ここから本文です

書庫最新記事

すべて表示

  • ラヴェルの弦楽四重奏曲の次に、ドビュッシーの作品を選らんだのは、多くのCDはドビュッシーとラヴェルのカップリングなので、ウォークマンのアルバムを入れ替えなくても大丈夫、とか、ラヴェルの記事をちょっと直せばドビュッシーに使えるとか、ジャケット画像も既にあるもので賄える、というような理由ではないのです。 ラヴェルの弦楽四重奏曲を聴いたドビュッシーは、 ...すべて表示すべて表示

  • 先週はこの曲の気分でした。ショッキングなことがいろいろあったのです。この曲を一週間聴き続けましたが、いざブログに書こうとすると、どう書いたらよいのか……。「フランスを感じさせる演奏……」って、どういう演奏なのでしょう。わかるようでわからない。文章がうまく書けないもどかしさ。今回も割り切って書こうと思います! モーリス・ラヴェル 弦楽四重奏曲 ヘ長 ...すべて表示すべて表示

  • モーツァルは「協奏交響曲」を2曲書いています。 管楽器のためと管弦楽のための協奏交響曲 変ホ長調 K.297b (K.Anh.C14.01) ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364 2曲のうち、今回は、K.297b (K.Anh.C14.01)について書きますが、この曲には問題があります。それは以下のよう ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事