全体表示

[ リスト ]

河野広道博士のこと。

河野広道博士(1905年1月17日 - 1963年7月12日)戦前は昆虫分類学を学び、研究していました。
 
北海道生まれ、北海道育ち。
 
日本版ファーブルと私はどうしても形容してしまうのだけれど、河野博士は「ファーブルは偉大な童話作家である、すなわち、昆虫の営みを愛情をもって叙情的に綴っていたに過ぎない」と言っていますが、私にとって博士の「夢の雪虫」は実に叙情的であると思うわけです。
 
北海道帝国大学で昆虫学を学び、動乱の時代において、ファシズムと蟻を同一視した論文で監獄に入っていたこともあります。
 
戦後は考古学を学び、アイヌ文化などを調査し、最後は坐骨神経痛で亡くなった方です。
 
私の最も敬愛すべき「人間」です。
 
彼が存在したからこそ、私は昆虫学の道に進んだわけです。
 
そう、夢の雪虫。
 
北海道では雪の降る前兆として昔から親しまれている昆虫です。
 
河野博士はユキムシの生態について研究していた折り、投獄され、釈放された時には実験圃場の博士のユキムシ達は寄生木と共に枯れ果てている様を見て大変嘆きます。
 
当時高校生だった私はNHKで放映された「夢の雪虫」というドキュメンタリー番組を見て、「農学部へ行こう、昆虫を学ぼう」と決意したのでした。
 
 
 
さて、この間退官された私の恩師は河野博士の孫弟子にあたります。
 
ということは私は「ひ孫弟子」ということになるのですが・・・・もうそうなってしまったら、全く関係ないのでは?というのは少し違っていて・・・・やはり、物の捉え方の根本は河野博士にあるのです。
 
博士が愛した言葉・・・墓碑銘にもなっていますが、
 
「無限より来りて、無限に還る」
 
これは河野博士のオリジナルです。
 
私の解釈では、生命は常に無限の彼方から発生し、その寿命を全うしてまた無限の彼方へと還ってゆく・・・生態系の・・・自然の中に生まれた命が次の命につながっていて、自分はたまたま人間という形でこの世の一つの時間を生きたに過ぎない・・・ということなのだと思っています。
 
ユキムシ・・・・本名「トドノネオオワタムシ」はアブラムシの一種であり、トドマツの害虫でもあります。
 
しかし、河野博士の弟子たちは「害虫」という呼び名は人間の勝手な解釈であって、ただ、それらが、その命を精一杯全うしているに過ぎない・・・ということなのです。
 
この世に益虫も害虫も存在しない、というわけです。
 
 
 
博士が昆虫学から考古学へ・・・・有機質から無機質へと変貌を遂げていった過程は私にはわかりませんが、人間への失望と、人間への好奇心がそのような形になってのではないかと憶測ですが思っています。
 
 
さてさて、今日はどうして河野博士の話題が出てきたのかというと、我が家のブドウガイ水槽に異変が起きたからなのです。
 
 
 
・・・・・私の愛すべきブドウガイ達が、次々と卵を産み、死んで行くのです。
 
 
去年の夏、車の転がる事故を共に過ごし、水槽の中でそのたくましい生命力を発揮し、感銘をうけた私は吹雪の中樽川埠頭へアオサを採りに行き、毎日毎日観察の日々でしたが、ある日突然動かなくなり、やがて貝殻だけを残して泡と消えてしまうのです・・・。
 
 
論文を調べたところ、ブドウガイの生態は一年周期だそうです・・・・・アオサを食べ十分に成熟したブドウガイは、文字通り子孫を残して無限の彼方へと消えてしまうのです。
 
昆虫は切ない、けれど、貝もまた切ないのだと・・・これは人間目線ですが・・・思ってしまいます。
 
今朝も樽川埠頭へアオサを採りにいきました・・・・出社前に。
 
帰宅しアオサを投入した所、生き残ったブドウガイ達は本当においしそうに食べています(これもまた人間目線か)。
 
 
 
 
・・・・私が自分のチカラで知り得た観察日記を次回報告したいと思います・・・。
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事