昆虫

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

河野広道博士のこと。

河野広道博士(1905年1月17日 - 1963年7月12日)戦前は昆虫分類学を学び、研究していました。
 
北海道生まれ、北海道育ち。
 
日本版ファーブルと私はどうしても形容してしまうのだけれど、河野博士は「ファーブルは偉大な童話作家である、すなわち、昆虫の営みを愛情をもって叙情的に綴っていたに過ぎない」と言っていますが、私にとって博士の「夢の雪虫」は実に叙情的であると思うわけです。
 
北海道帝国大学で昆虫学を学び、動乱の時代において、ファシズムと蟻を同一視した論文で監獄に入っていたこともあります。
 
戦後は考古学を学び、アイヌ文化などを調査し、最後は坐骨神経痛で亡くなった方です。
 
私の最も敬愛すべき「人間」です。
 
彼が存在したからこそ、私は昆虫学の道に進んだわけです。
 
そう、夢の雪虫。
 
北海道では雪の降る前兆として昔から親しまれている昆虫です。
 
河野博士はユキムシの生態について研究していた折り、投獄され、釈放された時には実験圃場の博士のユキムシ達は寄生木と共に枯れ果てている様を見て大変嘆きます。
 
当時高校生だった私はNHKで放映された「夢の雪虫」というドキュメンタリー番組を見て、「農学部へ行こう、昆虫を学ぼう」と決意したのでした。
 
 
 
さて、この間退官された私の恩師は河野博士の孫弟子にあたります。
 
ということは私は「ひ孫弟子」ということになるのですが・・・・もうそうなってしまったら、全く関係ないのでは?というのは少し違っていて・・・・やはり、物の捉え方の根本は河野博士にあるのです。
 
博士が愛した言葉・・・墓碑銘にもなっていますが、
 
「無限より来りて、無限に還る」
 
これは河野博士のオリジナルです。
 
私の解釈では、生命は常に無限の彼方から発生し、その寿命を全うしてまた無限の彼方へと還ってゆく・・・生態系の・・・自然の中に生まれた命が次の命につながっていて、自分はたまたま人間という形でこの世の一つの時間を生きたに過ぎない・・・ということなのだと思っています。
 
ユキムシ・・・・本名「トドノネオオワタムシ」はアブラムシの一種であり、トドマツの害虫でもあります。
 
しかし、河野博士の弟子たちは「害虫」という呼び名は人間の勝手な解釈であって、ただ、それらが、その命を精一杯全うしているに過ぎない・・・ということなのです。
 
この世に益虫も害虫も存在しない、というわけです。
 
 
 
博士が昆虫学から考古学へ・・・・有機質から無機質へと変貌を遂げていった過程は私にはわかりませんが、人間への失望と、人間への好奇心がそのような形になってのではないかと憶測ですが思っています。
 
 
さてさて、今日はどうして河野博士の話題が出てきたのかというと、我が家のブドウガイ水槽に異変が起きたからなのです。
 
 
 
・・・・・私の愛すべきブドウガイ達が、次々と卵を産み、死んで行くのです。
 
 
去年の夏、車の転がる事故を共に過ごし、水槽の中でそのたくましい生命力を発揮し、感銘をうけた私は吹雪の中樽川埠頭へアオサを採りに行き、毎日毎日観察の日々でしたが、ある日突然動かなくなり、やがて貝殻だけを残して泡と消えてしまうのです・・・。
 
 
論文を調べたところ、ブドウガイの生態は一年周期だそうです・・・・・アオサを食べ十分に成熟したブドウガイは、文字通り子孫を残して無限の彼方へと消えてしまうのです。
 
昆虫は切ない、けれど、貝もまた切ないのだと・・・これは人間目線ですが・・・思ってしまいます。
 
今朝も樽川埠頭へアオサを採りにいきました・・・・出社前に。
 
帰宅しアオサを投入した所、生き残ったブドウガイ達は本当においしそうに食べています(これもまた人間目線か)。
 
 
 
 
・・・・私が自分のチカラで知り得た観察日記を次回報告したいと思います・・・。
 
 
 
