地球のしずく

よろず相談。地球のしずくをお分けします

全体表示

[ リスト ]

霊のこと

イメージ 5

 つい先日、友人から、カミさんを通してこんな相談を受けました。担当していたお爺さんが事故で亡くなったそうです。彼女は、東京で介護師をされている3人の子どもの母親です。
 夜勤で深夜廊下を一人歩いていると、背中から首筋に、その霊魂を感じるそうです。誰に話をしても分かってもらえず、まして夫にも笑われてしまう。悶々としていた時に、私なら聞いてくれると思った、といいます。

イメージ 6

 そんなことがあろうと、すでに寒川神社のお札と「清め土」を渡していました。富士浅間神社や森戸神社などは「お砂さん」と呼びますが寒川神社は神嶽山の「清め土」。どちらも効用は同じで、最強です。
 「お爺さんの部屋の入口とベランダの戸口の左右にパラパラっと撒いて、ついででいいから近くの神社か仏閣で、お爺さん出てこないでください、成仏して下さいとお願いすればすぐ消えてしまうよ。まあ、お札を身に着けていればなおいいですよ」
 解決です。二日目にお礼の電話が来ました。

イメージ 1

 叔父のいる施設でも、同じ階で亡くなられた方が、真昼の廊下を歩いている姿を何度か目視しました。その姿は儚く消えますが、自分には当たり前のことと思っています。藤の咲く4月17日の夜中、応接間に年配の女性がいました。「結界」をしてあるので、浮遊している霊魂であるはずがありません。昨晩、こんな人がいたけれど、友人の命日を調べて、と義母にいうと、やはり友達でした。

イメージ 2

 5月、またしても知らない女性が応接間から、義母の部屋へ。前回の友人よりもずっと若い感じです。この方の特徴をいうと、若くして亡くなったお姉さんかもしれない、といいます。仏壇に飾ってある小さな写真をみると、確かに昨晩の人でした。
 それから数日後、義母は救急車で病院へ。助けに来られたのかもしれません。大難は確かに小難に転じていたのですから…。

イメージ 3

不思議なことは此岸にはたくさんあります。桜の下から嫉妬や憤怒に女性が鬼に変身した般若が出てくる話はお能の世界でも多いですね。般若とは、悟りを得るための智慧であるとは仏教の用語です。嫉妬や憤怒を乗り越えるのも修行の一つなのでしょう。

イメージ 4

大井町の飲食店の並ぶ裏通りです。この看板、悪趣味ですが現世の人々の心をよく顕しているようにも思えます。理解のできないことは彼岸よりも此岸に多い。酔って喧嘩を売る人々よりも霊魂の方がずっと優しいに決まっているのです。

◎ヤフーブログはこのまま最期まで継続していきます。
併行してアメーバブログを開設しました。https://ameblo.jp/nori1948です。

閉じる コメント(2)

横浜時間のおはよー

8月もとうとう最終日
ヤフーブログも最終日ですね
ちょっと寂しいわん😿
アメブロでこれからもよろしくお願いします
今日も良い一日になりますように

いいね!☆(^^♪

2019/8/31(土) 午前 8:11 yuyunekota

顔アイコン

ゆゆさん。おはよう。
私もアメブロに行きますよ。しばらくは、併行して、最後までしがみつきます。

2019/8/31(土) 午前 8:31 [ pok**hino*324 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事