全体表示

[ リスト ]

 カマド本社の真ん前、県道394号にバスが走っていることは、カマド社のみんなも来訪するお客さんも、ふだん意識していなくても知っているんじゃないかと思います。三島線(御殿場駅〜三島駅)という基幹路線で、御殿場が拠点の富士急行と、沼津が拠点の富士急シティバスの共同運行。(かつては同一の会社だったのが分社化)
 全盛期からだいぶ便数を減らしても、まだ利用しやすい平日12.5往復、休日11.5往復の運行。これが本日4/1を最後に富士急シティバスが御殿場地区から撤退、富士急行の単独運行となり、1日5往復に大幅減便されます。たぶん会社のみんなは知らないでしょうなぁ。

 「マイカーの普及で路線バスが衰退」の流れは昭和40年代から始まって、バスは老人、学生、障がい者ほか免許のない人の利用が中心。カマド社でもバス通勤している人はいない。お客さんだって車屋に来るくらいだから、普段バスに乗らない方が大半でしょう。もちろん私だってバスに乗るのは「そのバスに乗りたい」ときだけなので、他人のことは言えませんが。
 
 モノは試しで会社からバス帰宅をしたら、車で25分の道のりを、御殿場駅からサファリパーク方面に乗り継いで、バス停から歩いて、計1時間半。運賃も4G53のガソリン代の3倍くらい。そして出勤時に乗ろうと思っても、始発便でも間に合わない。
 でも、もし本数が多くて、家の近所から1本で結んでくれて、首都圏みたいに均一料金220円だったら、週の半分はバス通勤もいいかなと。最新のエコカーだろうが、公共交通機関に勝るエコはない。事故を起こすリスクもない。寝て帰れる。

 それでも将来、公共交通機関が今より拡充する可能性は低いでしょう。本数が少なくなれば、さらに利用しなくなる悪循環。それとは逆に、自動車は家電製品のごとく使いやすく(しかし高価に)なるばかり。負のスパイラルは歯止めが利きません。我々車屋もこの流れに加担しているんですよね。
 ジドウウンテンとか言っても、じゃあ年金暮らしでそんなもん買えるのか?富士山麓の屈曲路も雪道も自動で走れるのか?
 国策がそんな方向ばかりを後押ししてたんじゃ、いつかツケが回ってきそうな気がします。かといって補助金で路線維持する方法もキリがない。アラフォー過ぎれば目も悪くなり、反応も鈍くなり、運転がだんだん億劫に。この劣化ペースで還暦になったらと思うと。

・・・ここはバスブログでなく四駆関連のブログなので、この辺で。せめて江戸方面には公共交通機関で出るようにはしています。

エイプリルフールのホラ吹き大会もアレなので、こんな話を書いてみました。

イメージ 1
カマド社の前を通過する、富士急シティバスのブルーリボン・ハイブリッドE2868号。この眺めも見納め。

イメージ 2
かまど下バス停を通過する富士急シティバスのそろそろ古参格。レインボーHRのE2162号。
本当は雲の向こうに富士山が。

イメージ 3
硬質な快音を響かせ、三島駅へ向かうUD-富士重のシティバスE8266号は元御殿場車。この車が御殿場まで登ってくることは、もうないでしょう。


この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

新年度というとなんでも新しいことや良くなっていくことがイメージされますが、こういうことも起きているのは看過できません。

JRでも北海道の危機とか広島の廃線といい、公共交通の撤退はこの先何年も経ってから取り返しがつかなかったことを感じるようになるのではないでしょうか。

1960年代のバス全盛期は自家用車が奇特だっただけでなく生活の時間的なゆとり(それしか選択肢がなかったからそれで普通だった)もあって生活圏の広さも今よりずっと小さかったと思います。
たしかに自動車産業が日本の経済に貢献したことは大きく、自分もその一翼で恩恵を受けているのですが、では老後の足がどうなるか 心配です。

本当に自動運転が正常な進化なのかどうか、趣味でマニュアル車を運転していることが反社会的行為とみなされるような世の中にはなってほしくないものです。 削除

2018/4/3(火) 午後 4:28 [ コ・ふそう ] 返信する

顔アイコン

バス関係者が実際にはバスに(乗客として)乗らないのは業界の常識のようなもの。
バスマニアや鉄でも多いんじゃないかしら?
だから本当の利用者との間に解離が出るんですよね。
世の中全てに通じますが、『相手の立場に立って』全体を俯瞰する必要があるんですがね。

