続・御殿場ボロヨン画報

このブログは「基本的には」終了 です Twitterは @CURIOUS_49

全体表示

[ リスト ]

冬季運用が決まったので氷雪対応タイヤに付け替えるついでに、下回りの点検と防錆。一度塩カルまみれにしてからの処置では下準備が大変ですからね。
まずは高圧洗浄機で今の汚れを徹底的に洗い流し、ザッとシャーシブラックを塗ることに。

イメージ 1
サスペンションのアーム類やホーシングなどは錆びたところですぐに穴が開くわけでもなく、重点ポイントではありません。
それでも表面が塩だらけになった状態は見ていて忍びないもの。ロアアーム上面に塩分を含んだ土砂が堆積することも多々あります。

イメージ 2
ピボットに黄ペン、グリスニップルにキャップ。
整備工場でやったものではありません。前オーナーさんの手入れの良さが伺える部分です。車検は自身で持ち込まれていたそう。

イメージ 3
なんとも不似合いな、チープな軽合金のお靴ですが、仕方ない。冬の間だけだから。

イメージ 4
重点ポイントはこういった箇所。車種を問わず、下回りの防錆は鉄板の合わせ目を念入りに。
ハットチャンネルの丸穴にもノズルで吹き込み、表からも攻める。
たかがシャシブラ、されどシャシブラ、塗り方ひとつで防錆効果は3倍4倍と変わるでしょう。
気合の入った人は、指で継ぎ目になすり込むくらいしても。

中古車を仕入れると、車検ごとに工場でシャシブラ塗ったと思しき塗膜コッテリの様子に安心しても、よく見れば腐食だらけなんてことがあります。平べったい鉄板の表面をいくら塗っても無駄なことで、錆がどこから始まるのか考えず、ただ吹きまくるのは意味がないのです(特にジープ、古ランクル)。


このパジェロのすごいところは、鉄板の合わせ目各所に、刷毛で無色のケミカルが塗りこまれていること。やはり手入れの良さを痛感します。
ラダーフレームも前から後まで刷毛目が見えていますから、いつも時間を掛けて手入れをされたのでしょう。


イメージ 5
サイドシルの裏側も、鉄板の合わせ目だらけ。ここは未処置でした。
本当はグロメットも外して袋構造の内部もホース突っ込んで洗浄してケミカルを流し込むべきですが、今回はパス。冬季にそれをやると、水分を完全に飛ばせません。購入者さんの楽しみを残しておくことにします。

そういえば以前、J30系のサイドシルをホースで流水洗浄したら、10分くらい経っても泥水が流れ続けました。内部が固まった泥で満たされていたようです。そりゃ湿気溜めて腐るよな、と。


今回は錆が皆無かつ完全乾燥状態でのスタートですから、ごく普通のシャシブラ(油性を選んだ)で良いのですが、すでに錆びていれば転換剤等を用いないと事態を悪化させるかもしれません。
あるいはノックスドール等の防錆ワックスがコッテリ馴染んでいたら塗料を寄せ付けず、脱脂も困難で打つ手なしです。

車検時の防錆塗装を整備工場に頼んだ場合、水性のいわゆる「パスター」が使われるのは、スチーム洗浄後の完全乾燥ができない状態で塗らざるを得ないからな気がしますが、どうなんでしょうね。
万全を期したい場合は、自分で徹底的に洗って、しっかり走って乾かして、鈑金工場に預けて高品質な塗料でやってもらう手もあります。カーべキューよろしく車体を仰向けにできる治具なんてあったら最高。

いずれにせよ、車検ごとに下回り塗装をしていれば塩害とオサラバできるわけではなく、勘所を抑えた処置を行いたいもの。
下回り全面をコッテリ塗るとスプレー10缶は使いそうなところ、要所要所に抑えれば3缶くらいで済む経済効果も。



イメージ 6
私がよくやるのは、こんな風に潤滑スプレーかなにかのノズルに付け替えちゃうこと。
ピンポイントで狭い箇所に吹き付けます。

閉じる コメント(10)

お疲れ様です!

ついに、錆び対策に悩ましい季節がやって参りました!(;´д`)
前職では、いつも、錆びとの闘いでしたね!非常に手遅れの事態に発展してしまっている個体を、なんとかして生かす努力を重ねて来ました。しかし、崩壊の度合いが激しい車輛には、継続を諦めてもらい更新を勧めて、それが結果として販売促進に繋がる。風が吹けば桶屋が儲かる的な?需要があって、サービス側も負担は少なくて済む。なんか複雑な心境にもなります。

シャシパスター。
結局、アクスル、ロアアーム周りよりも、車体に塗っている比率がかなり多かった記憶があります。
下部洗車後の水分を吹き飛ばすのに、鉄板の繋ぎ目周りに強くパスターを注ぎ込むような塗り方をしていたような。

