ぽこ&けんいち通信

けんいちは中南米ツーリングから2016年2月に戻りました。ホームページぽこけんpocoken.comのブログも見てね

全体表示

[ リスト ]

関西の桜めぐり、2日目は関の「石垣屋」さんから奈良・明日香村への移動。

車は「石垣屋」さんに置かせてもらい、1泊して戻ってくる予定。
桜の時期の明日香村、一度行ってみたかったんです。

イメージ 1
安濃川・北神山橋近くの桜並木。あちこちで満開の桜に出会います。

イメージ 2
錫杖湖畔も桜で縁取られています。新緑もきれい。
イメージ 3
安濃ダム近くのお寺には珍しい五色椿もありました。
同じ木に白、ピンク、斑入りなどが咲くそうです。

イメージ 4
▲五色椿ではないけれど、見事な椿の大木がありました。
近くの家のおばあさんが掃除をしていましたよ。

イメージ 5
▲奈良県に入りました。山添村のあたりは茶畑が広がります。

イメージ 6
▲道の駅「針T.R.S」のせんとくん。
年季が入ってきました。
その異様な姿に一時期は物議を醸しだしたのですが、
最近は認められたのかな。あまり話題にならなくなりました。

イメージ 7
▲菜の花も満開。黄色いじゅうたんが見事です。

イメージ 8
▲勝手に止まっていたバイクを入れて撮影

イメージ 9
宇陀の又兵衛桜。樹齢300年の滝桜です。8分咲きくらい?
三春の滝桜のミニ版という感じ。ミニと言っても見事です。
観桜料は100円。これも三春の3分の1。

イメージ 10
▲又兵衛桜の横にあったハクモクレンも見事。
青い空に映えます。

イメージ 11
▲夕方、明日香村に到着。毎度の撮影ポイント、
飛鳥寺の裏にある蘇我入鹿首塚
影な長ーい。

イメージ 12
▲夕暮れの二上山。大津皇子が眠っています。

イメージ 13
▲ラッキーなことに、この日から石舞台のライトアップが開始。
桜と石舞台、いい感じ。

イメージ 14
石舞台古墳は蘇我馬子のお墓と言われています。
古代史の舞台、明日香村にはあちこちに不思議な石があります。

イメージ 15
▲宿泊は、明日香村の隣、橿原市のゲストハウス「虹のたね」。
ドミトリー1泊2500円。
日本を3ケ月かけて旅するというフランス人カップルもいました。
これから北海道へも行くそう。日本のアニメ大好きなんだって。
右端がオーナー。真ん中が私。私の横は、ゆみちゃん。
シンガポール生まれで英語はペラペラ。
名古屋のゲストハウスでアルバイトをしたあと、
今回はリトルカブで屋久島を目指します。
屋久島では昨年に続き、民宿でアルバイト。
バイクの免許はないけれど、ラオスを旅したときに、
レンタルバイクを気軽に乗っている欧米人を見て、よさそう、と思ったとか。

撮ってくれたのは、オーナーのお友達、近所の田原本に住むやよいさん。

イメージ 16
▲「虹のたね」は、ログハウスの2階を利用したゲストハウス。
1階は食事処「だいこくや」です。イタリアンのお店のようです。
2階から1階を見たところ。
夕食のお好み焼きパーティは、左下のテーブルで開催。

イメージ 17
▲2階のドミトリー。ベッドが8つ。こたつもあります。
このほかに個室がひとつ、離れのコテージもあるようです。
最寄り駅は近鉄・畝傍御陵駅。明日香観光にも便利な立地です。

ということで、2日目も終了。旅を満喫しています。




この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

奈良も吉野以外に桜の名所はいっぱいですね。
実家が奈良なので、せんとくんはあっという間になれました。我が家にもせんとくんグッズあります(笑)

2017/4/20(木) 午後 10:04 KUMA. 返信する

> KUMA.さん、関西は古い歴史のある場所が多いので、桜もいい感じですよね。せんとくん、たしかに慣れました。物議を醸しだしたのも知名度UPでよかったのかも。

2017/4/23(日) 午前 10:15 pocoyuko2006 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事