《 南国便り 》 ミクロネシア・チューク(トラック)諸島

南の島の暮らしと自然、出来事など、盛りだくさんの情報をお届けしますhttp://www.trukoceanservice.com

チューク諸島・南の島の写真館

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

長さ1〜2cmにも満たない小さな貝たち・・・。

体は小さくとも、その美しさは大きな貝たちに比べても勝るとも劣らない・・・。

今日もまたそんな貝たちの魅力を存分にお楽しみください。

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

南の島・・・。

サンゴ礁と白い砂浜・・・。

この言葉から連想するものは、、、そう、きれいな、かわいい貝殻たち・・・。

チュークの無人島の浜辺を歩いていると様々な貝達に出会う。

私の家のリビングにも、チュークの海で出会った美しい貝達がそこかしこでその美を競い合っている。

大きさが30センチもある大きなものから、1センチにも満たない小さなものまで、、、。

様々な貝達が自分の美と存在を主張している。

今日は、そんな貝達の中から、普段は目に触れることも少ない、小さな小さな貝達を紹介しよう。

この記事に

開く コメント(1)

名も知らぬ南国の花々

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

チューク諸島は火山島で、小さいながらも土地は肥えていて雨量や太陽にも恵まれ、変化に富んだ植物相を形成している。

とりわけ、南の島を艶やかに彩る花々は、正に南国の華と言えそうだ。
ハイビスカスやプルメリア、ブーゲンビリアや南洋桜、などと言ったメジャーな花々が目立つ中で、特異な形をした花や小さな花など、名前も知らない花々も、道端やジャングルの中でそれぞれに存在感を誇示している。

今日は、そんな、名前も知られていない南国の花々をご紹介しよう。

先月、親友の倉田が30年ぶりにやって来て、花や植物にとても詳しい、山ガール達を連れてきた。
日本では見られない珍しい草花を見れるとあって、早くも第2陣が控えているそうだ。

これまでは、“名前も知らない花達”と云う事で済ませてきたが、
倉田の『末永、花の勉強をしておけよ!!』と云う1言で、
そんなロマンチックな気分に浸っているわけにはいかなくなってきた。

花や植物に詳しい方、是非、ご教授を!!

この記事に

開く コメント(4)

小さな貝たち

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

貝と聞けば、あでやかな自然の造形美が頭に浮かぶ。

大きな貝の影に隠れがちな、小さな小さな貝たち・・・。

それぞれに一生懸命、自分の存在をアピールしている。

小さいものは1センチにも満たない・・・。

小さくても個性豊かなその美しさは、十分に存在感を感じさせてくれる。

・・・ちなみに、プロフィールの貝の写真は『トンボガイ』たち・・・

海に浮きそうなくらいに薄くて軽い、清楚な貝だ。
私の大好きな貝の1つでもある。

先月から毎週、プロフィールの欄に貝たちをご紹介している。
当初は1ヶ月だけのつもりだった貝の写真も、毎週更新しているうちに、
他の貝たちも次々と出番を待っているかのように語りかけてくる・・・。

もうしばらく彼女たちの笑顔と付き合って頂きたい・・・。

この記事に

開く コメント(8)

南の島の暮らし

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

チューク諸島の大部分の島々では、まだまだ伝統的な自給自足の生活が主流を占めている。
食べ物だけでなく、広く彼等の生活すべてに、自然と一体になった暮らしが営まれている。

今日はそんな島人たちの自然な暮らしぶりをご紹介しよう。

この記事に

開く コメント(2)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事