ここから本文です

書庫全体表示

ワーグナーのオペラを総譜完成順に並べと、妖精(1834年)、恋愛禁制(1836年)、リエンツィ(1840年)、さまよえるオランダ人(1841年)、タンホイザー(1845年)、ローエングリン(1848年)、ラインの黄金(1854年)、ワルキューレ(1856年)、トリスタンとイゾルデ(1859年)、ニュルンベルクのマイスタージンガー(1867年)、ジークフリート(1871年)、神々の黄昏(1874年)、パルジファル(1882年)になります。
したがって、「ローエングリン」の次は「ラインの黄金」なのです。

ラインの黄金を鋳直して作った指環の主は世界を支配できるはずなのに、アルベリヒが簡単に縛り上げられてしまったのはなぜだろう。指環の魔力っていったい……。

リヒャルト・ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」


イメージ 1

クレメンス・クラウス
バイロイト祝祭管弦楽団

ヴォータン:ハンス・ホッター
フリッカ:イーラ・マラニウク
フライア:ブルニ・ファルコン
ドンナー:ヘルマン・ウーデ
フロー:ゲルハルト・シュトルツェ
ローゲ:エーリッヒ・ヴィッテ
アルベリヒ:グスタフ・ナイトリンガー
ミーメ:パウル・クーエン
ファゾルト:ルートヴィッヒ・ヴェーバー
ファフナー:ヨーゼフ・グラインドル
エルダ:マリア・フォン・イロスファイ
ヴォークリンデ:エリカ・ツィンマーマン
ヴェルグンデ:ヘティ・プリマッハー
フロースヒルデ:ギゼラ・リッツ

1953年8月8,9,10,12日(ライヴ)
バイロイト祝祭劇場

クラウスについては、ボスコフスキーの前にニューイヤーコンサートを指揮していた人ぐらいの知識しかなくて、恥ずかしながらウィンナワルツの指揮者だと思っていました。だから、この「ラインの黄金」を聴いて本当に驚きました。音楽の運びが理想的で録音がよければこれが一番好きかもしれません。1953年の古い録音(しかもライヴ)で、オーケストラの楽器を詳細に聴き分けることなど到底無理ですが、それでもクラウスが卓越したオーケストラコントロールの持ち主であったことはわかります。なお、歌手の声は聴きやすい録音です。歌手はいずれも素晴らしいと思いますが、ハンス・ホッターがこの録音では素晴らしい歌唱(名唱)を聴かせてくれたのがとても印象的でした。また、グスタフ・ナイトリンガーは、このクラウス盤の他に、フルトヴェングラー盤(1953年)、カイルベルト盤、クナッパーツブッシュ盤(1956年)、ショルティ盤、ベーム盤でアルベリヒを歌っているスペシャリストです。


イメージ 2

サー・ゲオルク・ショルティ
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

ヴォータン:ジョージ・ロンドン
フリッカ:キルステン・フラグスタート
フライア:クレア・ワトソン
ドンナー:エバーハルト・ヴェヒター
フロー:ヴァルデマール・クメント
ローゲ:セット・スヴァンホルム
アルベリヒ:グスタフ・ナイトリンガー
ミーメ:パウル・クーエン
エルダ:ジーン・マデイラ
ファゾルト:ヴァルター・クレッペル
ファフナー:クルト・ベーメ
ヴォークリンデ:オーダ・バルスボーグ
ヴェルグンデ:ヘティ・プリマッハー
フロースヒルデ:イラ・マラニウク

1958年9月24日〜10月8日
ウィーン、ゾフィエンザール

聴く前に余計な先入観はないほうがよいのでしょうが、「ニーベルングの指環−リング・リザウンディング−」(ジョン・カルショー著、山崎浩太郎 訳、学習研究社)を読むと、この演奏の有難みが100倍くらい増します。レコード史の偉業・金字塔と称えられたものですし、私もこのセットを買ってから10年以上、他のCDを求めませんでしたので、私の基準になってしまっています。思い入れもあります。歌手も当時のDECCAとして最上のラインナップで、今聴いても鮮明で鮮烈な印象を与える録音(オリジナルマスターテープは劣化がひどくて使い物にならないようです。CDクオリティであってもデジタル化されていて本当によかった)です。ところで、この録音には当時のオーディオ・チェックによく使われたという場面が2か所ありますが、それはどことどこでしょう?


