過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

さて、まるまん食堂の母さんからの情報によると、7月にお祭りがあるらしい厳島神社。

今年は7月2日(日)、沖上げ祭り。

7月15日厳島神社本祭・・・特に夜は賑やかだそうです。

「夜がいい、夜においで。もうね、あっちこっちから人がくんの、ここのとおりがね、すんごく明るくなんのよ」と言っていました。


イメージ 1





私はこういう大き目な神社でお守りを買うのがマイブーム。

しかし社務所はしんとしていて、これは祭りの頃にリベンジかな、という感じです。

家内安全、交通安全の祈願をして先へ進みます。


弁天島。

ここは去年1年を通してずいぶんお世話になりました。

今年も通うことになります。

しかしこの日は大荒れ。


イメージ 2




あの可愛らしい生き物たちはどこかでひっそりと春を待っているのでしょう、ドロメもカニも海藻もありません。

ただただ強風と高波があるだけ。

でもさすが積丹半島、荒れた波ですら、青い。


積丹半島の岩に、光る石が入っているのは知っていたけれど、それがメノウだった事に、今更ながら気づいた次第です。

イメージ 3


メノウはこうして冬の荒波に削られ、やがて海へと落ちてゆく。

落ちた角ばったメノウが、波や砂に研がれて、やがて丸い石になる。


今日は弁天様にプレゼントを頂きました。

弁天島の散策道に落ちていたメノウの原石が偶然ハート形をしている事に気づいたのは岩内の宿に着いてからの事でした。

イメージ 4

積丹半島の道路はすっからかんですよ。

漁港も漁には早いので船はみんな水揚げされて春を待っています。

試しに埠頭から海をのぞき込むと・・・・・魚も泳いでいない・・・と思ったら、ナマコ・・・マナマコですね・・・ぶりっぶりに太ったナマコが沢山いるではないですか・・・・・。

そうか、ナマコは砂を食べるんでしたね・・・天敵のいない今こそ脂肪を蓄えるチャンスなのですね!

・・・にしても、去年大量発生したサルパは影も形もありません・・・やはり去年の9月以降、潮と共にどこかへ行ってしまったのですね。

ちなみに2015年の大量発生時は冬にピークだったそうです。


・・・芯までシバレてしまいました。

いつも写真を撮りたいけど車が往来して止まれなかった場所を何か所か撮影。

しかし滝は凍っていました。

イメージ 1


夏場は漁師の監視がきつくて入ることができない袋澗もこの通り。

イメージ 2


良いですねぇ・・・。

水深が結構浅くてびっくりでしたよ。

さて、芯から冷えたのですから、熱いラーメンを食べましょう!!

まるまん食堂さん。

イメージ 3


母さん一人で仕切っています。

お昼時は混むだろうと思って、1時間ずらして行きました。

駐車場はありません、みなさん路駐です・・・交番が斜め前にあるのですが、何も言われないそうですよ。

昭和なたたずまい。

イメージ 4


・・・ん〜・・・いいですねぇ・・・・ではラーメンを頼もう・・・と思ったら、このお店、「ラーメン」と「ラーメン」があり、後者のラーメンの方が150円高い・・・。

母さんに聞くと、前者のラーメンは昔風で塩と醤油、後者のラーメンは野菜がたっぷり入って味噌、潮、醤油があるとのこと。

なので前者のラーメン550円を頼みました。

イメージ 5


各地と比較するため、醤油味を食べます。

透明なスープですね。

具材もシンプルで、チャーシューの代わりに焼いた豚バラ肉を使用していますが、この鳥ガラ魚介ベースのあっさりスープにはとても良く合います。

面は中太縮れ麺、丁度いい硬さです。



実はリフレッシュ休暇とは名ばかりで各地の「食堂ラーメン」を食べることと、各地の海産物を探し出すのが使命になっておりました・・・。

札幌市は今、ラーメン競争の激戦区にあり、ラーメンは姿を変えどんどんと進化をし続けているのです。

流行れば廃るもの。

だから私は思わずほっとして「あー、おいしいな〜」としみじみ思う昔のラーメンこそ今売れると踏んでおります。

・・・で、口コミではここの「浜ラーメン」がおいしいと出ていました。

食に関する口コミは人による味覚の違いがあるのであてにならないのですが、気になったものは実食。

というわけで、浜ラーメンも食べました。

浜ラーメンというのは塩味が基本で、大抵は見た目の豪華さ、つまり視覚から「おいしいモード」に切り替わってしまうので、私はあまり触手が動かないのですが・・・。

「えぇっ?ラーメン二杯も食べるの??」

と母さんは笑っていましたが、私は真面目です。

イメージ 6


うん、やはり浜ラーメンです。

ホタテとイカも入っていますね・・・定番です・・・。

醤油ラーメンの方がはるかにおいしかった。

そうそう、昔のラーメンどんぶりには食堂名と電話番号が書いてあったっけ。

イメージ 7



お客さんが私一人になって、母さんも休憩。

会社の名刺を渡して情報をたくさんいただきました。

ありがとうございました!!


