続・御殿場ボロヨン画報

主にツイッターで更新・ブログはあんまり・キュリアスVol.14制作中。

全体表示

[ リスト ]

立て続けに更新します。

発売前の話題は「カッコイイ」ことと「フレーム付きでコイルリジッドで安心した」という、この2点に集約されていました。

デザインについては個人の主観なので、ここで書くことでもありません。
なので、カタログでは見づらいシャーシの様子をお目にかけます。WEB上では初公開・・・を狙っての速攻アップ。

下回りに興味のない人、これを見てもよく分からないという人にはつまらない内容でしょう。
ジムニーのお腹ってこうなんだ〜くらいに眺めて、難しい質問はゴテンバ村のスズキアリーナで。
タイミングが合えば川沿いのボロ四駆店でも車両説明くらいはできますが、あまり丁寧な接客ではありません。
(画像はJB74W)

イメージ 1
遠目にはJB23/43と同じ眺め。ホーシングも続投。シエラの諸元上でトレッドが変わったのはホイールのためと思われます。

イメージ 2
この辺がポイント。ミッションメンバーを兼ねてるんですね。「X」というより「へ+へ」の構造。
ファーのメンバーがダイキャストなのは続投のようです。折る人もいるけど強化すると振動が伝わる・・・と。

イメージ 3
ファイナルメンバー追加。これをやるなら角断面にしてピントルを・・・というジープ的発想も、もはや時代遅れ。
フレーム末端でさらに剛性を確保ということでしょうか。ガッチガチですね。フラットダートをすっ飛ばしてみたいです。


イメージ 4
事前情報の段階で一部のマニアが心配していた部分。
私としては車高なんて上げなくていいじゃんと思ってしまうのですが、確かに心配も理解できます。
きっと専門ショップが延長アダプターか、深い弧を描いたメンバーを作ってくれるでしょう。ネジ止めなのは、それも織り込み済みだから?(ミッション脱着のためです)。


イメージ 9
前足の画像は軽のJB64Wで。タイダウンはやっぱり車格からしたらゴッツく見えます。真っ直ぐにならしゃくってもいいのかな、厳しいかな。


イメージ 5
おまけ。軽の吸気冷却箱は前置きに。通風状況は良好と見ました。案外ボンネット内に余裕があります。



イメージ 6
話は飛びますがCURIOUS-ZINE『廃バス見聞録1』は残り一箱を切りました。
次回イベントに持って行くため、一旦ショッピングカートの注文可能部数を絞りました。ご了承願います。



これも標題から逸れまして・・・。
イメージ 7
徐々に完調に近づきつつあるエキスパーちゃん(直噴スメル号)、四駆ではないので農産物直売所を巡って旬の果物を入手して回るなどという観光バスみたいな運用に終始しております。
3度目の給油で出た燃費は15.5km/Lと振るわず。エアコン稼働と、高回転まできれいに回るディーゼルが楽しくて、つい飛ばしてしまったからでしょう。
後方に見えるJ30系は地元の方でしょうか?こういう場所で長いジープを見ると、グッとくるものがありますねぇ。

イメージ 8
こちらのイヌ君(まめ爺さん)は、長いジープはいいから赤い果実をよこしやがれと言っています。
富士急バス21xx番台と同世代ですが、現役バリバリ。

イメージ 10
前方を行く「小さな観光バス」。最近この手のタウンエース・ライトエースに興味津々であります。
コンパクトサイズでセレクティブのファー、副変速機、マニュアルハブ装備可能、ディーゼル、でもけっこうお値段が高いんです。CR30G/31G、やはり海外需要が。

この記事に

閉じる コメント(15)

オールグリップPROは付いていますか?

nボックスといい、付加価値の付いた軽は200万円越えが、当たり前になりましたな。

2018/7/5(木) 午後 0:51 [ アプローズ伯爵 ] 返信する

顔アイコン

> アプローズ伯爵さん やや!オールグリップPROってなんだ!?と慌てて調べてみる、私はそんなレベルだったりします。セレクティブのジムニーには当然ついていません。重量増やコストの問題もあるでしょうが「こういうのは受け入れられない層」があると把握した上での設定と思います。
きっとエスクードトの棲み分け・・・と書きかけて、あちらは棲み分けもへったくれもない別路線へ行ってしまったのでしたね。

2018/7/5(木) 午後 1:26 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

なるほど、速報の中の速報で床下の情報なんてほとんど扱うところがない中で詳細がよくわかりました。
あとは電子エンジン特有の吹け残りタイムラグがどれぐらいなのか?

ジムニーの場合(昔はほかの車種でもいくらかそういうのがありましたが)後付改造の部品でどうにでもなるような車なので各ショップの開発に期待しましょう。
牽引バンパーにしてもきっとサブメンバーを添加するようなのが出てくると思います。

あくまでも「ベース」「素材」としての良さを考えればイマドキにしては“我々寄り”で上出来でしょう。欲を言えば貨物登録、赤いJPや猫に使う仕様が出るのかどうか です。 削除

2018/7/5(木) 午後 3:23 [ コ・ふそう ] 返信する

顔アイコン

ボンネットの開口は大きく思えます。
タンクの位置は懐に抱き込む事になりましたか、追突に遭った時の不安が減りましたね。
霧対策はバンパーの下に黄色いLEDバーライトでも付けるしかないんでしょうか?白くない方が霧にはいいと思いますし。