イメージ 3

カール・ベーム
バイロイト祝祭管弦楽団

ヴォータン:テオ・アダム
フリッカ:アンネリース・ブルマイスター
フライア:アニヤ・シリア
ドンナー:ゲルト・ニーンシュテット
フロー:ヘルミン・エッサー
ローゲ:ヴォルフガング・ヴィントガッセン
アルベリヒ:グスタフ・ナイトリンガー
ミーメ:エルヴィン・ヴォールファールト
ファゾルト:マルッティ・タルヴェラ
ファフナー:クルト・ベーメ
エルダ:ヴィエラ・ソウクポヴァー
ヴォークリンデ:ドロテア・ジーベルト
ヴェルグンデ:ヘルガ・デルネシュ
フロースヒルデ:ルート・ヘッセ

1966年7月26日(ライヴ)
バイロイト祝祭劇場

ベームによる堅固で骨太のワーグナーです。歌手はいかにもこの時代のバイロイトという顔ぶれですが、栄光の1950年代を引きずっているようにも思えます。録音はよく言えばブレンドされた、悪く言えば分離が悪く聴こえ、せっかく用意された6台のハープも埋没してしまいます。「ニーベルングの指環」の名盤として必ず登場する録音ですが、楽しむ要素が少なく、あえて今れを選ばなくてもいいんじゃないかなと思っています。失礼!


イメージ 4

ヘルベルト・フォン・カラヤン
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 

ヴォータン:ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ
フリッカ:ジョゼフィン・ヴィージー
フライア:シモーネ・マンゲルスドルフ
ドンナー:ロバート・カーンズ
フロー:ドナルド・グローブ
ローゲ:ゲルハルト・シュトルツェ
アルベリヒ:ゾルターン・ケレメン
ミーメ:エルヴィン・ヴォールファールト
エルダ:オラリア・ドミンゲス
ファゾルト:マルッティ・タルヴェラ
ファフナー:カール・リッダーブッシュ
ヴォークリンデ:ヘレン・ドーナト
ヴェルグンデ:エッダ・モーザー
フロースヒルデ:アンナ・レイノルズ

1967年12月
ダーレム。イエス・キリスト教会

カルショーが世界初の「指環」全曲録音を行うにあたって当時ウィーン国立歌劇場の芸術監督であったカラヤンではなく、ショルティを指揮者に選んだというのはわかるような気がします。ショルティとだったらカルショーが理想とする「指環」を協同で制作することが可能でしょうが、カラヤンはプロデューサーの意見など意に介さなかったでしょう。この「指環」セットは私が二番目に購入したもので、指揮者によって、また歌手によってこんなに違うものかと驚かされたものです。最初は違和感がありましたが、聴きこむにつれ、こうでなくてはと思わざるを得ません。オーケストラの精妙な響きと圧倒的な迫力は他の追随を許さないものがあります。指揮者とオーケストラに関しては、ショルティ盤より好きかも。歌手陣はカラヤン好みの美声の持ち主ばかりですが、ディースカウのヴォータン、好き嫌いを通り越して、一聴の価値はあると思います。


イメージ 5

マレク・ヤノフスキ
シュターツカペレ・ドレスデン

ヴォータン:テオ・アダム
フリッカ:イヴォンヌ・ミントン
フライア:マリタ・ナピアー
ドンナー:カール・ハインツ・シュトリュツェク
フロー:エーベルハルト・ビュヒナー
ローゲ:ペーター・シュライアー
アルベリヒ:ジークムント・ニムスゲルン
ミーメ:クリスティアン・フォーゲル
ファーゾルト:ローラント・ブラハト
ファフナー:マッティ・サルミネン
エルダ:オルトルン・ヴェンケル
ヴォークリンデ:ルチア・ポップ
ヴェルグンデ:ウタ・プリエフ
フロースヒルデ:ハンナ・シュヴァルツ

