ここから本文です
新潟ジョギング隊員3号!(今日も7分/kmで走ります)
やすらぎ堤を拠点とする50代初心者ランナーのジョグ日記

書庫全体表示

(※H29.4.16写真を追加しました。)

 いきなりローカルネタですが、長年新潟市で暮らし変わったと思う場所が3か所あります。①新潟駅南。田んぼが驚異の発展。②小針十字路。母校区涙の衰退。そして、今回ご紹介する③万代橋周辺の信濃川右岸です。

イメージ 3
※より詳しい地図はこちらからどうぞ

 実はこのエリア、40年程前まで市民が皆知る大人の社交場があって、子供は近づけない荒廃したイメージが有りました。私も同様!

 それが今や、市民の憧れる信濃川隣接高級高層マンション地帯!国交省さん、よくぞこのロケーション作ってくれました。市民は皆感謝しています(^^)。

 今回そんな右岸の中で、最も華やか柳都大橋〜昭和大橋間をご紹介します。なお、各橋の細かい紹介は左岸側のブログに記載しましたので参考にしていただけばと!

イメージ 4
【昔の殺風景がウソのような万代島周辺。変われば変わる・・・ですネ。】

イメージ 5
【柳都大橋右岸広場。アップに最適です!写真上が上流になります。】

イメージ 29
【そんな広場は上から見るとこんな感じ!(新潟日報さんメディアシップより)】

 50mほど走ると一気に視界が開けます。平成28年のGWに完成した万代島緑地です。やすらぎ堤は堤防なので基本傾斜が有りますが、ここは貴重な平らな広場。その為、何だか色々使われます。

 以前地元で開催した芸術祭作品が展示してありました。残念ながらその後撤去されたのですが、H28.4のG8農業大臣会合開催に合わせて、新たに「NIIGATA」のオブジェ?が設置されています

 またブラタモリの新潟特集でオープニングの場所に使われたり、NGT48のメジャーデビューシングルのPVで、結構この広場が登場したり。今や新潟市を代表するホットポントになってます。

イメージ 11
【真っ直ぐ進むと万代橋です。右側が万代島緑地。】

イメージ 12【ここは広い!。右は信濃川なので上空空間がとにかく広大!】

イメージ 6
【近くで見ると小林まことさん(新潟市出身)のマイケルがいます。】

イメージ 21
【広場にはやすらぎ堤では貴重な日陰(屋根)付きベンチが有ります。】

イメージ 15
【広場からは万代橋の全景が見えてきます。シルエット美しい〜。空広〜い。】

イメージ 2
【毎回芸術祭に参加してくれる台湾の王(わん)さんの作品。(現在撤去済み)】

イメージ 1
【内部はこんな感じ。テーマは「新潟の未来」。王さん最高です!次回作品に期待!】

イメージ 46
【最近ジョグ中のやすらぎ堤でPV撮影?を見かけることが多くなりました。(H29.4。やすらぎ堤某所。】

 さて、先に進みましょう。左手にマンション群が見えて来ますが、高層マンションはこちら右岸側にしかないことに気づくと思います。これは、建築基準法の高さ制限に関係するようです。

 現在右岸側も景観に配慮して50mの高さ制限を受けるようですが、川幅広い信濃川の向こうに高層建築って、結構絵にはなっているんですよネ。まあ、昔はここも倉庫街のような場所でしたので、贅沢な悩みかも?

