続・御殿場ボロヨン画報

発送は一時中断しています。お急ぎの方はアマゾン等をご利用ください。

全体表示

[ リスト ]

台割確定の結果2ページあきまして、なんだか得した気分になって、ボツになったはずのブリタフト友の会を予備記事フォルダから使用フォルダに移動、レイアウトをお願いしました。

もう1ページは仕掛かりのまま放置してしまったタイヤテストに使います。少ないスペースにどこまで書けるか怪しい限りですが、トラックタイヤを四駆に使おうなんていう妥協案を推奨する記事でありますから、縮小ボリュームで上等です。

もともとはラガーに履かせていたデルベックスM634のセット。試走してもハッキリした感想を述べられずダメダメだなぁとしょげていましたところ、自分の車につけたら結論を見出すことができました。やはり慣れた車との組み合わせは分かりやすい。

しかしこのJ38、売りに出しても誰も買わず、諦めて車検を取るなり巻頭特集のJ47やUBS69を押さえて主役級の登場回数となっています。売れなくて正解だったんだと思います。
セールスポイントはNOx・PM適合だとか言っても、規制地域外の人にはなんの有り難みもないと痛感しました。

イメージ 1
215R15からの付け替えだと、205/85R16が大径トラクションタイヤに思えてきます。重そうだなぁ。


イメージ 2
市内を走ります。伊豆っ箱のB800Mが跡形もなく消えていました。隣接する原っぱのVキャンターも溶鉱炉行きのようでした。無念。


イメージ 3
この茂みの向こうにもJ44や二代目ダイナ高所作業車など、年代物の働く自動車が放置されていたのに、キレイさっぱり。



イメージ 12
こちらは市の管理下にある富士山測候所の二代目雪上車。経費を掛けられないのか、ただの怠慢なのか、ぞんざいな扱い。これでは駄目になります。
ちなみに初代は裾野市が屋根下展示、三代目は露天ながら御殿場市の樹空の森で展示(以前紹介)されています。


お次は峠道で試そうと一山越えますれば。
イメージ 4
古ブルリはF1912に代替されました。


イメージ 5
相棒はF8122に代替です。豪華な通学バスですねぇ。
あと何年かしたら、富士山麓で最後に残る富士重工1Mということになるのでしょうか。

そんなことより、街中では重いだけと思っていたM634が、速度が上がるほど軽く走る意外な良さを見せてくれました。設計の新しいタイヤだけに転がり抵抗を相当考慮しているのでしょう。今まで履いたことのあるリブとかミックスは昔の型でしたから、ラジアルでも年々改良されているいうこと。


イメージ 6
数日間、市街地〜バイパス〜峠道〜林道と乗り回して書き上げ、これから気付いた特徴は校正しながら付記・差し替えすることにしましょう。でも1ページでは文字数の制限が激しい。


イメージ 7
老体に鞭打ってこのような場面も走りましたが、そもそも向いていない。車もタイヤも。
ただ、こんなJ38でも、屋根のないJ40系よりずいぶん捻りに対する剛性が高いということも再確認できました。ミシミシ鳴りますけどね。


イメージ 8
ブロックがもうちょい台形断面なら良いのでしょうが、目的外使用で文句は言えません。深い泥には近寄らない。


イメージ 9
会社で洗車をしていると、仕事中にマイカー洗ってやがるという視線が痛い。「試走中」のサボが必要ですな。


イメージ 10
表紙には前号のランクルFJ21に比べ、販売増に結びつかなそうな車種を選びました。
私の好きな非グローバル車種、地味で良いでしょう?


イメージ 11
発売日申請も完了。11月19日のお台場イベントでも売りますので、少し遅めてそこに近い設定にしています。

イメージ 13
話は変わりまして、石川さんのところから預かっているCJ3Bの修理書・取説と、J4研究の合本(電子版)、まだありますので発送できます。入金はITFの口座にしていただく方法になります。




この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

> あ〜MHB(?)さん。きわどい内容なので私がひっそり読んで公開承認しないという方法でご勘弁を。まあ、おそらくその線でしょうねぇ。もちろんタイヤの話ですよん!

