全体表示

[ リスト ]

積丹半島の道路はすっからかんですよ。

漁港も漁には早いので船はみんな水揚げされて春を待っています。

試しに埠頭から海をのぞき込むと・・・・・魚も泳いでいない・・・と思ったら、ナマコ・・・マナマコですね・・・ぶりっぶりに太ったナマコが沢山いるではないですか・・・・・。

そうか、ナマコは砂を食べるんでしたね・・・天敵のいない今こそ脂肪を蓄えるチャンスなのですね!

・・・にしても、去年大量発生したサルパは影も形もありません・・・やはり去年の9月以降、潮と共にどこかへ行ってしまったのですね。

ちなみに2015年の大量発生時は冬にピークだったそうです。


・・・芯までシバレてしまいました。

いつも写真を撮りたいけど車が往来して止まれなかった場所を何か所か撮影。

しかし滝は凍っていました。

イメージ 1


夏場は漁師の監視がきつくて入ることができない袋澗もこの通り。

イメージ 2


良いですねぇ・・・。

水深が結構浅くてびっくりでしたよ。

さて、芯から冷えたのですから、熱いラーメンを食べましょう!!

まるまん食堂さん。

イメージ 3


母さん一人で仕切っています。

お昼時は混むだろうと思って、1時間ずらして行きました。

駐車場はありません、みなさん路駐です・・・交番が斜め前にあるのですが、何も言われないそうですよ。

昭和なたたずまい。

イメージ 4


・・・ん〜・・・いいですねぇ・・・・ではラーメンを頼もう・・・と思ったら、このお店、「ラーメン」と「ラーメン」があり、後者のラーメンの方が150円高い・・・。

母さんに聞くと、前者のラーメンは昔風で塩と醤油、後者のラーメンは野菜がたっぷり入って味噌、潮、醤油があるとのこと。

なので前者のラーメン550円を頼みました。

イメージ 5


各地と比較するため、醤油味を食べます。

透明なスープですね。

具材もシンプルで、チャーシューの代わりに焼いた豚バラ肉を使用していますが、この鳥ガラ魚介ベースのあっさりスープにはとても良く合います。

面は中太縮れ麺、丁度いい硬さです。



実はリフレッシュ休暇とは名ばかりで各地の「食堂ラーメン」を食べることと、各地の海産物を探し出すのが使命になっておりました・・・。

札幌市は今、ラーメン競争の激戦区にあり、ラーメンは姿を変えどんどんと進化をし続けているのです。

流行れば廃るもの。

だから私は思わずほっとして「あー、おいしいな〜」としみじみ思う昔のラーメンこそ今売れると踏んでおります。

・・・で、口コミではここの「浜ラーメン」がおいしいと出ていました。

食に関する口コミは人による味覚の違いがあるのであてにならないのですが、気になったものは実食。

というわけで、浜ラーメンも食べました。

浜ラーメンというのは塩味が基本で、大抵は見た目の豪華さ、つまり視覚から「おいしいモード」に切り替わってしまうので、私はあまり触手が動かないのですが・・・。

「えぇっ?ラーメン二杯も食べるの??」

と母さんは笑っていましたが、私は真面目です。

イメージ 6


うん、やはり浜ラーメンです。

ホタテとイカも入っていますね・・・定番です・・・。

醤油ラーメンの方がはるかにおいしかった。

そうそう、昔のラーメンどんぶりには食堂名と電話番号が書いてあったっけ。

イメージ 7



お客さんが私一人になって、母さんも休憩。

会社の名刺を渡して情報をたくさんいただきました。

ありがとうございました!!



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事