1980年12月
ドレスデン、ルカ教会

「ニーベルングの指環」初のデジタル録音です。とにかく声楽陣が豪華。「ラインの黄金」以外でも、ジークフリートはルネ・コロ、ジークフリートはイェルザレム、ジークリンデはジェシー・ノーマンですし、シュライアーはローゲとミーメ(「ジークフリート」)を歌っています。そしてオーケストラはいぶし銀の響きのシュターツカペレ・ドレスデンで言うことなし、と言いたいところなのですが、録音がオーケストラの持ち味を引き出していないように感じられます。迫力不足なのは、指揮者のせいだけではないでしょう。ヤノフスキは録音で損をしていると思います。ヤノフスキは2012年にベルリン放送交響楽団と再録音をしています。


イメージ 6

ジェームズ・レヴァイン
メトロポリタン歌劇場管弦楽団

ヴォータン:ジェームズ・モリス
フリッカ:クリスタ・ルートヴィヒ
フライア:マリアン・ヘッガンダー
ドンナー:ジークフリート・ロレンツ
フロー:マーク・ベイカー
ローゲ:ジークフリート・イェルザレム
ミーメ:ハインツ・ツェドニク
アルベリヒ:エッケハルト・ヴラシハ
ファゾルト:クルト・モル
ファフナー:ヤン・ヘンデリック・ローターリンク
エルダ:ビルギッタ・スヴェンデン
ヴォークリンデ:ヘイキュング・ホング
ヴェルグンデ:ダイアン・ケスリング
フロースヒルデ:メレディス・パーソンズ

1988年4月。5月
ニューヨーク・マンハッタンセンター

オットー・シェンク演出のLDまたはDVDを観たという人はそこそこ多いのではないでしょうか。私も「ラインの黄金」だけ持っています。その映像とCDは同じ年代に制作されているのですが、一応別録音です。歌手も微妙に違います。この歌手陣で、Deutsche Grammophonがレヴァイン指揮メトロポリタン歌劇場管弦楽団で録音したのですから、期待を裏切るはずがありません。実際、名演だと思いますし、ファーストチョイスとしてもお薦めできるCDです。


イメージ 10

ベルナルト・ハイティンク
バイエルン放送交響楽団

ヴォータン:ジェイムズ・モリス
フリッカ:マルヤーナ・リポヴシェク
フライア:エヴァ・ヨハンソン
ドンナー:アンドレアス・シュミット
フロー:ペーター・ザイフェルト
ローゲ:ハインツ・ツェドニク
アルベリヒ:テオ・アダム
ミーメ:ペーター・ハーゲ
ファゾルト:ハンス・チャンマー
ファフナー:クルト・リドル
エルダ:ヤドヴィカ・ラッペ
ヴォークリンデ:ジュリー・カウフマン
ヴェルグンデ:シルヴィア・ヘルマン
フロースヒルデ:スーザン・クィットマイヤー

1988年11月
ミュンヘン、ヘルクレスザール

ハイティンク指揮の「タンホイザー」を絶賛しましたが、この「ラインの黄金」(というか「ニーベルングの指環」全曲)も素晴らしいです。ハイティンクの指揮による録音は、わが家にすごく少なくて、評判が良いと知って買ったCDも期待外れのCDも少なくないのですが、これは聴き終わった後にもう一度聴きたいと思える演奏でした。どういうところが?と問われると返事に窮してしまいますが、自然な音楽運びで、作為を感じさせないのに雄弁で効果的で、物足りなさを全く感じさせない演奏です。これはお薦めです。