2017/10/4(水) 午後 4:42 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

ははは!
軽く流して下さい(笑)

さて、タイヤと言えばHJ61に30年間スペアでくっついていたダンロップ、流石にチューブはダメでしたが、こわいもの見たさに今使っています(汗)。
タイヤの生産表記見てタイヤ屋さんが『10年前のタイヤだから云々』て言ってたけど、ホントは30年(笑)
これもタイヤテストですね。

古四駆のタイヤも、磨耗よりも経年でアウトの場合が多いでしょうけど、交換基準の実状はどうなんでしょうね? 削除

2017/10/4(水) 午後 4:59 [ 元はとばす ] 返信する

顔アイコン

貨物護謨輪は私の常套手段で細身大径が最大の取り柄です。
この細身ゆえに直進性の良さや… (以下自粛)
ということでこの記事も興味津々

もともと過負荷まで想定した強度があるので摩耗より経年での交換になりますが、ある時パンクしたら踏んだ釘が抜けずにショップが苦闘してました。 削除

2017/10/4(水) 午後 10:28 [ コ・ふそう ] 返信する

顔アイコン

Vキャン、ダイナなどすべて数100メートル別の場所に引越しして現存していますよ。

2017/10/4(水) 午後 10:30 [ qhw*g6*6 ] 返信する

顔アイコン

この時代に80系(ランクルにあらず)とBTが記事になるとは、まぁ鉄道誌でも飯田線全通80周年で特集を組んでたりしましたけど、普通、車系雑誌のネタにはなりませんね(笑)

2017/10/5(木) 午前 0:50 [ iid*_*ana*ubo ] 返信する

顔アイコン

古いタイヤは怖いです。
何よりゴム製品だから。
柔軟性を欠いたらリムから落ちない落ちない…。(状況にもよりますが)

以前、山積みにした古タイヤが自然発火したニュースが有りましたけど、もし走行中に起きたら。想像したくないですね。

トラック用はシビアな要求でしょうから、進化するんでしょうけど硬さが気になります。スタッドレスなら柔らかいかも知れませんが。
今後は選択肢へ積極的に参加できれば良いと思います。
けど、タイヤサイズの表記が細かくてよく分からない、頭の中で外径が7.00-16で幅が7.50-16位かなってやっています。
頭もクルマと一緒で古いですし(笑)

バスの本って刊行されているんですね。

2017/10/5(木) 午前 8:41 [ hzj70mnu ] 返信する

顔アイコン

> 元はとばすさん ムフフ、でした。30年もののスペアは肝試しですね。うちのJ38のスペアは車内置きですから劣化が少ないはずですが、やはりチューブがダメで徐々に漏れます。バルブ変えてもダメでしたから、材質の劣化なのでしょうね。
今まで履いていた215R15は20年モノ。シーエリアにヒビが入り始めています。山はあるけど寿命というのは、目視点検しかなさそうですね。

2017/10/8(日) 午前 9:09 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> コ・ふそうさん このタイヤは過去に経験した貨物護謨輪の中では軽快な走りでした。重量はあるし直径もデカイですが、設計が新しいと省燃費目的でタイヤ構造を考慮しているのでしょうね。
超スクエアショルダーなので若干キョロキョロしますが、ジープの重量ではその能力を正しく判断できません。
しかし釘を抜くのに苦労するとは。

> qhw*g6*6さん なんと!!と思って周囲を見渡したら、それらしいヤードがありました。まだ覗いていませんが、一安心(?)しました。さすがに伊豆っパコは解体でしょうかね。情報ありがとうございました。

2017/10/8(日) 午前 9:15 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> iid*_*ana*uboさん そう言っていただけますと!
ハチマルならぬハチジュッケイもそうですが、戦前型の佇まいに強く惹かれました。吊り掛け駆動の旧型車は東急でしか知りませんので。
あと5年早く生まれていたら飯田線詣でをしていたかもしれません。このお題を掘り下げるとページ数が電話帳並みになるであろうことも分かりました。いっそ電話帳なみにしてiid*_*ana*uboさんに写真提供いただいてグラビア仕立てとか、ちょっと本気で考えそうにもなりました。BTはレギュラー出演になりつつ?

> hzj70mnuさん 本当に高速道路の路肩にちぎれたタイヤの残骸が落ちているのを見ると、もっと注意すべき部品なんだと思います。トラック用ラジアルはサイドがぷっくり膨らむので案外ソフトなのでは?と期待してしまいますが、トレッド面が頑丈なのか、やはり硬いのですよね。
いまだに7.00等もありますが、我々にとって選びやすいのは195~225/85R16あたりでしょうか。ヨンクでは聞かない中間サイズもありますね。

2017/10/8(日) 午前 9:26 [ ポンコツ屋 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事