2018/7/5(木) 午後 3:45 [ hzj70mnu ] 返信する

ジムニーバブルですね〜
高額コンプリート合戦が楽しみです。

ウチの軽トラと
ボロでも良いから誰か
ジムニーと交換してくれないかなぁ

2018/7/5(木) 午後 4:23 [ maruyo ] 返信する

顔アイコン

#R30系と言われたらまずスカイラインのほうが思い浮かぶ… 確かにこの手のタウン/ライトエースも見かける機会減りましたよね。 (整備的な意味で)面倒くさかった記憶がry

2018/7/5(木) 午後 7:10 [ いわたけ家主 ] 返信する

顔アイコン

> ポンコツ屋さん
先代シエラの海外版には付いていたんですよ。パートタイム4WDにESPで協調制御する奴が。FF車用のオールグリップとは別物です。説明が無いだけで付いているのか、日本仕様はケチられているのか。

安全カメラ付きは車高変更不可でしょうな。
マツダのCX-8みたいにタイヤの扁平率すら変えてくれるな、みたいな車種もありますし。

2018/7/5(木) 午後 10:56 [ アプローズ伯爵 ] 返信する

見覚えのある農産物直売所が!桃が出始め、良い季節に。
CR30。副変速機にフリーハブ、5穴139.7ピッチのホイールまでジムニーと共通点が多いですね!整備性は悪いと思っていましたが最近の車よりも機械として手を入れることができます。海外での需要にも納得!

2018/7/6(金) 午前 1:01 [ レンジャー2 ] 返信する

顔アイコン

おはようございます。

今回のジムニーには全車「ブレーキLSDトラクションコントロール」なるものが標準だそうですが、なんでも空転しているタイヤにブレーキを掛けて反対側のタイヤに駆動を掛けるとか。

確か…似たようなデバイスが付いたディスコが発売されたとき、石川さんが試走なされて、その時に「泥道などで両輪が空転したときは、コンピューターはタイヤは空転していないと判断してデバイスが役に立たず、結局そういうデバイスが付いてない旧型ディスコのほうが良く走った」と仰ってたとおもうのですが、このジムニーのデバイスもそういう事にならないのですかね?

2018/7/6(金) 午前 8:46 [ tog**adeg*o ] 返信する

顔アイコン

> コ・ふそうさん 下回りの画像1~2枚で、見る人が見れば解説なしで理解できますからね、重要なのですがあまり掲載されない。
さっそく1500MTに乗ってみましたが、回転残りも吹け上がりのタイムラグも僅少でした。電子だからこそ、いかようにも味付けできるわけで、シフトダウンでの回転合わせも違和感ありません。
肝心の軽のほうですが。カマド社にあるのはATなので判断材料にならず。

> hzj70mnuさん ボンネット開口部は大きいですよ。しかもエンジンルーム内にも余裕があり、手を入れやすい。でも手を入れる箇所なんてないんでしょうね。そういう行為は受け付けてくれない感じです。
タンク位置はJB23からの続投のようです。霧には黄色い光・・・・これに学術的に異を唱える解説を読んだことがあります。でも黄色が見やすい。濃霧の出る地域に住んでからそういうことを書きやがれと。

2018/7/6(金) 午後 4:34 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> maruyoさん そう思ったのですがね、外装いじりづらい(鉄バンパーにしたら常識を疑われるでしょう)、LSD要らない(ことになっている)、サスも完成の域、シートは交換不可。
それこそGO-OUT系のノリに飾るしかないのかなと思うと、てんこ盛りのコンプリートカーも終焉の時期かなと。そういっちゃマズイんでしょうが。
私なら貧相化に精を出しますね。あ、ディーラーとメーカーはバブルを期待しているかと思います。

> いわたけ家主 R20ミストラルがモデルチェンジしていたらR30になったかもね。整備性・・・ワンボックスの宿命でしょうな。デリカもなんでも工場任せだったし。

2018/7/6(金) 午後 4:42 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> アプローズ伯爵さん ほほう、それなら別の名称で備わっています。おつまみ系デバイスは一通り。これを省いたバージョンも売っていただかないと。
先ほど他誌の取材班御一行様の道先案内をしながら眺めましたが、わざと足を浮かせる悪路では効果ありのようでした。それ以上きわどい場面で試すのは今時点では営業さんに嫌がられます。商売にならん!と。

2018/7/6(金) 午後 4:45 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> レンジャー2さん 富士川〜白根〜豊富〜八代ルートは私にとってのフルーツラインです。わずかに季節がズレるだけでプラムも品種が変わったり、はねだしの格安箱を入手したり。本当は自分の運転じゃなくUD2サイクルの観光バスで春鶯囀なめながら巡りたいですよホント。
CR30も良いですし、本当はCM60系のトラックが欲しい。これも高い。

2018/7/6(金) 午後 4:50 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> tog**adeg*oさん 電子デバイスはなんとかして粗探しをしたくなります。その道の人から相当なアドバイスを受けながら設定し、さらにはパワーをかけた状態のまま締めたりとか、そのためにデフの強度を上げたりとか、英国人の開発したシロモノより数段良いという話です。こればかりは限界まで乗ってみないとわからないですね。
もっとも個人的には100%欲しくない装置なのが本音です。

2018/7/6(金) 午後 4:57 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

JB23から採用でしたね、勉強不足でした。
霧も雪も場所によっては濃さや頻度が違いますから標準化が大変なのだと思います、ならば、幅を認めて年式の呪縛も変えれば事故防止に繋がるかと思いますが・・・。

好評な様なので、是非ともこのまま良い方向に進んでくれればと願っています。
けど、価格に見合った価値は在っても気軽に手が出せないのが悩み処。

2018/7/7(土) 午後 8:20 [ hzj70mnu ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事