ここから本文です

書庫最新記事

すべて表示

  • ある人(浅里公三氏)が書いていましたが、K.515とK.516はモーツァルトの室内楽曲の最高傑作なのだそうです。ということは、あらゆる室内楽曲の最高峰ということでしょうか。 弦楽四重奏曲と弦楽五重奏曲は何が違うかというと、楽器の数が違います。弦楽四重奏曲は、ヴァイオリン×2、ヴィオラ×1、チェロ×1です。 弦楽五重奏曲は、 ...すべて表示すべて表示

  • 平成30年2番目の記事は、ブラームスです。 ベートーヴェン同様にブラームスも私にとっては大切な作曲家なのです。 ブラームス(1833年−1897年)にとって、声楽曲とともに室内楽曲は重要ジャンルであり、自己批判が強く、発表に慎重なこの作曲家にあって、作品数も多く、どの曲も名曲ということになっています。 弦楽六重奏曲第1番 変ロ長 ...すべて表示すべて表示

  • 遅ればせながら あけましておめでとうございます 本年もよろしくお願いいたします 今年最初の曲、聴き初めの曲は、ベートーヴェンしかない、他の作曲家は考えられない、と昨年から決めていました。私の基本はベートーヴェンなのです。 演奏は、アルテミス四重奏団、いや、アルテミス・クァルテットと呼ばせていただきましょう。 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事