣りを堪能していますよ

イメージ 11
私は、ガングロのバリを釣りました

イメージ 12
今回の釣果は、クロの小型が少々でした クロは、ムラが出てきたようです

イメージ 13
んんんんんん・・・・こやつは 

イメージ 14
んんんんんん・・・・ 犯人 港で無事に逮捕されました

イメージ 15
んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん・・・・・・・・・・更に怪しい男が

イメージ 16
あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ね 絶倫君でした 
今回は、厳しい釣果でしたが、次回、行けたら石鯛を狙いたいと思います

イメージ 17
今回も活躍をしてくれたウキは、釣研の「ジャイローNの0α」でした

イメージ 18
 針は、信頼の一本、YAIBAの釣闘競技グレです。返しはありませんが、すっぽ抜けなしで、食い込み抜群ですよ







中ノ瀬釣行!

 鹿児島県の川内港沖の中ノ瀬へクラブ員の馬場君と行って来ました。 午前5時30分の出航です。 少し早めに着いて、港で軽く食事をしてから、中ノ瀬へ向かいます。お世話になる渡船は「パイン」です

イメージ 1
ここでお腹を満たして、釣り場に着いたら、即竿出しです

イメージ 2
おうぶに囲まれていた馬場君は、相変わらずの絶好調

イメージ 3
 辺りが明るくなり始めた頃にパインは出航です 約30分も走ると、中ノ瀬が見え始めます。

イメージ 4
今回は正面に見える「灯台瀬」に上がります

イメージ 5
川内港と甑島の中間地点にポツンとある瀬です

イメージ 6
今回は、私は石鯛狙い!馬場君はクロ狙いです 竿出しを初めて直ぐに、この良型のクロをゲットです

イメージ 7
私は石鯛狙いです 赤貝のツケエで狙いました。 2時間位は当たりもコツコツと・・・なかなか走ってくれません。 ツケエも残って来る事もあります ず〜っと手持ちで頑張りました この7本縞の綺麗な石鯛が微笑んでくれました

イメージ 8
 潮が引いてきたので、下の岩場でクロ狙いをしました 数投目に、今日一番の45㎝のクロが釣れました しかし、産卵は終わっていました

イメージ 9
下の岩場から見た灯台瀬です

イメージ 10
こちらが「親瀬」です。3名で上がります

イメージ 11
納竿時間です。潮が大きいので、下の岩場での回収です

イメージ 12
午後2時、パインが迎えにに来ました

イメージ 13
川内港の近くには原子力発電所が見えます 
港の帰って、久しぶりに会う船長の奥さんと愛犬君、相変わらず元気一杯でした また、船釣りの美人女性釣り師の方から、デカイいさきを頂きました。書面を借りでですが、ありがとうございました また、御一緒しましょうね




全77ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事