その日に感じたこと心に響いた事&めも

元始女性は太陽であった。この言葉がだーい好き

時の話題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

天皇、皇后両陛下




2016年1月27日(日曜日)

天皇皇后両陛下がフィリッピンをご訪問になった。


義父が戦死したところ、夫は2014年3月に戦没者慰霊団でお参りに行きました
       ↓
イメージ 1


「大戦を 忘れては ならない」

この言葉を何度も何度も反芻するだけでなく実践していらっしゃる事に敬意を覚えます。

イメージ 2


天皇陛下の思いを込めたこの文章を見て改めて尊敬の念を抱きました。

「フィリッピンの歴史を学び心から発した戦争の愚かさを悔やみ
その傷の深さを思い二度とこのような事が起きないよう心に留め
なければならない」

政治に口出しを出来ない立場、文章を作成するにはとても大変であったでしょう。

でも国民のだれよりも

過去の戦争を心にとどめ平和を願い続けているように思える

 のは私だけではないような気がます。




2月4日の新聞に

イメージ 3


「真の平和の均衡は、対話によって実現する」

この方も今までにない精力的な活動で平和の構築に積極的にかかわっている

本来政治家が主導して平和が保たれるのかと思っていた。

あにはからんや地道に平和を目指しておられる方は政治家ではなかった。

政治に失望していたが思はぬところで救われた思いです。


イメージ 4





   5つの惑星が1つの空に見えるんですって  

月の20日くらいから2月20位の夜明け前、

日の出の45分前に見えるそうです



東南の空に輝く金星・・・一番明るい星
(6時30分頃はまだ見えるので毎朝見ています。と言うかこの時間には金星しか見えません)

南西の空に輝く木星・・・二番目に明るい星
(6時頃ならみられます)

金星と木星の間にある赤い星が火星です。

火星と金星の間にある土星

東から上がってくる太陽と金星の間に水星があるそうです。

太陽の光があるし地平線に近いので見られない事が多いようです。

金星と木星はこのところ毎朝見ているのですがさっそく火星と土星探してみよっと。


イメージ 1



                             



このサイトで確認してね。







22日5時50分
金星、木星、火星は見られたけど、土星は解らなかったまた明日のお楽しみ。


雪だ!雪だ!


18日

耳を澄ませるが何も聞こえてこない。

床の上での体操を30分ほどで済ませそっと障子を開けてみた。

午前五時45分、普段ならうっすら明るくなる時間、盛んに雪が降っている

イメージ 1

今日は音訳の勉強会。

ラジオに耳を澄ませるとJRの運行状況が聞こえてきた。

全面運休ではないが間引かれている様子。

大田区からいらっしゃる先生は無理だろうな〜

私も車で行くのは無理、電車は間引かれているとはいえ普段でさえ1時間に2〜3本

とすると止めておいたほうが良さそう。



夜はプール。

相棒のふ〜ちゃんから電話で風邪ひいているので明日は休むと連絡あり。

私も咳がひどくなってきて痰がしつこく絡む。

鼻水が・・・・まさしく風邪の様だ。

大人しく休養するようにと神様のお告げかな〜

ってオールサンデーの我が身、誰のお告げがなくても休んでいるのにね。

一丁前に高らかに やすみまーす。


今ラジオから全線運休のお知らせが聞こえました

雪に弱い関東地方です。


運行状況確認したらまかっか皆運転見合わせ





初春の香り


15日の早朝電話があった。

今日の午後お時間あったらお茶にいらっしゃいませんか?

