全体表示

[ リスト ]

今年6月に6.1万kmで導入して現在7.3万km、つまり半年で12000kmを走破。
標準とされる走行ペースの約2倍の勢いで、そんな使い方ゆえの車種選択として正解でした。高速道路では矢のようにまっすぐ突き進み、極めて少食で、荷室がだだっ広く、余分な装備が省かれている。空調がよく効き、路上トラブルの心配なく運用できる。
かといってナンジャク車を転がしているような情けない感じもない。これは商用車のある種の「徳」でしょうか。生まれて初めての二駆も悪くないなと。

イメージ 1

そして、普通すぎる見てくれからは想像できぬ独特なYD22DDエンジンの感触・・・つまり古典的直噴ディーゼルの味わいを残しながら近代化を果たした、いかにもな乾いたサウンドと硬い回りっぷり。

遠隔操作しているような踏みごたえの最近のクリーンディーゼルとも、より古いライトバンの渦流室式のまろやかさとも違い、2t車のエンジンをスケールダウンしたような骨っぽさと快適性を併せ持つ。半踏み領域のカリカリカリ、ガァ〜ンというディーゼルノックには恍惚感さえ覚えるほど。

最初は「KF-規制車なんて」と思っていましたが、まだまだディーゼルの味わいが残された年式のようです。アイドリングの下でドッドッドと粘るところなんて、一体ナニを運転しているのかわからなくなる。

燃費はエアコン使用+エンジンぶん回しに大渋滞を加えた最低記録が15km/L、最高記録は20km/Lということで、これも満足。ガソリンジープをファーストカーに使う場合より、1年間でボロ四駆が1台買えちゃうくらいゼニが浮きます。

イメージ 7
お気に入りの車にはとっておきの車検証入れを奢りますが、ミスマッチ。ここはUDマークでないと。


イメージ 2

しかしこのペースで走るとすぐに寿命が尽きちゃいそうだし、楽しい乗り味に飽きが来たらもったいないなと。1台に掛かる負担を軽減するためにも、やはりサブの車両は必要と思えます。

J38の復活はまだ乗り気ではなく、部品も収集中。次号の題材として半年くらい楽しめる格安な古四駆を物色するのも一興。Y60? Lパジェロ? レオーネ? ファーゴ? 手元に色々ありますが、突如なにか飛び込んでくる可能性もあります。もう師走ですから、来年考えましょうかね。



そんな流れで書いてくると、なるほどこれを買う話につながるのか、職権乱用だな〜!と思われそうですが、さにあらず。いてもたってもおられぬサルベージ案件です。

オーナーさんに31年間も深い愛情を注がれ、しっかり管理された錆なし極上車。しかし心臓に問題を抱え、三途の川を渡りそうなところをお願いして譲っていただいたのでした。新刊発送のドタバタを終え、久しぶりに積載車で走ります。

イメージ 3

イメージ 4
N-L049GV、このグレードだからこそ、廃車にするのを踏みとどまってもらったのです。

よく聞かれるのは「四駆はエンジンや足回りがしっかりしてりゃいいんだよ」という話。
私の考えは全く逆です。エンジンが壊れていようと、駆動系がガタガタだろうと、ボディとシャーシーがきれいな車こそ価値がある。それもレストア車とかカスタム車では駄目で、メーカー出荷状態のオリジナルのすっぴんで、素性が明確で、長年のエピソードや修理履歴を聞くことができる、これに叶うものはありません。
ボディやフレームの交換が大仕事かつオリジナルを損なうのに対し、機関部分は消耗品に過ぎないと思うのです。部品さえあれば、どうにでもなる。


イメージ 5
今回はオーナーさんから伺ったお話からしても重大なことではなく、タービンブローでしょう。4D56はカラコロと心地良いアイドリングを刻んでいます。
来週、カマドの工場に預けます。

イメージ 8
キュリアス14で紹介した女性オーナーの赤いFJ60Vよりも、もっと詳細な記録が。オーナーさんは几帳面なこだわりの方なのです。

イメージ 10
こんな部位にも「次のオーナーへの引き継ぎ事項」が。

なぜかプレミア価格を付け始めたL型パジェロですが、それも変な話。
当方ではプレミア価格は付けませんが、この車両のプレミア具合を理解できて、それを引き継げる方にしか売りません。ユシュツモ ダメ ネ。

イメージ 9
麗しのカツブシ無し・黒バンパー、そして杓文字。

・・・と、パジェロバンはここまで。面白い話や核心部分は、ブログではなく紙に乗せたインキをもって皆様にお伝えしたく。





数日前からマニア界隈でずいぶん話題になっていたFJ56改は流れたみたいです。

イメージ 6

サルベージ用に仕入れないのかって?それが無理なプライスにまで跳ね上がったのですよ。これって新車架装なのかな?
だいぶ前にこのブログで取り上げたBJ60Vのウルトラ魔改造レッカー車に比べたら、おとなしいというか正攻法ですよね。再登録も容易そう。
前バンパーのトウバー風のものは、路外逸脱車救出作業時のウインチ横引き対策でしょうか。



