全体表示

[ リスト ]

平成13年式 KF−VEW11  グレードLX-G  走行距離6.1万km
オークション評価3.5 B/B 四国のどこかの自治体の公用車っぽい。
今月4日に中古車新規でナンバー取得、運用開始して、いろいろ見えてきました。
車検ではギアオイル一式とエンジンオイル・エレメントも交換。

イメージ 1
パワステフルードの重要性はジェミネット2のP/Sラック交換が発生して理解したつもりですので、自家用車でもやってみます。
普通のATFで良いんですが、気休め的に漏れ止め配合のSTP製品など。新しく見えても17年選手ですからね。デリケートなセブンチーン。

イメージ 2
全量交換は無理なので、リザーバーに入っている300ccくらいをスポイトで抜いて交換。
きれいな透明赤色だったはずが真っ黒だ。
こういう汚れの原因って、なんなのでしょうね?ラックやポンプが摩耗した鉄粉とか、ホースのゴムが溶け出たカスでしょうか。酸化はあるのか?


イメージ 3
前記事にも書いた黄色のボッシュ目玉。
濃すぎる黄色も晴天夜間には無駄ですし、人間様の受光素子もホワイトバランスが狂います。ほどほどの黄色さが塩梅よろし。
残念ながら、この「ほどほどの黄色」は、ちゃんとしたメーカーの品としてはもう手に入らないようです。
法規が変わって新車には付けられないんですから、イエローバルブの品数は減る一方。

鳥目気分のLEDなんざぁ二度と付けねーやい! という話は過去に書きましたが、この灯具はバルブ背後の防水カバーの関係で、いずれにせよLED化はできません。

エキスパートマニア(?)の中には、アベニールの4灯ライトに交換する人もいるようですね。配線がちょっと厄介な気がします。どうも電気工作は苦手なもので。


イメージ 4
世間並みに音響機器を更新。
昔は中古車を入手したら、まずオートバックスに行って特価品コーナーの1DINなり2DINなりのヘッドユニットを買って来たもんですが、そんな風習は廃れたのでしょう。アルパインのインダッシュチェンジャーとか、無理して買ってVRY60やFJ62Vに付けましたねぇ。ナビだって20万円もしていた時代。

・・・で、こんなことしても、4つあるスピーカーのうち2つは断線して、さらに1つは音割れするので、意味がなかったりします。実質1スピーカー、軽トラと同じで潔い。



イメージ 5
ここからが本当のサウンドチューンだ!!
エンジンを覆い隠すNEO-Diな樹脂カバーはただの飾りと思っていたら、裏面にボリューミーな発泡ゴムの遮音材が付いており、ヘッド周りからの騒音を封じ込める役割のようです。これを取っ払えばディーゼルの豪快サウンドをグレードアップできるかも!!


イメージ 6
遮音カバーはネジ4つで外れます。オイル交換時にも、こんなの無いほうが注入がラクでしょう。
ヘッドそのものではなくヘッドカバー部に付くとはいえ、熱もしっかり溜め込みそうな造りはエンジンの健康上も好ましくない。
それにしてもDOHCだけに頭でっかち。

結果は良好・・・プラシーボ効果かなぁ。
いずれにせよ連続的な粒立ちの良い直噴ディーゼルノックこそが最高のドライブBGMなのです。やっぱりディーゼルのMTは楽しい。
噴射時期を早めたりEGRをカットしたりの悪さは、今回はやめておきましょう。そんな時代です。


イメージ 7
タイヤはスタッドレスでしたので、ヤフオクでホイールセットを落札。
BSのV600という標準的な商用車タイヤ。サイズも純正遵守で165R14-6PRです。後輪の入り具合がDENSHA-STYLE、これですよ、これ。
1サイズ上の175R14だと、ちょっとアグレッシブなパターンもあるようです。


イメージ 8
これは余興・・・ではなく、背もたれ内部のスポンジが崩壊して表皮の中でグダグダになっており、一部背骨に当たって痛いのです。なので、Jマートの改装セールで買った厚手のピンクラグ(なんと480円)で覆います。
結果として、ワンポイントで「働かない自動車風」の演出を織り込むことになりましたが、意外と良い感じ。


イメージ 11
これも前記事の延長。ゴムブーツ一個切れるとアーム交換になる恐ろしい設定の日産車です。
300円くらいの小さな部品のために3万円の出費。いま生き残っているゴムブーツには、なんらかの保護策を取ります。

イメージ 12
こういうのであらかじめブーツに塗ったくって固めていたら、却っていらぬ疑惑を持たれるんだろうか。どうでしょう工場長?