とは言っても従来の延長では限界なのも明白で、駅前商店街の寂れのごとく、地方の路線バスもじわじわと、しかし確実に衰退を続けることでしょう。

小生も30年近く前の学生時代、陸送のバイトで沼津のパブコや佐川車体に裸シャシを届けたあと、路線バスのお世話になったものです。(記憶が曖昧ですので直接駅まで歩いたのかも?)
当時でも使えるスジは少なくて苦労したものですが、今は更に減便若しくは廃止された事でしょう。
逆に事前に路線や時刻の検索は出来るようにはなりましたが。 削除

2018/4/4(水) 午前 9:41 [ 元はとばす ] 返信する

顔アイコン

> コ・ふそうさん こういうことは年を追うごとに良くなることは、まずないですね。軽自動車を「交通弱者のためのもの」と言った業界ご重鎮もいましたが、はてさて。生活圏というものを考えると、自家用車がない頃には片道20kmでも遠距離通勤者だったかもしれません。買い物も、その辺で済むと。商店街の衰退もそれに当てまはりますね。郊外型店舗優勢で、買い物弱者も生まれます。
ジドウウンテンがあれば良いのだという馬鹿げた考えに陥ると、そのジドウウンテンとやらの恩恵に与れない層との格差は相当なものになるでしょう。

2018/4/6(金) 午前 11:03 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> 元はとばすさん 商店街の旦那がイオンモールに買い物に行くみたいな・・・。本当の利用者(若いほう)も免許とったらクルマ社会の一員に。運転できない年寄りの未来は言わずもがな。たとえば免停になって一ヶ月くらい公共交通機関で暮らすようになったら、身に染みるんじゃないかと。それでも首都圏在住ならノーダメージというか、むしろバス電車の利便性に気づいてしまったり。
「使えるスジ」の少なさは「各駅停車路線バスの旅」の構成に現れています。薬袋さんは蛭子さんのように延々歩く羽目には陥っていませんでした。

2018/4/6(金) 午前 11:07 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。ポンコツ屋さん元気かなとちょっとおじゃましに来ました。

1日12.5往復が5往復とは寂しいですね。地方はもう後戻りできないほど車前提の分散構造なんですよね。で鉄道やバスは走らせる側も乗る側もますます非効率、そして衰退する。だいたい役所がすでに公共交通を重視していない、なんて論も見たことがあります。

ジドウウンテンは、自分は別の意味でまだ好きになれません。操作を放棄してソフトウェアに全部預け、そのソフトはネットワークに依存して、しかも行動データはどこかでこっそり利用される。何か怖いものがあります。値段も余計に高いはずだし、メンテだって機械のほかにIT装備の知識や頻繁な更新が必要になるでしょう。燃料費のほかに通信費もかかる。結局自動運転車だってユーザーを選ぶはずです。

でも、一方で路線バスは人件費が大きな弱点で、自動のデマンド運転なら採算ラインが下がるでしょうから、地方のバス会社は結構期待しているんじゃないかと思います。都市部でも免許を持たない若い人が増えているらしいですし、スマホでバスも分かりやすくなったし、バスはまた上向くような気もします。 削除

2018/4/21(土) 午後 0:32 [ Ryo ] 返信する

顔アイコン

> Ryoさん お久しぶりです。こういうのは少しずつ減便すると思っていたらいきなり半減以下です。でも沿線走ると、今でもお年寄りがバス停で待っているのですよね。さぞかし不便になったのだろうなと。
そして毎朝、ちょうど出勤した時間に三島行きが会社の前を通りますが、中型(富士急本体では少数派)ばかりです。ハコモノに費やす予算があれば交通機関を!と思いつつ、補助金でなんとかする方法も本末転倒で、うまく利用するよう誘導する方法はないものでしょうか。都心部ではクルマ離れも悪くないと思っています。
ジドウウンテンシャは金かけて開発しても、マイカーとしては地域限レベルでしょう。それも、クルマのいらない地域でばかり「使える」ようになる気もします。
バスなどの交通機関向けの開発が、おっしゃる通り順当の気がします。

2018/4/21(土) 午後 3:44 [ ポンコツ屋 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事