助手の思春期や本業の謀殺があって、キレました。

これは、どこかへ行かねば、と思いました。

会社のシフトは変更しまくりで意味がなかったのですが、本当にもうだめだなと思ったのでリフレッシュ休暇を頂き、三泊四日の旅は実現しました。

一か月前から練りに練った旅程です・・・やはり休養するなら温泉がいい・・・・しかし近場の温泉はみんなほぼ中国人客しかいません。

静かに癒される場所を考えたら岩内と長万部が浮上しました。

よし、ここは豪華に三泊とも温泉に泊まってやろう!!ということで、3月9日木曜日の朝助手を見送ってからの出発です。

一日目の滞在先は岩内。

まずは日本海側の砂浜をビーチコーミングしていきます・・・・・・・・

んが、

どうですか、この風景は・・・・・

イメージ 1


・・・・・いじめですかね?

波打ち際を少し歩いて、本当に何もないなと思い、帰り道で見つけたのはカモメの白骨です。

イメージ 2


丁度人形に翼をつける計画を立てていたところだったので、いい検体を拾ったなと思いました・・・軟骨が残っているのでいい具合に稼働するのです・・・・しゃがんでしばらく動かして、なるほど〜と思いながらこれはアルコール漬けにします。

わかりますかね?V字型になっているところがカモメの鎖骨です。

どこもここも浜という浜が雪原になっているし、吹雪いてきたので断念・・・積丹半島をくるっと回って神恵内村にある弁天島へ向かいます。


プロ仕様

やっとログインできました・・・パソコンが壊れてから情報がなくなって、更にedgeになってから使い方にまだ慣れておらず、更新がのびのびになってしまいました。

しかもなぜか「エキサイトブログ」でコメントしようにも、「エキサイトで使用できないキーワードが発見されました」も一点張りでコメントできない!!
なんということだ・・・・。


さて、いろいろあった館長はプチ家出を決行いたしました。

これを名付けて「館長慰安旅行」。

さて、去年から車全損したとか、ガラケー壊れたとか、カメラ壊れたとか、年明けからパソコン壊れたとか、ついに館長まで壊れそうになりまして・・・・まだ3月ですが、気分的には半年くらい経ってしまった感じです。

そしていろいろな調査道具もガタがきましてそろそろ買い替えかなと思っておりました。

私はアウトドアーにはアウトドアーブランドが一番丈夫で長持ちすると思っておりました。

否、むしろアウトドアーブランドだけが信頼できるとさえ思っていたほどです。

しかしこの世で一番心強いのは、国外の有名ブランドではなく、日本製のプロ仕様だということが判明しました。

プロノ、最強です・・・・しかも安い・・・・。

というか、藪漕ぎとかするので、使い方が並みのアウトドアーではなく、とてつもなくハードなので、日本製の頑丈なものじゃないとダメなんだと思い知りました。

恰好なんて気にしている場合ではなく、やはり丈夫な実用的なものが必要なので、大いに活用してどんどん成果を上げていこうと思います。

さて、今日は慰安旅行の更新をばしばしやっていきますよ!

お楽しみに!(写真の加工が追い付いていないだけとの話もある・・・)。



〜業務連絡〜

・arisuabuさん
トルソーの件ですが、6月頃から今年も道南通いが続くので、その時に受け取るということは可能でしょうか?よろしくお願いします。

・ユキさん
それはおそらくトドの鳴き声です。トドの鳴き声は礼文島で聞いたことありますが、がおーというよりはぼえーという感じでした・・・初めて聞いたときはさすがに「何?!」と思いましたが。
アザラシは動物園で聞きましたが、トドほどの声ではなかったです。
それからクマは「がおー」とは言いません・・・・以上、私の経験に基づく参考資料でした。

・ブーさん
ごめん、プロノのことナメてた・・・反省。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事