全体表示

[ リスト ]

大相撲八百長問題

大相撲春場所の開催中止が決定した。
八百長疑惑問題を受けて、ある意味妥当な判断であったと思う。
中止と聞けば、「やはり寂しい」「開催してもらいたかった」と反対意見が出る。
かと言って中止しなければ、「なぜ開催する」「甘い裁定」などと批判されるに決まっている。
このように日本人は、必ず逆の意見を言いたがるバカな集団である。
そのバカついでに言わせていただこう。
そもそもなぜ大相撲の八百長がダメなのか?
なぜ八百長をやってはならないのか?
これに「国技だから」「公益法人だから」と、もっともらしく聞こえるが、本来の相撲の姿とは全く無関係の理由を持ち出してくる。
このような意見は、アホの難癖としか言いようがない。
大相撲が国技だなんて誰が決めたのか。
法律にもそういう記述はない。よって大相撲は国技ではない。
江見水蔭の言葉に「相撲は日本の国技」とあり、これをヒントにして、相撲常設館の名を「両国国技館」と名づけられたのが発端となった。
その発案を出したのは、当時の協会員の尾車文五郎である。
それ以来、「大相撲=国技」が刷り込まれ、巷間に浸透していっただけの話である。
また公益法人としての日本相撲協会の目的の冒頭に、「我が国固有の国技である相撲道を研究し・・」とある。
日本相撲協会は財団法人である。
財団法人とは、企業や個人から財産を受けて、非営利目的に運営する団体のことである。
話を戻そう。
八百長はそんなに悪いことなのか?
私見を言えば、八百長は相撲界の秩序を保つのに、一役買ってきたと思っている。
八百長がない相撲のほうが、むしろ有り得ない事で、今さらこれを大きく問題視すること自体が、青臭いと感じずにいられない。
暗黙の了解を、華々しく公に晒すほうが、愚かしいことで失笑してしまう。
日本人は和を尊ぶ人々であったが、現代においては、そういう心の美しさを訝る人々が、増えたことを憂うべきである。

閉じる コメント(4)

昔から、7勝7敗の力士が千秋楽で勝ち越しを決める事は、ある意味『お約束』のようなもので、わかっていてもその事を責めるような人は居なかった。

今八百長と言われている取り組みも、ほとんどがそういう瀬戸際力士のものでしょう。

本当に八百長が蔓延してるならば、こない白鵬ばっかり優勝させへんし、
こない外国人力士ばっかり番付上位に並ばせないでしょう。

2011/2/6(日) 午後 3:15 ビッグサンダー

アバター

なんだか騒ぎすぎなところもありますよね。
今に始まったことじゃないんだし、なんで今更って思います。

2011/2/6(日) 午後 5:24 が〜ねっと

顔アイコン

ビッグサンダーさん

そういうお約束もあっての大相撲だと思うんですけどね〜
なにがなんでもガチンコ勝負だけが相撲だと思っているのは、相撲の競技色を濃くしていった結果だと思います。
下克上という言葉が昨年パリーグで流行りました。
しかし下克上がある世の中は災いが起こる良い世の中ではないのです。
神事である大相撲に、災いを敢えて起こす意図が理解できません。
神事なのだから、神様に喜んでもらえるように、土俵に上がる力士が和を持って取り組めばよいのです。

2011/2/11(金) 午前 8:44 にゃん球♪

顔アイコン

ゆうなんさん

現代は暴露することに快感を覚える人が、いかにたくさんいるかの証でしょう。

2011/2/11(金) 午前 8:46 にゃん球♪


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事