この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

こんにちは

最初のお写真のガソリンスタンドでのタンクローリー車ですが、
モービルとエッソとゼネラルのマークが入っていますね。
最近はブランドの統一化でENEOSマークに切替えられているので、
このデザインのローリー車を記録するのは今のうちと思いました。
こちらではほぼ見かけなくなりました。

2018/12/7(金) 午前 10:54 [ takekyu ] 返信する

顔アイコン

> takekyuさん こんにちは。私の想像の斜め上どころか、右斜め左からの画期的な着眼点によるコメントに興奮しました。ありがとうございます。私もそのくらい話を展開できるよう精進せねば。マニア道、恐るべし。余談ながら、この写真は信州バスまつり会場到着寸前の撮影でした。
モービル・エッソ・ゼネラル併記は、沼津登山東海バス的なゴッタ煮具合というか、過渡期のMIX味でしょうかね。保険会社も合併でやたら長い社名になったり。

2018/12/7(金) 午前 11:16 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

パジェロ良いですね〜

2018/12/7(金) 午後 0:00 やま@愛知 返信する

顔アイコン

> やま@愛知さん ピンからキリまである同じ名前の車の中で、この極めてシンプルな業務用みたいな機種はもっとも魅力があります。でも3~4代目モノコック車でも、渋い業務仕様はあるのですよね。
そのうち出るという次期型は絶望感ばかりですが。

2018/12/7(金) 午後 1:10 [ ポンコツ屋 ] 返信する

同僚が同型機(ただし 最初期型) を所有していました。
大事に乗っていて、手放す時は話をしてくれ、と頼んでおいたのですが 知らぬ間に買い取り専門店‼に 出されてしまいました。
私が欲しがっていたのが冗談だと思われていたようです。
当時私は新車入れたばかりだったし。

保有台数の整理だそうで、中には二代目 ランエボも!

今でも悔やまれます。
本当に キュリアス紙が取材に来ても不思議じゃないほどだったのですよ。

まだほんの4年前のことです。

2018/12/7(金) 午後 9:13 [ jud*****ぷりんす ] 返信する

顔アイコン

おはようございます。

「次号の題材として半年くらい楽しめる格安な古四駆」ですか?

ブリザードorタフトとか(笑

2018/12/8(土) 午前 8:58 [ tog**adeg*o ] 返信する

YouTubeのキュリアスの動画、たまに無性にディーゼルサウンドが聴きたくなり、見ますが、特に雪かき装置付きのジープで、山の中を走るのが、何故か好きですね。
エキスパートのマニアうっとりなディーゼルサウンドは、動画上げないのでしょうか。
YD22DDは低音が勇ましい音だった気がしますが、十数年前に聞いたきりです。

2018/12/8(土) 午後 0:50 [ アプローズ伯爵 ] 返信する

LO49程度が、とてもいいですね。
なかなか、お目にかかれないコンディションですね。気のせいか、最近L型パジェロを街中であまり見なくなった様な気がします、前はちらほらすれ違ったり、駐車場で目撃したりしたのですがねぇ…
近頃は、私のパジェロに輸出貿易関係の外人さんが、カタコトの日本語で、コレウッテクダサイと言われたり、張り紙されたりと、そんな事が増えて来たのも気になります。

2018/12/8(土) 午後 9:54 [ クイックグロー ] 返信する

顔アイコン

> ぷりんすさん おっとエキスパートの初期型?ん?と思ったらパジェロの最初期型ということですね。買取専門店、大したプライスはつけてくれなかったんじゃないかと。輸出前提の値付けですよね、きっと。
見てみたかったなぁ、格子グリルの初期型ロング。もはや国内現存台数はJ30系より少ないでしょうね。

> tog**adeg*oさん それですよ。ブリ・タフト、そのサイズ感が本当は欲しいんです。部品難はジープやランクルより過酷な状況で、私は乗らずに終わりそうです。

2018/12/9(日) 午前 9:03 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> アプローズ伯爵さん youtubeのキュリアス動画はパソコンが変わったら編集方法やアップロード方法がよく分からなくなって、ついには放置と相成りました。
ひたすらマッシーダイナの再生回数ばかりが伸びていますが、ゲテモノな見た目に反して音フェチ的にはつまらない車でした(ガソリンなので)。やっぱりディーゼルサウンドですよね。
NAの素のYD22は、エクストレイルなどの高圧噴射ターボ仕様とは異なるのでしょうね。こんな乗用車ボディから発せられる音とは思えません。粒立ちの良い燃焼ぶり、独特の滑らかさ、トルク感で運転も愉快です。

2018/12/9(日) 午前 9:08 [ ポンコツ屋 ] 返信する

顔アイコン

> クイックグローさん 本当にL系パジェロは激減しました。それに伴い中古相場も変なことになっていたり。少し前はオークション会場で一桁万〜10万円台がゴロゴロしていたものですが、程度が良いと極端に跳ね上がるようです。スターワゴンも然り。
今回のL049GVはいくら極上でも重ステ暖房車なので、イマドキ層には受けないでしょう。

輸出ブローカーも相変わらずこの手は好みますね。すでに当方のところにも来てゴマンエンデ カウというので、ゼッタイ ウラネーヨーと言っておきました。

2018/12/9(日) 午前 9:17 [ ポンコツ屋 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事