続・御殿場ボロヨン画報

廃バス見聞録1も近日通販開始します。

全体表示

[ リスト ]

ADバン・オイル交換

8月に運用開始したVHNY11も5000kmを走破。
J38に比べたら壊れそうな気がしないし(ジープも実際は壊れないんですが)疲れないしガスを食わないし、しかも案外運転が面白いので遠慮なく走り回り、結局のところ月の食費が変わらないという。

そんなことで一度目のオイル交換をいたしましょう。
1800ccなのでオイルは4Lくらい必要かなと思いきや、調べたら僅か2.7L。それを知っていたら3000kmで交換していたよなぁ。

イメージ 1
レベルゲージの点検は習慣的に週一以上していまして、その度に「減ってない」ことが退屈でした。J38ではどんどん減って行くオイルを注ぎ足し注ぎ足し、そして交換時期を見失うという楽しさがありましたので。
このADバンは5000km走って、レベルゲージ部分で5mmも下がらない。これって当たり前のことなんでしょうが、感動ものです。一時期乗っていたJM23W&JB23Wもオイルっ食いでして、KC-V46V以来の健全さ。
汚れが少ないのも良いですね。古いエンジンではブローバイが増えて汚れまくるのは仕方ないのですが、それ以外にもEGR(人間でいえば食糞に相当)なども悪さをしているはず。ハイテク電子制御で元からクリーンな燃焼ならEGRも不要で、燃焼状態が良ければ煤も出にくい・・・のかな?
まあいいや。C13の校正を読みたいのでさっさと交換作業をしましょう。


イメージ 2
頂き物の油脂を活用。「オイルの種類が違うぞ!」といわれそうですが、気にしません。30番なら良いんです。
むしろ一応使えることになっている0W-20ってのは避けたい。あんなミシン油みたいなのは怖いです。

交換後の変化を、今までの車で一番強く感じました。とにかく滑らか。
現代のエンジンはそれだけオイルに依存しているのか、実はかなりオイルが劣化していたのか。猛暑でエアコン全開で山岳路を飛ばしたりすれば熱ダレもしますよね。


イメージ 4
売り物件の再告知。どなたか是非。
車検は切れていて、幌スクリーン以外は程度良好。中古車欄に詳細アップしています。


イメージ 5
JR西日本(記録簿では津山鉄道部)の公共応急作業車。赤灯外し跡があるのと、サイレンアンプのためにグローブボックスが失われている以外は、超のつく上物です。4WD機構は私のインチキビスカス式とは異なり、信頼のセレクティブ。マニアな貴方には安価にお出しします。


イメージ 3
富士の雑貨屋さんに、あの有名な小田急LV-7Eがピザ売りに来ていました。













この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

画像の緑パジェロが気になります(^-^) 削除

2017/10/9(月) 午前 9:14 [ Pzj77p ] 返信する

顔アイコン

> Pzj77pさん こいつは次々号の出演予定車…かもしれません。

2017/10/9(月) 午前 9:18 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

0W-20・・・、圧縮が抜けない工夫があるのでしょうけど古いエンジンには無理ですよね。
今どきのエンジンは良く出来ていると感心しますが手が出せない領域に入っていると思います。弄れる方は凄いです。

ラガーのショートで幌とは珍しいです、ロイド板はDIYでビニールで代用かな、接着が面倒ですが。雨漏り具合が気になります。
リジッドの忘れ形見ですね。角目なので後期、それ程傷んでいない様ですから大切にされていたのでしょう。
ブリザードの丸目だとデコストッパーが有ってフロントウィンドウが倒れるけど角目では無くなかったのか?前席のFRPはアフターパーツでしょうか。
こうして見ると色々不便は有ったけど、昔の四駆はとても個性的です。

2017/10/9(月) 午前 10:05 [ hzj70mnu ] 返信する

顔アイコン

高速走行とか市街地、通勤など普段使いにはドシンバタンの古四駆よりもこの手の商用車が一番適していると思います。免許取得した頃の私は丸目2灯FRのファミリアバン1300がいいと思っていました。
あとは移動中の時間も趣味の世界に浸って恍惚になれるかどうか。

