全体表示

[ リスト ]

キュリアス新刊納品も秒読みですが、お台場イベントへの出展も秒読みプラスアルファな今日この頃。
まるで進まぬ準備を回復運転ということで、PD5Vの荷台でゴソゴソやっております。でもこのデリカで行くのではなく、当日はエキスパート号が登板予定。デリカは便利な一時保管庫に過ぎません。ナンバーがないので。

イメージ 2

イメージ 1
会場での目玉商品は新刊Vol.14であるべきですが、展示車両の陣容からしてバックナンバーVol.11と13を多めに持ち込もうと思います。

イメージ 3
なにしろ当日会場に来られた人は、Vol.13で紹介したこの場面の続きを、紙に刷られたCMYKインキではなく、鉄板に塗られたペンキからのRGB反射光として目の当たりにするのですから鳥肌モンです。

すなわち私のブースは便乗商法と言えなくもありません。しかし白田氏も当ブースにお立ち寄りいただくことになっています。

イメージ 4
昨夏のこの日から15ヶ月、臨海副都心の端っこでエムと会うのです。
いやぁ、凄い。まさか実現するとは。私は店番を放っぽっている可能性があります。


イメージ 6
キュリアスのZINEシリーズも、元を辿ればお台場商材として始めたものが定番化したのでした。
ZINE第1巻「はたらく四駆」の時は会場で早々に品切れとなり、ご迷惑をお掛けしました。今回は「廃バス見聞録」の2と3を沢山持って行きます。消費税分オマケの700円。

イメージ 5
ぽると出版さんの、ワタクシのお勧め本もセレクトして、少数ながら仕入れました。
永遠のバイブル東急本、バスラマ和田編集長入魂のキューバ本に加え、JRバス30周年の新刊も。売り切れ御免!
四つ隣の高速有鉛さんのブースで「はたらくじどうしゃデラックス」をお求めになったら、次にカマド社のブースへお立ち寄りください。立ち読みとアイドリングは5分までとなっております。アイドリングストップ車不可。クイックグロー歓迎。


イメージ 7
右下の信州古バス本は少なめで良いかな。0.9kgと重くて持ち帰りに不便な本。
キューベル・シュビム本も1束持参、研究家フジイ氏の作った白田組の写真集も上下巻セットで頒布します。

イメージ 10
メールオーダーの準備は後手に回っています。
人員体制の変化により、今後は一層書店販売に注力します。ご理解をいただければ幸いです。
なお、書店向けの取次拠点には今日搬入されるようですから、本は無事に出来上がっているのでしょう。



ところで、搬入車両エキスパート号に異変が。
最近、雨の後に荷室が浸水しているのです。こりゃ書籍輸送には致命的で。

イメージ 8
この継ぎ目に沿って水が通った跡があります。さらにトリムを伝って、破れて鳴らないスピーカーのメッシュを通じて荷室へポタリポタリと滴っています。しち面倒くせえなぁ。

イメージ 9
うーむ、バックドアのヒンジ部分(貫通のネジ穴)が怪しい。
公用車として丁寧に乗られていたものを、穴ボコだらけの田舎の舗装路を減速せずにぶっ飛ばすようになったのがイケナイのでしょうか。いや多分、コーキングの劣化でしょう。早急に対策です。


この記事に

閉じる コメント(5)

かつて、日産車体製の、クルーというセダンに乗っておりましたが、トランクに水たまりが必ず出来る人間味のある車でした。
同工場製のWY30セドグロワゴンもリア周りが必ず雨漏りする車でした。エキスパートやアベニールも日産車体の開発、生産なので、伝統なんですかね。

コーキングが、甘いですね。

2018/11/14(水) 午後 3:09 [ アプローズ伯爵 ] 返信する

顔アイコン

> アプローズ伯爵さん クルーと同じホイールを履き、Y30バンの事実上後継機種であるエキスパート。雨漏りしないと伝統から逸脱するということなのですね。安心しました。
話は変わりますが、クルーのバンがあったら良かったのにな〜と常々思っとります。

2018/11/14(水) 午後 4:35 [ ポンコツ屋 ] 返信する

ウチの日産車体製C25セレナも後部雨漏りで床下収納が金魚鉢状態になりパネル継ぎ目のシール部分を補修しました。新車から12年目なのでお年頃ですかね。

2018/11/14(水) 午後 10:04 [ lj20driver ] 返信する

ユンボにワイヤー掛けられてる
この激渋な車両は一体、、、

2018/11/14(水) 午後 10:59 やま@愛知 返信する

顔アイコン

> lj20driverさん ほほう、新日国ボデーの伝統なのでしょうかね。東洋工機製の古四駆が雨漏りなしだったので、久しぶりのウェットな車内に感動です。
新車のつもりで乗っているW11ですが、昔なら廃車の時期ですよね。乗用車が毎年車検になる経過年数です。

> やま@愛知さん これぞ我が国の戦後復興の立役者、白田組のエムという代物です。ミリタリー系の人はドラゴンワゴンと呼んだりしますが、そうではないと声を大にして言いたいです。

2018/11/16(金) 午後 1:03 [ ポンコツ屋 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事