午後は空いていますので伺います。

では2時お待ちしています。


昼寝を終えてご近所のお茶の先生宅に行く。

とはいっても習っているわけではないのでお作法は解っていない。

子供のPTA仲間のよしみで声をかけてくれる。

何人か見えているかなと思ったら皆さん先約があり終わったら来るとの事。

今日の今日なので早々都合が合う方ばかりではないわね。

昨日初釜が終わってほっとしたところなの、まだ塗り物の器が広げてあるけどごめんなさい。


さっそくお席に着き お点前を始めて下さる

私一人の為に・・・・・もうしわけないような・・・・

イメージ 1

お菓子をどうぞ、初釜に頼んだお菓子は昨日で使い切ってしまい別物ですがと可愛い

お懐紙を添えて下さった。

久し振りの練り切り、美味しいわ。

ひゃ〜〜お抹茶をあんなにいれて〜

お濃茶だった。

イメージ 2

赤楽に金の器如何にもお正月らしい。

ちょっと苦手、と思ったが戴くと口の中にふわ〜と香りが広がり心持甘いとろりとしたお茶が

意外と心地よい。

美味しいわ〜。

み口飲んでね。

濡れた御懐紙を添えて下さった。

御相伴と言って彼女が隣に来た。

本当は金銀のかさねの島台の器を使うのだけど今日はこれで

棚や水差し、棗など目についた素敵なものの話をしているうちにひとり、そしてまた一人来た。

イメージ 4


こんどは御薄を入れて下さる。

お菓子もちょっとかわいい珍しい物が盛り合わせてあった。

お菓子のいわれや出どころ、器の事、蓋置がサルが三匹で可愛いとかなどなど

いろいろ質問攻め。

三人ともお作法は来るたびに聞くけどその都度忘れる。

年に一二度こんな風にお茶を頂けるのはありがたい。

素敵な床の間を拝見するとあ〜あ新年なのねって思える。

我が家とは大違い。(床の間無)
イメージ 3

左側に柳があったのだけれども今日初釜のお席を持つ友人の所に回ったの。

太いつややかな炭が三つ束ねられ、お米の穂がったっぷり金銀の水引で結んである。

掛け軸も蓬莱の文字がしっくり柔らかい感じが心地よい。

あら〜、どんど焼きのお餅?

そうなの孫たちに作ったのを分けてくれたので柳の代わりにおいてみたわ。

体調の事、老後の事、結局は健康が一番ありがたいと言う話で落着。

「お互いに元気で居られるよう気を付けましょうね」でお開きになりました。



何だかこれで初春を味わった気がします

一番年増の私、頑張らなければね。


ごちそうさまでした。





夫婦同姓・・・合憲


夫の姓を名乗るのが当たり前の時代に結婚。

深く考えもしなかった。

しかし呼ばれても自分とは気が付かなかったりしばらくは緊張した。

生活して行くにつけ???と思うことが・・・。

同性の合意によって結婚したのだが名乗ったほうに合わせると言うか同化するように

仕向けられているのだと気付いたのはかなりたってからだった。

ほぞをかんだがもう遅い。

あ〜あもっと早く気が付いていたらなあ〜


                         

イメージ 1

あれからウン十年、いま世の中で活躍している女性も多い

通称と言う形で使っているようだがいろいろ不便も多いと思う。

本当に同等なら両方の姓ではなく新たな姓にして戸籍を作ったらよいのにと思う。

男性で改姓した人の声を聴くとやはりつらい物が有るようだ。
(改姓した方がつらい思いが多いのは確かなこと、それが理解できると少しは良いかな)

最高裁の「社会に定着している」と言う理由はおかしい

だって憲法に書いてあるから定着しているのであってそれに疑問を感じる人がいるから

裁判に訴えている。
(明治民法で決めたが戸主は長男と定められ必然的に男性の姓を名のる様になっている。)


国会で議論するようにっていうけれども法制審議会から1996年に選択的夫婦別姓

を盛り込んだ民法改正案を提示されている。

さらに国連の女性差別撤廃委員会も2003年以降、繰り返し法改正を勧告してきた。

にもかかわらず放置しているから裁判に訴えた。

だのに「裁判所が積極的に評価するのは難しい」というのは・・・・・

逃げている?のかな〜

これを機会にどんどん議論をして不利益を受けている側に立ってみてほしい。

多様な道がある様な気がする。

これでなければいけないと縛らなければならないものなのか・・・・・・

奥が深い問題だ。

イメージ 2



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事