 この付近は晴れていると、左右前後も上空もすごく視界が開けて気持ちのいい区間です。万代橋が正面に見える景観もかなり美しい!ついついペースアップしがちですが、マイペースマイペース(^^)。

イメージ 13
【広場左の目立つ建物は結婚式場。花火(本物)を打ち上げてくれます。】

イメージ 14
【マンション群が近づいてきたら万代橋はもう間近。】

イメージ 16
【余談ですが、昔昭和40年までこの道路は鉄道でSLが橋を潜っていた・・・信じられません。】

 さて、万代橋の下を潜りましょう。もし、ここから万代橋に渡って周回コースを走るなら横断歩道を進みましょう。渡ると正面に階段があります。この階段を上ると万代橋上にでることができます。

 なお、この横断歩道は非常に交通量が多いので、渡る時には十分注意してください。ここまで、柳都大橋から万代橋間、約430mのコースとなります。

イメージ 17
【万代橋を潜ります。写真と違い昼も夜も明るいです。】

イメージ 18
【万代橋を出たところ。真っ直ぐ進むとやすらぎ堤に繋がります。

イメージ 8
【横断歩道を渡り正面の通路?を進むと、万代橋に上がる階段が有ります。】

イメージ 19
【階段を上がるとそこは万代橋。空が広くて開放的です。】

イメージ 40【GW前後ならチューリップが橋を飾ります。これ、すごく綺麗です。

 先へ進みましょう。ここから先は快適なrunコース。左手に高層マンションを見ながら、堤防上の歩道を一直線に進みます。この万代橋から本川大橋までの5km区間が本来のやすらぎ堤となります。

 そして、この辺りはやすらぎ堤で一番華やかな区間。すぐ隣接地が万代シティと言って市内一の繁華街な為。いつも多くの買い物客や学生で賑わっています。譲り合いで楽しく走りましょう(^^)。

 また近年、この区間のやすらぎ堤(右岸)に多くのカフェが夏場に出店します。これが結構いい雰囲気なのです。現金持って走れば、終わりに川辺でビールのご褒美!なんてことも可能です。(自己責任でネ)

イメージ 41
【全景で見るとこんな感じ。マンション近くて賑やかです。】

イメージ 20
【万代橋を潜ってすぐの階段を上ると万代橋が良く見えます。】

イメージ 22
【こんな感じで見えます。ちなみに、対岸の白いビルはオークラホテル新潟。大倉喜八郎さんは、新潟県新発田市(新潟市のお隣)出身です。】

イメージ 9
【ここら辺は石畳(風)。真っ直ぐ進みましょう。】

イメージ 7
【この付近、春はチューリップがとても綺麗。】

イメージ 38
【時間帯が良いと夕日も綺麗です。て言うか感動ものです。】

イメージ 42
【この辺カモメがよく佇んでいます。鴨と違って結構人間を恐れません。】

イメージ 24
【しばらく行くと、いつものソフト舗装になります。足にやさしいやすらぎ堤です。先へドンドン進みましょう。】

イメージ 43
【夏になるとカフェ地帯になりで多くの方が訪れます。】

イメージ 10
【カフェもエリアでテーマが異なり、ここはキャンプだそうです。(泊まれません。バーベキューです。)】

イメージ 23
【一部は昼も営業しています。当然run中にもビール飲めます。自己責任で!】

 さて、進みましょう。八千代橋の手前でガラス張りの建物が見えます。お台場のフジ本社を少しリスペクトしたらしい地元のテレビ局です。ここを過ぎると、市民はグッと少なくなって走りやすくなります。

 このテレビ局を過ぎると、目の前が八千代橋になります。万代橋から八千代橋までは約630m、柳都大橋からは丁度約1kmになります。


イメージ 44
【この付近から見える対岸の桜が結構綺麗だったりします。】

イメージ 25【とても目立つ地元テレビ局。この柱付近がお台場を意識・・・らしい。】

イメージ 26
【テレビ局脇の八千代橋にアプローチするEV。バリアフリーです。】

イメージ 27
【八千代橋より先に行くには階段右を通過します。現地に行けば迷うことはありませんのでご安心を!】

イメージ 28
【八千代橋通過後は一時的に道が狭くなりますのでご注意を。】

 八千代橋を過ぎると、道が二手に分かれます。やすらぎ堤は右のコースとなります。私たちは右へ進みましょう。左のコースは隣接市道にでるための側道(※本ブログでは便宜上「下ルート」)です。