イメージ 7

ヴォルフガング・サヴァリッシュ
バイエルン国立歌劇場管弦楽団

ヴォータン:ロバート・ヘイル
フリッカ:マルヤナ・リポヴシェク
フライア:ナンシー・グスタフソン
ドンナー:フローリアン・チェルニー
フロー:ヨゼフ・ホプファーヴィーザー
ローゲ:ロバート・ティアー
アルベリヒ:エッケハルト・ヴラシハ
ミーメ:ヘルムート・ハンプフ
ファゾルト:ヤン・ヘンドリク・ロータリング
ファフナー:クルト・モル
エルダ:ハンナ・シュヴァルツ
ヴォークリンデ:ジュリー・カウフマン
ヴェルグンデ:アンジェラ・マリア・ブラーシ
フロースヒルデ:ビルギット・カルム

1989年11月、12月(ライヴ)
ミュンヘン、バイエルン国立歌劇場

サヴァリッシュが残した録音のうち、最も多い作曲家はブラームスで、次がワーグナーとリヒャルト・シュトラウスのようです。ライヴですが「妖精」「恋愛禁制」「リエンツィ」の録音があるので、もしかしたらワーグナーの全オペラを録音した唯一の指揮者ということになるのでしょうか。ワーグナーを知り尽くしたサヴァリッシュですから、この「ラインの黄金」も期待を裏切らない名演です。ただ、この演奏でなくてはならない何かがあるのかと問われると困ってしまうのですが。


イメージ 8

シモーネ・ヤング
ハンブルク州立歌劇場管弦楽団

ヴォータン:ファルク・シュトルックマン
フリッカ:カーチャ・ピーヴェック
フライア:ヘレン・クォン
ドンナー:ヤン・ブッフヴァルト
フロー:ラディスワフ・エルグル
ローゲ:ペーター・ガイヤール
アルベリヒ:ヴォルフガング・コッホ
ミーメ:ユルゲン・ザッヒャー
ファーゾルト:ティグラン・マルティロシアン
ファーフナー:アレクサンドル・ツィムバリュク
エルダ:デボラ・ハンブル
ヴォークリンデ:ハ・ヤン・リー
ヴェルグンデ:ガブリエーレ・ロスマニト
フロースヒルデ:アン=ベス・ソルヴァング

2008年3月(ライヴ)
ハンブルク州立歌劇場

女性指揮者初の(そして今のところ最後の)「ニーベルングの指環」全曲録音です。ケチのつけようがない良い演奏だと思うのですが、他のCDを差し置いてこれを選ばなければならない理由はないように思います。「指環」を10セット所有するならその中のひとつにこのセットがあってもいいんじゃないかというぐらいでしょうか。いや、けして悪い演奏ではないですし、歌手もシュトルックマンやコッホなど素晴らしい人がいるのですが、立て続けに聴き比べたとき、指揮と管弦楽はこれぐらいできて当然のように思えてしまうのです。


イメージ 9

サー・サイモン・ラトル
バイエルン放送交響楽団

ヴォータン:ミヒャエル・フォレ
フリッカ:エリーザベト・クルマン
フライア:アネッテ・ダッシュ
ドンナー:クリスチャン・ヴァン・ホーン
フロー:ベンヤミン・ブルンス
ローゲ:ブルクハルト・ウルリヒ
アルベリヒ:トマス・コニエツニ
ミーメ:ヘルヴィヒ・ペコラーロ
ファゾルト:ピーター・ローズ
ファフナー:エリック・ハーフヴァーソン
エルダ:ヤニーナ・ベヒレ
ヴォークリンデ:ミレッラ・ハーゲン
ヴェルグンデ:シュテファニー・イラーニィ
フロースヒルデ:エーファ・フォーゲル

2015年4月24,25日(ライヴ)
ミュンヘン、ヘルクレスザール

最新の録音で「ラインの黄金」を聴いてみたいという人にはお薦めです。最近の歌手はあまり知らないのですが、ヴォータンのフォレを始めとして総じて良い人を揃えていると思います。不満があるとしたら指揮で、オーケストラを最良のバランスに保ち、全く破綻がないのですが、ラストなど、もう少し思い切って鳴らしてもよいのに、万事そつが無く、物足りなさを覚えます。優等生的なんです。今後神々は黄昏に向かうのだから、能天気な迫力は似つかわしくないということなのでしょうが。


