ぽこ&けんいち通信

けんいちは中南米ツーリングから2016年2月に戻りました。ホームページぽこけんpocoken.comのブログも見てね

全体表示

[ リスト ]

 ちょっと間が空いてしまいましたが、震災から3年間のペットレスキューについて振り返って書いた、「いぬのきもちねこのきもち」WEB版での記事を原文のまま載せています(WEB版では短くなっています)
 
 
2011年12月、ペットレスキュー目的の公益立ち入りが認められる
 
イメージ 9
警戒区域に置いていったドッグフード缶詰
 
 2011年秋ころから、被災住民のうち、事業主などは仕事で必要なものを取りに戻るという理由で、20㎞圏内への公益立ち入りができるようになった。一般の一時帰宅でも車での立ち入りが認められ、ペットも持ち出しOKになった。
 
 そうして2011年12月には、ようやくペットレスキュー目的での動物愛護団体の公益立ち入りも認められて、16団体が20㎞圏内へレスキューに入った。私も2つの団体の枠で許可をもらい、合計8日間活動した。
 
イメージ 12
▲何度もUPしているこの写真も、公益レスキュー時のもの。堂々とレスキューできたので道路の真ん中で捕獲器を使っています。他の公益や一時帰宅時ではこんなに大っぴらに活動できません。
イメージ 5
▲浪江町で給餌中。ここは現在も帰還困難区域
イメージ 3
▲内臓を食べられた放浪牛の死骸。仲間を悼むように他の牛が見守っていた
 
 ただし、正々堂々とレスキュー活動できたのはこのときだけで、某大手団体が違反行為のTV取材班を同行させたことが判明し、以後は中止となってしまった(あくまで噂なので真相は不明)。この公益ペットレスキューが継続されていれば状況はかなり違っていたのに、本当に残念で仕方がない。この大手団体は1年以内に福島から手を引いている。

 ほかにも寄付金目的のパフォーマンスで福島の活動をしたり、20㎞圏内をまったく知らずに参加、ただ単に入ったという事実を作っただけの団体もあったようだ。「フクシマの被災犬猫」というだけで注目を集めるからだ。
 
イメージ 1
▲JR双葉町駅前通りにあるアーチ。今となっては皮肉すぎるスローガン

 
 2012年になると、警戒区域の住民の協力のもと、公益立ち入りという名目で20km圏内に入れるようになった。住民の一時帰宅に同行してペットを探したり、給餌をするのもそれまでに比べれば格段にやりやすくなった。
 
 このころは20km圏内にはまだ餓死を逃がれ自由に放浪する牛がたくさんいたが、一時帰宅者や作業者の車との衝突事故や民家を荒らすなどの理由で、その多くは持ち主の同意のもとで殺処分されてしまった。そんな中で、浪江町の「希望の牧場」など、気概のある牧場主らが無駄死にさせまいと、懸命に命を繋いでいる。
 
 
イメージ 6

 
 大熊町のダチョウ牧場から脱走し、20㎞圏内を自由に放浪していたダチョウたちはまた牧場に戻され、ボランティア有志で給餌をしていたが、2013年初めには全滅した(2羽は富岡町某所で存命)。
 
イメージ 2 イメージ 4
▲(左)2011.12月 大熊町にあるダチョウ牧場「シュトラウス」から脱走、JR富岡駅周辺を闊歩する「ボス」。車を見ると寄ってきて食べ物をねだる。凶暴な性格で、跳び蹴りを食らわされたボランティア多数。このときも同乗したHちゃんがやられました。このころ、同じように数羽のダチョウがしばらく警戒区域内を放浪していた。
(右)2012.2 大熊町にあるダチョウ牧場「シュトラウス」。「ボス」を含む放浪していたダチョウがまたここに戻されてしまい、しばらくするといなくなった。研究用に持っていかれたり餓死したりして全滅
 

 また、人間がいなくなった町では野生動物もたくさん闊歩していて、町中でもイノシシ、タヌキ、アライグマ、ハクビシンなどを見かけるようになった。特にイノシシ(イノブタ)の被害は甚大で、人家に入り込んで荒らしたり、ボランティアが置いていくペットフードを残らず食い荒らした。カラスやネズミも同様にペットフードを横取りするにっくき存在だが、彼らとて生きていくためには仕方のない行為なのだ。
 
イメージ 10
▲イノシシ、イノブタはキャットフードを根こそぎ食べてしまう
 
イメージ 7
▲路上にあった犬の死骸。カラス混じって猫も死肉を食べていた

 
 誰も住まなくなって1年も経つと、自然が猛威を振るい始めた。アスファルトの割れ目から生えた雑草が亀裂を広げ、民家の雑草もすべてを覆い尽くすような勢いで異様なくらいに成長していた。放射能の影響もあるのかもしれない。
 
イメージ 13
▲JR常磐線 大野駅〜双葉駅間
 
 
イメージ 11
▲秋になると一面のセイタカアワダチソウの海になる。もう田畑だったのか空き地だったのかまったくわからない。2013.10 浪江町
イメージ 8
▲浪江町津島地区のとある牧場。犬の食事場だったのか、頭だけ残ったタヌキの死骸がいくつか転がっていた。背骨と頭以外は食べられてしまう


 

この記事に

閉じる コメント(8)

本当に悲惨な状況。でも、これが現実。

2014/4/11(金) 午後 11:37 メガラッキー 返信する

メガラッキーさん、原発の収束同様、先が見えないんですよね。

2014/4/17(木) 午前 10:10 pocoyuko2006 返信する

顔アイコン

かわいそう…

2016/8/9(火) 午後 1:40 [ もぐ ] 返信する

顔アイコン

> もぐさん、コメントありがとうございます。福島では原発事故のせいで動物もたくさん犠牲になりました。餓死という、一番悲惨な死に方でした。

2016/8/14(日) 午後 2:53 pocoyuko2006 返信する

顔アイコン

今までペットとして飼われていた動物たちは、生きる手段が分からずお腹を空かせて辛かったことでしょう…。缶詰、そのまま置いたら歯茎が切れてしまい危険だと思いました。私も一度それで指が抉れました。
犬さん
きっと、争う力もなかったんだろうな
道路を歩いているところに不意にカラスが弱った犬に一斉に群がり目や急所を狙って突いたり…カラス大嫌いです 削除

2016/12/10(土) 午後 8:37 [ ] 返信する

顔アイコン

倒れた牛を見ている牛。この一枚の画像で、動物にも心があるとよく分かります。食べるだけの物と思わないで、命を簡単に無駄に奪わないで。イノシシだって極力生き物を殺して食べることは避けたいんだよ。人間は本当に勝手すぎる、原発を作り、それで関係のない動物を巻き込んで、その上殺すなんて。お腹が空いたら食べ物を探すのなんて当たり前だし混乱するのも当然。人間だって同じことするに決まってる 削除

2016/12/10(土) 午後 8:50 [ ] 返信する

> あさん
缶詰もそのままは置きたくはなかったんですが、一時帰宅で時間ギリギリまで回ってたので、犬を見かけたら缶詰を置いて回ってました。でも、これを見たときは涙が出ました。でも、犬は行動範囲が広いので圏外へ出たと思います。

2016/12/12(月) 午前 8:52 pocoyuko2006 返信する

> 。さん
3年近くも前の記事を見てくださって、ありがとうございます。我ながら貴重な記録だと思います。忘れないよう、ときどき見ていますが、もうほとんどの人は福島を振り返りません。。さん、改めてありがとうございました。

2016/12/12(月) 午前 8:55 pocoyuko2006 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事