 ちなみに、こちら右岸側も左岸側道と同じく、道幅は細いですが一直線でフラット。アップダウンが無い分、少し上より走りやすいかもしれません。なお、私は楽しさ第一なので見晴らしの良い上コースを走っています。

イメージ 30
【八千代橋通過すると道が分かれます。私たちは右側を先に進みます。】

イメージ 47
【右岸も下ルートはフラット一直線。見晴らし求めるなら上ルート一択です。】

イメージ 31
【八千代橋を通過してすぐ右側上にほとんど気付かない素晴らしく綺麗なトイレがあります。】

 やすらぎ堤の上の歩道に出ました。ここから昭和大橋までは左手の風景も住宅地になり、前後左右一気に視界が開けて気持ちのよい区間となります。マンションも少ないので人も少ない場所です。走りやすいです。

 ところでこの区間には、八千代橋を過ぎて200m位の場所に、超長いベンチがあります。いつも走りながら、「なぜ長い?」と思うのですが答えは見えません。まあ、楽しければいいのではないでしょうか。

イメージ 32
【この付近は人も少なく走りに集中できるかも。正面が噂の長〜いベンチ。】

イメージ 45
【中心部から離れたせいかよく風が通る場所です。夏も風が心地よいです。】

 正面に昭和大橋が見えてきました。この橋の右岸側には、やすらぎ堤に直接アプローチする階段・スロープがなかったのですが、H29.3までに上下流側ともに完成しました。とても便利になりました。

 柳都大橋からこの昭和大橋を渡って戻ると、丁度何かと区切りのいい4km周回コースになります。このアプローチをうまく使って、周回コースを楽しんでください。

イメージ 33
【右岸は左岸と比べて集合住宅が少ない為か人も少なめ。逆に走りやすいと思います。】

イメージ 36
【昭和大橋です。先に行く場合はこの細い歩道を進みます。】

イメージ 39
【周回する場合はアプローチする橋を使いましょう。直接橋とやすらぎ堤を行き来できます。】

イメージ 34
【昭和大橋の橋上。目の前のガラス壁は新潟市芸術文化会館です。】

イメージ 35
【銘板のとおり5月に竣工し6月の新潟地震で落橋しちゃいました。もちろん今は安全です。市内の大動脈です。】

イメージ 37
【昭和大橋から見たやすらぎ堤右岸側、八千代橋〜昭和大橋区間。走りやすいフラットなコースです。】

 やすらぎ堤の右岸側は左岸側より後で作られました。緑はまだまだ成長過程で(予算の都合か)コースもほぼ一直線。逆に、runには大変好都合な区間とも言えます。

 八千代橋から約670m、柳都大橋から約1,700m。私の走りだと、ここら辺からいよいよ調子がでてくる昭和大橋なのです。 おわり

--------------------------------------------------------------------------------------
【他のコース案内ページです(^^)】

★☆やすらぎ堤ジョギング案内《左岸編》☆★

(その1)柳都大橋[右岸]〜万代橋[左岸]:「実はやすらぎ堤ではない!」

(その2)万代橋[左岸]〜昭和大橋[左岸]:「観光ポスターのド定番!」

(その3)昭和大橋[左岸]〜千歳大橋[左岸]:「芸術すぎませんか・・・」

(その4)千歳大橋[左岸]〜本川大橋[左岸]「柳都大橋からあまりに区切りが良すぎる丁度5km」

(その6)昭和大橋[右岸]〜本川大橋[右岸]:当面暫定版:「手つかずルートでも大事な仲間!」

(番外編)夏は夜!やすらぎ堤は夜RUNも最高の巻[暫定]

★☆やすらぎ堤ジョギング案内《おまけ編》☆★

唯一無二のロケーション!「私・・・こんなこと想っています(^^)」

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事