この記事に

  • 顔アイコン

    ワグネリアンの友人に「ワルハラ城への入場」の場面をショルテイやらカラヤンので聴かされた覚えがあります
    カラヤンの叙情的な美しさが心に残っています
    ショルテイのでは金塊を積み上げる音、その質量感が印象に残りました
    私のワグナーはそれくらいです(^^ゞ

    パスピエ

    2017/6/17(土) 午後 4:26

    返信する
  • パスピエさん
    いろいろ考えたのですが、御友人が聴かせてくれたのは、ヴォータンとローゲが地底のニーベルハイムに降りていく場面で、18人の打楽器奏者が金床を打ち鳴らす箇所ではないでしょうか。私だったらそこを聴かせて、すごいだろ〜と自慢します!
    「ヴァルハラ城への神々の入城」は、4管編成のオーケストラならではの豪壮な音楽ですね。

    ハルコウ

    2017/6/17(土) 午後 10:43

    返信する
  • 顔アイコン

    この音楽はライヴで聴いてみて、ショルティのような音響効果に満ちた録音が最もふさわしいのではないかと思いました。能天気な迫力こそが本質なのです。もっとも、ワーグナーやストーリーのことは一切忘れて、音楽そのものとして聴くなら、やはりベームです。生活の中の音楽に遊びは必要ですが、人生の音楽には遊びのない愚直さを選びたいのです。

    [ yositaka ]

    2017/6/18(日) 午前 10:51

    返信する
  • yositakaさん
    ラストの迫力はショルティ盤が随一かもしれません。コーダはワインで酔っ払ったウィーン・フィルが演奏しているとは思えない出来です。あと、オーケストラを聴くのであればカラヤン盤を取り出すことが多いです。歌手を聴きたい場合は、録音が古いのをがまんしてクラウス盤ですが、総合的には(評論家のうけは今一つですが)ハイティンク盤が優れているのではないかと思っています。

    ハルコウ

    2017/6/18(日) 午後 1:26

    返信する
  • 顔アイコン

    ラインゴールドだけ鑑賞の習慣がないけれど、誰かに推薦するとしたらショルティ盤でしょうか。ただ黄昏まで聴くことを条件にするかもしれません。この録音でNGだったらワーグナー好きになれないと思うのです。デッカの録音演出は少し耳に煩い印象はあります。ちなみに僕が最初に買ったのはベーム盤です。
    ※サヴァリッシュのプロダクションは現地で鑑賞しました。ただウォータンはボド・ブリンクマンで調子が悪く凄いブーイングでした。個人的にはサヴァリッシュあんまり好きじゃないです。
    ヤノフスキ盤はおかしな録音に感じています。実演でありえない響きに思え(特にライン)苦手です。また歌手のやる気を引き出していないというか、楽譜を読みながら歌っている姿が見えてくるよう。
    後の作品だけれど、コロの手抜きには笑ってしまいます。
    ヤノフスキが近年録音しなおしたりバイロイト出演等は、人生に未練を残したくない気持ちと想像していますが、リングに関しては基本同じ表現に感じます。歌手の扱いは見事ですが。そういえば上野春の音楽祭で地下に行くところテープではなく打楽器奏者インパクトのある実演でした。

    [ JH ]

    2017/6/21(水) 午前 0:36

    返信する
  • 顔アイコン

    ラトル盤は聴いていませんが、この人のオペラはシンフォニックな印象が強くてちょっと苦手です。

    最近の演奏ではやっぱりペトレンコ&バイロイトかと思います。たぶんDVD化されるはずですが。

    シモーネ・ヤングは実演で聴きたい人。(二期会とかじゃなくて)来年バイエルンでヤナーチェクのプレミエがあるのでチェックしています。でもお金がないです。

    [ JH ]