ディーゼルオイルはガソリンエンジンに入れられてもその逆は不可と聞いたことがあります。あとは成分が鉱物か合成かぐらいですがレースをやるわけじゃないしバイクほど高回転でもないので「誤差の範囲」かと。

ブリラガ幌、それだけで希少ですが幌車は昔 都道府県によって税額が異なっていて、東京ではトラック(純貨物)扱いで8,000円でも私のところで登録するとバンと同じ(貨客兼用)16,000円でした。
そう考えると軽乗用って… 削除

2017/10/9(月) 午後 1:44 [ コ・ふそう ] 返信する

顔アイコン

オイル全く問題無しですね。ディーゼルオイルは洗浄成分がたくさん入っているのでいいですよ!私は20番のオイルは危険だと感じます。頭0wでも30、40であれば問題無しですね。今私の軽ターボにはACEA規格の0w-30c3非常に調子よく使ってますよ。粘度的に40ですが! 削除

2017/10/9(月) 午後 6:32 [ 大谷 健二 ] 返信する

毎号楽しみに読んでいます。
特にコースターの回。ローザにDCTで4躯が復活しましたね。
さて私はバモスターボに乗っていますがDL-1
5w-30を愛用しています。最近のクリーンディーゼルはみなターボ車ですし粘度の低いオイルは使用温度時の油膜が強いです。トヨタでは
0w-30もありますがあまり体感出来なかったのと過走行のオイル喰いを気にしてやめてしまいました。

2017/10/10(火) 午後 0:39 [ Rocksun ] 返信する

顔アイコン

> hzj70mnuさん 精度と材質でしょうか。電子部分を含めいじれる人はすごいですが、我々には面白そうにも思えないという感じでして。

おっしゃる通りブリちゃんと同じ変遷で角目からデコストッパーがなく窓枠も固定です。前席はFRPではなくノーマル椅子にカバーが掛かっているだけですよ。

2017/10/11(水) 午後 3:10 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> コ・ふそうさん かつて四輪駆動車はどこでも走れて合理的という理屈が通用していて、私たちもそう思っていたわけです。ところが環境の変化で骨太四駆は必要なくなり、悲しいかな道楽車になったわけですから、合理的な車としてライトバンを使ったら見事ドンピシャだったことが残念でもあり狙い通りでもあり。恍惚感は、今の時点ではあります。恍惚というより25年間ドシンバタン車しか買わなかったので、スムーズな走りが新鮮なだけかも。私のことですから半年で飽きる予定です。
ディーゼルはガソリンに可・・・清浄効果が高いですからジープにはいつもディーゼル用でした。エンジンが汚れていないのであまり意味がなさそうですが、悪くないなら手元にあるものを使おうということで。

2017/10/11(水) 午後 3:15 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> 大谷さん そういえば石川御大もマライヤちゃんにディーゼル用を入れていましたねぇ。

20番のオイルはランクルBJ等で焼き付き事例が何件も聞かれていますが、それ以前に、入れる前に気付けよとしか言いようがありません。もしスタンドで進められたとしても、オイルの数字を気にしないユーザーが増えたということでしょうか。
頭の0,5,10wはさておき、上が30同士で比べたらガソリン用よりディーゼル用が硬い気がしたのは、銘柄によるのでしょうか。走った時の硬さではなく、ジョッキから注ぐ時の様子で気がつきました。

2017/10/11(水) 午後 3:19 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> Rocksunさん ありがとうございます。復活したローザ四駆は一部地域では救世主らしいですよ。
バモスでDL-1ですか。記憶がごっちゃになっていますがDL-1か2のどちらかが触媒にうんたらかんたらという話を聞いたことがありますが、やはりそれも気にせずガソリン車に入れてしまっています。実際バモスという高回転型ターボ車で塩梅がいいのなら、私も安心ということで!
過走行のオイル食いを抑えることには結構本気です。J38がもうピストンガタガタらしく、それはもう減ること。

2017/10/11(水) 午後 3:23 [ ポンコツ屋 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事