ここから本文です
私が好きな曲(クラシック音楽のたのしみ)
訪問者100万人突破しました。ありがとうございます!

書庫全体表示

イマジン・シャイニング・スター・シリーズVol.14
朴葵姫(パク・キュヒ)ギター・リサイタル
2012年10月6日(土)17:00開演(16:30開場)
会場:HAKUJU HALL(完売)
出演:朴葵姫(ギター)
曲目:
スカルラッティ:ソナタ K178,K14
ファリャ:「漁夫の物語」「きつね火の歌」〜バレエ音楽『恋は魔術師』より
トローバ:ソナチネ(1.Allegretto, 2.Andante, 3.Allegro)
タレガ:グラン・ホタ
--------- Intermission ---------
バークリー:ソナチネ(1.Allegretto, 2.Lento, 3.Rondo)
リョベート:「アメリアの遺言」「盗賊の歌」「聖母の御子」「 クリスマスの夜」
〜 『13のカタルーニャ民謡』
アルベニス:「カタルーニャ奇想曲」「アストゥリアス」 〜 組曲『スペイン』
バリオス:森に夢みる
--------- Encore ---------
ファリャ:「粉屋の踊り」〜バレエ音楽『三角帽子』より
タレガ:アルハンブラの思い出
ディアンス:タンゴ・アン・スカイ
 
-*-*-*-
 
朴葵姫さんにとって全10公演(+ミニ・コンサート)の,かなりハードな季節の最後となるコンサートです。これが終わるとウィーンへ帰ってしまうので,これは行かねばならないと思いました。
 
しかし,ハクジュのチケットは,優先予約できたのにしなかった(だって忙しかったんだもん)ので,時既に遅く,席はかなり後ろ……。ギターって音が小さい楽器だから不安がありましたが,PAなしで十分聞こえました。
 
演奏はもちろんのこと,楽器も良いのでしょうね。朴葵姫さんのギターは,Daniel FRIEDRICH(2009)といって,100人待ちのギター製作者ダニエル・フリードリッシュの手によるものです。現在師事しているアルバロ・ピエッリ先生の影響でしょうか。学生(※)で授与されたのは朴葵姫さんが初めてだそうです。(※現在もウィーン国立音楽大学ギター科に在学中)
 
朴葵姫さんは,
2005年 韓国ギター音楽コンクール優勝
2007年 ドイツ・ハインツベルグ国際ギター・コンクール第1位及び聴衆賞受賞
2008年 ドイツ・コブレンツ国際ギター・コンクール第2位(1位該当者なし)
2008年 ベルギー ギターの春 2008 コンクール第1位
2008年 リヒテンシュタイン国際ギター・コンクール第1位
2009年 イタリア・アレッサンドリア国際ギター・コンクール第2位及び特別賞(ヤングアーティスト賞)
2009年 スペイン・ルイス・ミラン 国際ギター・コンクール第1位
そして今年(2012年)の6月には最高峰と言われるアルハンブラ 国際ギターコンクールで優勝&聴衆賞を受賞し,今月はカーネギーホールでアメリカデビューを飾るという,飛ぶ鳥落とす勢いの実力派ギタリストです。
 
アルハンブラ国際ギターコンクールの映像
 
忙しい人は,9分52秒から,もっと忙しい人は,11分09秒から観てみましょう。他の人に比べて朴葵姫のギターが大きく見えるかもしれませんが,気のせいだと思います。
 
私はデビューアルバム「Sueno(スエーニョ)」からのファンで,その並外れた実力に驚いたクチですが,実演も期待に違わぬ素晴らしいものでした。
 
どの曲も丁寧に弾かれていて,だから,音がきれい。手が小さいのだそうだけれど,離れたフレットでも音の繋がりが非常に滑らか。早弾きは聴いていて実に気持ちが良く爽快です。誰が言い始めたのか「天使のトレモロ」と言われるだけあって,得意のバリオス「森に夢みる」やタレガ「アルハンブラの思い出」は絶品でした。そう言えば,彼女の技巧の確かさを聴かせた「グラン・ホタ」(タレガ)。あの小太鼓の音はどうやって出すんだろう。不思議だ……。
 
ところで,アンコールの1曲目はファリャの「粉屋の踊り」ですが,実はプログラムの5曲目に演奏されるはずだったのに,朴葵姫さんは極度の緊張のあまり,弾くのを忘れてしまったのだとか。コンクールやコンサートを数多くこなしていても,いまだに初々しさを失わないところに好感がもてますね。熱心なファンが多いのも頷けます……。終演後もサイン待ちの人(主としてオジサン)が長い長〜い行列をつくっていました。
 
追記:
10月2日(火)午前6時00分〜6時55分 BSプレミアム
クラシック倶楽部 −パク・キュヒ ギター・リサイタル−
を観ました。録画しておいたものです。
 
:2011年2月10日(木),武蔵野市民文化会館での収録で,スカルラッティ,リョベート,ブローウェル,タレガ,バリオスが選曲されていましたが,手の動きをアップで見ることができるテレビはとても有難いです。ギターの申し子のような人だと改めて感動した次第です。
 
-*-*-*-
 

イメージ 1レコード芸術(音楽之友社)10月号特選盤「スペインの旅」の裏ジャケです。
 
私もサイン,もらっちゃいました♪
(レコ芸10月号75頁から朴葵姫さんのインタビューがあります。)
イメージ 2 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事