PONGISAYOKUって何ですか?

軍事部門を抱えた会社は犯罪企業である。 自衛隊・米軍、軍事基地が必要だと洗脳されている国民が一気に減少している。Linkfree

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
戦後、
自衛隊と軍事企業の際限ない拡大によって日本経済は覚醒剤患者のように腐敗と自滅の中に堕ちて行った。

教育勅語で飼育され旭日旗を掲げてアジア侵略強盗の挙句最後には人肉を喰い散らかした鬼畜集団日本皇軍の残党と彼らを犬コロとして転がして来た軍事財閥が戦後ひり出したのが、昭和平成の詐欺集団自衛隊と軍事企業である。

腐敗を極める日米の軍事金融資本と軍事財閥が、日本が世界に誇った一流企業群を拳銃密造のヤクザ企業以下の犯罪企業に変えてしまった。
世界が日本の大企業の余りの腐敗振りに呆れ返っている。
三菱財閥(三菱自動車)や東芝の底無し不正、タカタやオリンパス、データ改ざんの旭化成、日本ハムなど牛肉偽装、東洋ゴムの免震偽装、過労死犯罪の電通、挙げれば切りがない。

イメージ 5

そして今度は第一勧銀グループ・三和グループの一員であり日経平均株価を構成する神戸製鋼所の不正である。
大学を出たての頃の世襲政治屋安倍晋三の面倒を見ていた神戸製鋼所がアルミ・銅製品の検査データで、10年以上前から組織ぐるみで改ざんを行っていたのだ。
構造的腐敗が蔓延していた。
世界中の納入先がいま大混乱に陥っている。
10年前からと言えば日本経済で自衛隊・米軍の受注が増加し税金泥棒構造に変わって行った頃である。
例えば陸上自衛隊の装甲兵員輸送車(73式)の装甲板は神戸製鋼所と三菱製鋼が製造している。IHI、三菱重工業などの軍事部門にも神戸製鋼のアルミ製品が使われていた。
だから平成26年には陸上自衛隊東部方面混成団の副団長が顧問として天下っている。
朝から晩まで老若男女が取られている血税を神戸製鋼の軍事部門に流し込むことで自衛隊の高級幹部が天下る固い構造が確立しているのだ。
軍事企業と自衛隊の存在・拡大が日本経済を寄生経済構造に変えてしまい社会の根幹を腐敗させモラルは崩壊してしまった。
終戦の悲惨の中で我われは、他国の市民に銃口を向けるような人間のクズである軍人と腐敗寄生の軍事企業を社会から断固として排除するという未来を誓った。
その誓いは反故にされ人間のクズと軍事企業という犯罪会社は増え続けて来た。

イメージ 2

腐り切った軍事財閥や自衛隊にインチキ防衛費毎月毎月5000億円もの捨て金を注ぎ込むような腐敗の時代は終わらせなければいけない。
日本経済の基底だけではなく社会のモラルも壊れてしまう。
憲法9条を糧に焼け野原から再起した日本社会の繫栄が、企業を蝕む軍事部門によって破壊されようとしているのだ。

イメージ 3

今年の初め「人民日報」が三菱自動車の燃費データ不正問題や東芝の不正会計問題、東洋ゴムの防振ゴム製品の性能データ改竄問題を取り上げて「メイド・イン・ジャパンの失墜」と、日本の優良企業の技術不正やデータ偽造などの不祥事で「メイド・イン・ジャパン」の品質神話が崩壊していると指摘したがその後も不正は続出している。「信頼を取り戻すためには100年かかるが、信用を失うには1分もかからない」と、近年スキャンダルまみれの日本企業を厳しく批判していた。英BBCは「東芝の何が悪いのか」という見出しで、東芝の運命をさらに大きく狂わせることとなった原発事業参入について報じ、ニューヨーク・タイムズ紙は東芝のWH買収を目算のない企業体質だと報じている。

イメージ 4

子供をダメ人間にするのは簡単である小遣いや覚醒剤をふんだんに与えればあっという間に堕落してしまう、企業も同じである。
自衛隊防衛省や米軍相手の軍事部門を拡大し献金や天下りを利用して税金を流し込んで貰えばやがて幹部がTVの前で謝罪会見を開くのを見ることになる。

永田町の議員会館で鼻が曲がるほど饐(す)えた臭いを出している議員バッチを付けた人間によく出会う、
巨大な改憲利権に手も頭も突っ込んでいる改憲派の議員である。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事