 
1月18日水曜日地下歩行空間で行われるイベント、hand to heart 27。
 
縦か横か未定・・・だったのだけれど、直前にならないと発表されないのが不便ですね。
 
両方でトリミング考えないといけない。
 
で、当日の配置はこのようになりました。
 
イメージ 1
 
緑の○で囲った部分ですね。
 
青いのはなんだろう??そういう説明も一切なし・・・。
 
それから館長代理ではなく、「助手代理」にしていただいて、搬入も手伝って頂く事となりました。
 
丸々二日間ずっとレジンと向き合っていたわけですが、喉の痛みと頭痛が酷いです。
 
嗅覚が人一倍鋭いので、きついですね・・・。
 
ずっと同じ姿勢で作業しているから体中痛いというか・・・。
 
 
 
レジン作品ばかりではなく、やはり「博物館」を名乗るのだから、ちょっとした骨と標本も持っていこうと思います。
 
 
開催前最後の休日なので、ラストスパートです。
 
頑張ります。
 

マダニの被害

藪こぎをしていてマダニが付くことは多々ありますが、発見が遅れると死に至る場合があるということです。
 
多くの場合、早期発見と摘出で病気を防ぐことができます。
 
風呂に浸かって石鹸で洗ってマダニを殺すこと。
 
顎帯部(口の部分)は発見が遅れるほどに皮膚に深く刺さって抜けにくくなるため、皮膚科に行くことをおすすめします。
 
 
今回の記事です。
 
北海道は16日、マダニにかまれて発症するウイルス感染症「ダニ媒介脳炎」で入院していた道内の40歳代男性が死亡したと明らかにした。
 同脳炎による死亡例は国内で初めてという。
 道によると、男性は今年7月中旬、道内のやぶの中に入ってマダニにかまれたとみられる。その後、発熱や筋肉痛、髄膜炎などの症状が出た。7月25日に入院し、8月13日に死亡した。
 国内の同脳炎感染は1993年に北海道で確認された1件だけで、今回が2件目。人から人には感染しないものの、発症すれば後遺症が残る場合もある。厚生労働省や道は、山林などに入る際は長袖を着用したり、虫よけスプレーを利用したりするよう呼びかけている。
 
 
ちなみに虫除けスプレーは効果薄いです。
 
長靴に長袖長ズボン、首にタオルを巻き帽子を被るのが一番の対処法ですが、それでも噛まれる時は噛まれます。
 
とにかく山から帰ったらすぐに風呂に入って全身をくまなくチェックすることですね。
 
私も何度も噛まれていますが、今まで運良く顎帯部が残らず大事に至ったことはありません。
 
素人が引き抜くのはオススメしませんが、取る場合は皮膚に対して垂直に引き抜くことです。
 
その際、皮膚の一部が糸のように引っ張られてしまうことがありますが、ハサミで切って、消毒し、そのままでは化膿する場合もあるため、皮膚科に行きましょう。
 

久々の標本作成

久々に真面目に作りました。
 
というか、去年の助手の自由研究が昆虫標本だったので、手伝ったのですが、助手の方がはるかに上手くて落ち込んだ次第です・・・。
 
今回は鱗翅目は採集していません・・・・・欲しいのが飛んでいなかったのですよ・・・・。
 
で、なぜか半翅目に偏っているわけなんですが・・・・。
 
ニイニイゼミって、灯火に来るんですね。
 
あとは定番のアブラゼミと・・・・札幌ではまずお目にかかれないヒグラシ。
 
 
アオカナブンはやっぱり見つけたら採ってしまう・・・生け捕りにして飼っていましたが、死んでしまったので。
 
トホシカメムシはやっぱり死んでしまうと色が黒っぽくなってしまうのが残念です。
 
イメージ 1
チョウチョに興味ある方は是非!
 
 
道昆会員各位

 表題のフォーラムを下記の日時・場所にて開催されます。
 北海道蝶類図鑑の著者の永盛俊行さんの講演「図鑑編纂から見えてきた北海道の蝶の生態と研究の現状」などを予定しています。
 会員外も無料で参加できます。参加申込みは下記のアドレスへお願いします。
 申込み先 welcom_scripts@yahoo.co.jp<mailto:welcom_scripts@yahoo.co.jp>

日時 2016年8月6日(土) 14〜17時
会場 北4条西5丁目アスティ45 12階 アキュ小研修室1203

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事