避難場所

…のつもりで始めたこちらのblogのほうが、前のblogを凌駕しメインになりつつある…

全体表示

[ リスト ]

先日「キューティーハニー」をDVDで観ました。
庵野秀明監督による実写映画版です。

少し前に「式日」を観たばかりの私。庵野監督づいてますなぁ。
言い換えれば庵野監督の未見作品が一気に減ってしまったわけで…。
もうすぐ禁断症状が出るかも。

さて、「ハニー」ですが…
観る前の先入観(笑)といたしましては
いわゆる「ハニメーション」(※)という特殊撮影を
たくさん楽しめるのかな…と思っていたのですが、これに該当するのは
ほんの数シーンでした。

が、まず映像が楽しい!ということは言えると思います。
まずアニメがここぞというところで使われていたが良かったですね。
(特にオープニングは楽しかった!)

あと、映像技術の名称がわからないのですが
(1)悪役の子分ども(黒服。多数!)が空高く吹っ飛ばされていくところ
(2)東京タワーが螺旋状のものによってせり上がっていくところ、
及びそれに前後して現れる黒煙(黒雲?)の映像
が良かったと思います。

主人公の佐藤江梨子については、私はハニー状態(笑)の時よりも
おとぼけOL姿を見ている方が楽しかったし、彼女に合ってると思いました。
(あと、付け加えるなら、お肌の露出がすごいなぁ、と…
下着姿で柔軟体操…うわぁ!)

秋夏子役の市川実日子も頑張っていたと思います。
でも冷たいエリート役をやるには、ちょっと若くてかわいすぎるかも…。

上記2人の友情ものでもあるのですね、この映画は。

秋夏子の部下(特に若い方)とか、悪役の執事(かな?)役とかの描写に
庵野監督らしくないのでは…と思えるほどの優しさを感じました。

さ〜て、そんなわけで次は「Re:キューティーハニー」でも観ようかしらん。

(※)ハニメーション
「アニメーションのセル画制作と同様に、最初に1コマずつの絵コンテを並べ、
それに合わせたポーズを俳優が演じ、コマ撮りしたフィルムを並べて
アニメでも単なる実写でもない映像を作り出すというもの。」
この説明は下記記事より引用しました。
http://ascii24.com/news/i/topi/article/2003/10/23/646523-000.html?geta

閉じる コメント(1)

顔アイコン

こんにちは。トラバどうもです(^^) この映画なかなか面白かったです。アニメの実写は見るとき勇気がいりますけどこれはOKでした!

2005/11/26(土) 午前 11:53 [ らく ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事