そんなこんなで意気揚々と600kmほど走った頃、50km/h以上で駆動系から異音が出るようになりました。
音質は・・・そうですねぇ、四駆乗り的な感覚では、リフトアップしたY60ショートやジープで、リアのペラのジョイントがゴロゴロ鳴りますよね、あれを細かくした感じです。
車速比例で、クラッチ切っても出ます。そして80km/hくらいになると消える。

まずハブベアリングを疑いましたが、ジャッキアップしてタイヤを回してもスムーズ。そもそも、ハブだったら速度を上げれば上げるほど盛大に鳴るでしょう。高速域で消えることはないはず。
FF車の駆動系がよくわからないながらもデフ周辺のベアリングも疑いましたが、それならシャーシャー音が先かなと。

疑ったのはドライブシャフトのジョイント。外側ならハンドル切った時に音が大きく鳴ったり、派手にパキパキ鳴るはずですから、違う。
内側のジョイントならあり得ます。あとはシャフトが少し歪んで偏心しているとか。

疑わしき証拠画像など・・・


イメージ 9
右シャフト。途中にバランスウェイトが付いている。ブーツ類は無事。手で揺すってもガタは無い。

イメージ 10
左シャフト。パッと見には右側より古びていて、バランスウェイトも無い。
そして内側のブーツが切れている。これは車検時に覗いた際には切れていなかったので、乗り出して数日で逝ったみたいです。最初の500kmくらいまでは何事もなかったし、地域限定運用の公用車だったのなら100km/h出すのは初めてだったかもしれないし。

このトラブルシューティングが合っているのか、来週工場に入れてみようと思います。
もしシャフト交換でも、リンク品が出回っているのが現代車のいいところ。




この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

そうそう、最近の家電グルマたちは自分が発する音が静かなので音響装置が欲しくなるのです。
さらに遮音性能の良さ=密閉性ゆえに空調装置も必須だし、安楽に上下できる電動窓の出番が少ないという、なんだか変なスパイラルがうかがえます。でもこれが楽チンなんですね。

本当は自車が発する音だけでなく、緊急車両の気配とか周囲の状況(かつては個性あふれる盛大な他車の咆哮)を気にしながら運転するのが流儀といえば変態?
そして回転数を判断する「耳タコ」も古い習慣になってゆくのでしょう。 削除

2018/6/13(水) 午後 9:55 [ コ・ふそう ] 返信する

顔アイコン

あんなに設定のあった『ライトバン』、その需要は何処に行ったのでしょう?
日産でもバンの設定が無かったのはプレジデントとローレルくらいなのに。

さてこのエキスパート、当時あまり興味が無かったので知りませんでしたが、スカイライン/ブルーバードバンの後釜たるアベニールカーゴとセドグロバンとの統合を目論んだ日産ライトバンに於ける最後の『徒花』だったんですね。
ベースのアベニールのディーゼルはCD20ETなのにエキスパートはYD22と言うのもこれまた興味深い。
貨物なのに『NAツインカム16V』ですから。

小型枠といい、あくまでも乗用車スタイル(現プロボやADみたく積載に特化してない)といい何だか急に興味が湧いて来ました(笑) 削除

2018/6/15(金) 午後 8:06 [ 元はとばす ] 返信する

顔アイコン

> コ・ふそうさん 純粋に古ヨンクだけを見ていられれば目移りもしませんが、街を走ったり会社に出入りする車両を見ていると、あらぬ気を起こし、自分もまたスパイラルに巻き込まれそうになります。ほどほどのダイレクト感、御してる感を保ちつつ、快適性や移動手段としての合理性、経済性を併せ持つのはどういった車だろう、その結論はいつまでたっても出ませんが、ジープやランクルでないことは確かなようです。

2018/6/16(土) 午前 10:32 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> 元はとばすさん 統廃合やOEM化で、ニッポンのライトバンが2車種になるなんて、誰が予想したでしょうか。軽箱の高性能化のほか、セダンがミニバンに変わったのと同様、NV200などが効いているのでしょう。
・・・あとは営業マンもむやみに出歩かなくなった、それもあるかもしれません。
CD系とYD系では隔世の感がありますね。ディーゼルは古いほど楽しいのだと信じていましたが「最後の直噴D」は噛み応えがあります。
このアベニールなルックスからカリカリガギーンと響く意外性も⚪︎。

2018/6/16(土) 午前 10:36 [ ポンコツ屋 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事