    2017/6/21(水) 午前 0:50

    返信する
  • JHさん
    コメントありがとうございます。仕事がとても忙しくて自分の時間がほとんどありません。一日の終りにジョン・カルショーの「リング・リザウンディング」を読んで、眠くなったら寝ています。それではどうやって聴き比べをしているかというと、電車での移動中にスマホ(Xperia)のWalkmanで聴いているのです。だから録音の良し悪し判断は、ちょっと自信がないのです。カルショーは「歌手が下手でも指揮が良ければ聴けるが、その逆はありえない」というようなことを書いていたと思いますが、私はその逆で、歌手が良くないと聴くのがつらくなります。
    「ラインの黄金」はヴォータン、ローゲ、アルベリヒの男声3人が良ければそれで良しみたいなところがあって、聴くに堪えないようなCDは少ないのですが、「ワルキューレ」になるとジークムント、ジークリンデ、フンディング、ヴォータン、ブリュンヒルデの5人になるからハードルが高くなります。なかなか満足させてくれる録音がありません。今日聴いた中では、歌手はともかくてシモーネ・ヤングの指揮に新しい発見があり、抒情的な部分の歌わせ方など他の指揮者にない特長があって面白かったです。

    ハルコウ

    2017/6/22(木) 午後 11:00

    返信する
  • キリル・ペトレンコ(ヴァシリー・ペトレンコもいるので紛らわしいです)&バイロイトはDVD化されるのでしょうか。発売されたら是非聴いてみたいと思います。DVDだから観る時間がないかもしれませんが……。

    ハルコウ

    2017/6/22(木) 午後 11:01

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    ラインの黄金は何年か前に見ました。でも、あまり印象がないんですね。オペラを見ると目のほうに神経が行ってしまって耳で聞く音楽のほうがおろそかになる気がします。
    たくさんCDがあるんですね。6のレヴァインの演奏は聞いたことがあります。このラインナップだと、5番の演奏が聴きたいですね。

    ぺんちゃん

    2017/6/24(土) 午前 0:38

    返信する
  • ペンちゃんさん
    「ラインの黄金」の個人的な聴きどころは、ラスト近くの、ドンナーがハンマーを振り回して霧だか靄だか霞だかを集め、ハンマーの一撃とともに雷が落ち、フローが虹の橋を渡し、ヴォータンが「太陽は夕暮れの光を送り、城は壮麗に光輝いている」と歌い出すところから終りまででしょうか。ドンナーの歌がカッコイイです。このような箇所はショルティ盤もよいですが、カラヤンが実に効果的な演奏を聴かせてくれます。ハイティンク盤もお薦めなのですが、あまり褒めている人がいないのです……。

    ハルコウ

    2017/6/24(土) 午後 7:18

    返信する
  • 顔アイコン

    http://www.ndr.de/ndrkultur/Wagners-Rheingold-in-der-Elbphilharmonie,audio325684.html
    あんまり興味ないかもしれませんが、ヤノフスキ&NDR1ヶ月前のラインゴールドです。
    最近人気のダニエレ・ベーレがローゲを歌っていることに注目が集まっているようです。
    この人は秋のバイエルン来日公演で魔笛のタミーノの予定です。
    僕は昨年カプリッチョの作曲家役で初めて聴き、期待していたのに裏切られた気持ちになりましたが、ローゲわりと良いのです。
    ドンナーのハンマーは加工のない「カ〜ン!」だから期待しないでください。

    ライヴ音源のワーグナーは全部聴く努力しています。

    [ JH ]

    2017/6/27(火) 午前 0:09

    返信する
  • JHさん、こんばんは。
    先日、貴ブログでご紹介されていた『指環』は聴いたのですが、今回貼り付けていただいたものはなかなか『ラインの黄金』にたどりつけません。普段、ネットラジオに親しんでいないと、どうもまごついてしまいます。私が知っている人も、せっせとネットラジオを留守録していますが、それらを一体いつ聴くのだろうと思ってしまいます。
    パソコンにSONYの小さなスピーカーをつないで聴いていますが、なかなかいいもんですね。情報量はこれぐらいがちょうどいいのでしょう。

    ハルコウ

    2017/6/28(水) 午後 9:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事