ゆうともかず日記

かわいいYu&Ton&Kazuのはちゃめちゃ日々

全体表示

[ リスト ]

小豆島旅行4扱

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

小豆島旅行二日目
朝からホテルの朝食バイキングでビールを飲むじいさんを後目に
義兄と観光コースの確認。

まずは大観音様。
入場料500円で大観音様の中のエレベータで上まで行けるらしいが今回はおあずけ。
時間もないので駐車場から撮影会だけしてお猿の国へ。

子供達が一番楽しみにしていたお猿の国
(Tonは動物園だと思っていたらしく、「象さん見る!!」と叫んでいた)

モンキーショーも猿まわしによるちゃんとしたショーで楽しむ。
山にはウヨウヨと猿さるサル。

こっちが檻に入って餌をあげる。
子供達は最初は怖がっていたが、だんだん慣れて小さいサルを狙って餌をあげるが
母猿やボス猿に9割取られる。

そんな時、先ほどの猿まわしがやってきて、
「えさもあげれますので是非やってください。
 怖い人はご寄附だけでもけっこうです。」

ここの猿は観光客のくれる餌だけで生きているのだろうか??


次は今回一番の見所、寒懸峡。
一年の中で一番いい時。
ロープウェイにのって下りながら見る景色は最高!!

どこを見てもすばらしい景色。
小豆島に来た事のない母にこの景色が見せてあげられたことにも大満足。

ロープウェイから降り、義兄と主人の車を待つ間、
Yuは木登りを楽しみ、
父は紅葉の中でパチリッ
紅葉狩りにも最高の場所だった。

佃煮屋さんでお土産をいっぱい買って
地元では有名なうどん屋さんでお昼を食べて
最後に孔雀園へ

間近に孔雀たちがいる。
でもこの時期は寒くて羽根は広げないらしい。

と聞いていたのに園を出る直前一羽の孔雀が羽根を広げた。

誰も写真を撮ることができなかったけど、
みんな見ることができた。(^^)v


そして後は帰るだけ。
ぎりぎりの所でフェリーに乗れず、
土庄港の「平和の群像」という大石先生と12人の児童たちの銅像を最後に観光。

フェリーの中では足浴があったので、最後に疲れを取ろうと入ってみることに。
しかし、Tonがズボンのまま入るし、Yuが暴れて私のズボンを濡らすし
疲れを取るどころか疲れ倍増。

今回の旅行はかなり好き放題できて、
とっても楽しい旅行だった。
父は「毎年するで!」と言っていた。
この旅行が楽しかったということだ。

母も「ありがとう、ありがとう」と何度も言っていた。

三姉妹からのプレゼントで私たちも楽しんでしまったが、
とにかく喜んでもらえたことに満足した。
みんな元気で次の旅行ができたら最高だな。

次は二番目の姉家族も一緒に。

母の還暦祝い・小豆島旅行、完結。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事