2018/12/25(火) 午後 8:15 [ じおん ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。貨物長パジェロも良いですね。
ノックスドールやタフコートは副作用が色々あるので、敬遠しちゃいます。
しかしながらノックスドールスプレーのチューブノズルを拝借してシャシブラックや錆止めを気のすむまで流し込むと、とても心が安らぎます。
「やってやったぜ感」って大事ですよね。

2018/12/25(火) 午後 11:49 [ taa***** ] 返信する

顔アイコン

> じおん画師 もうアレですね、そちらのJ54みたいに冬季運休という方法が、こういった第一線から引退する頃合いの旧型四駆にはベターなんじゃないかと思えてきました。もちろん塩害地域ではないユーザーがたまに雪山へ向かうのなら良いんでしょうが、日常的に塩まみれは厳しいですね。
富士山麓は塩害地域とそうでない地域が混在しています。東〜南〜西麓地域は、厳寒の富士五湖地域(北麓)よりずっと塩分は少ないでしょう。
手遅れの個体を当て継ぎで車検継続する苦労は、該当地域の整備工場ならではでしょうねぇ。そして最終宣告「お客さん、車検通りませんよ」と、奥からカタログが出てきます。

2018/12/26(水) 午前 8:44 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

顔アイコン

> taa*****さん 四駆バブルの頃ですら少数派だった貨物DX、今となってはJ30系の香りがプンプン漂います。素敵でしょう?
ノックスドール等、一度施工したら後戻りができません。

たしかにあのロングノズルは使い出がありますよね。フレキシブルな素材と長さ、三方向に噴射する先端のノズルの出来が素晴らしい。私もあれをシャシブラにくっつけて、サイドシル内部をカテーテル治療しました。自己満足以上の効果がきっとある・・・。

2018/12/26(水) 午前 8:48 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

顔アイコン

おはようございます。

ふと思ったが、新しくなったジムニーも国内仕様と海外仕様ではアンダーコートの厚みが違うのでしょうか…

2018/12/26(水) 午前 8:49 [ tog**adeg*o ] 返信する

顔アイコン

錆は旧車のみならず永遠のテーマですね。

どなたも一家言お持ちなのですが、この手の錆対策は定量的効果の証拠、医療で言うところの『エビデンス』と言うものがない。
長期経過で再評価する前に廃車(途中で錆を諦めるものも含む)になるものも多く、統計が取りにくいというのもありますね。
一時電子防錆ってのも流行りましたが結局のところ効果不明だったのでは?とも思います。

唯一ハッキリしてるのは車種別で錆やすい部位は色んなユーザーから上がってきて参考になるのはありますが。
まあその頃は自分のも既に錆びたりして。
上でおっしゃる通り、雨雪では乗らずってのが良いのはハッキリしてます(笑)

日本は電気代が高くアルミボディが普及しないとの事ですが、それぐらいの電気代は払いますよーってね! 削除

2018/12/26(水) 午前 10:02 [ 元はとばす ] 返信する

顔アイコン

> tog**adeg*oさん 海外向けと国内向けの差は気になりますね。昔のランクルみたいに大きな差があったらイヤになります。

ジムニーは国内向けでも今回からコッテリたっぷりアンダーコートが塗られています。しかし、その塗り方に首を傾げたくなる箇所もあります。C14にも書いてしまいましたが、無塗装に近い箇所があるのはいただけません。「納車時から錆びてる!」なんてクレームは来ないんでしょうか。

2018/12/26(水) 午前 11:24 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

顔アイコン

> 元はとばすさん 解決できない永遠のテーマだけに、いつまで経っても神頼み、まじない頼み、思い込み優先のオカルト的なメンテとなります。
エビデンスまさにその通りかと思います。「アレはよく効いた」の対比があいまいなのですから、本人の予想より錆の進行が遅ければ「良い手法」となります。その予想が「希望的観測大」なのか「悲観的および諦念の境地」なのかも含め、やはりあいまいです。
徹底してやれることやって、塩カルまみれ・露天保管のJ38が朽ちないので、きっと自分の方法が正しいのだと信じようと思います。

2018/12/26(水) 午前 11:29 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

こんにちは。車を所有する限り、錆との戦いだと思います。冬の道路は、塩カリが撒かれいますし、海岸の近くでは、潮風が常に吹き続けているので、常に洗車し続けていくしかないと思います。少しでも気づいたら、防錆油や防錆塗料で防止していくしかないと思います。

2018/12/26(水) 午後 9:58 [ hz1***** ] 返信する

顔アイコン

> hz1*****さん 昔なら摩耗や金属疲労が大きな「戦い」だったかもしれませんが、今はやはりサビとの戦いでしょうね。ボディやシャシのみならず、どこかのHZJみたいに潮風でプーリーがやられることもありますし。J38は車内に防錆油や防錆塗料常備でした。あとはその兆候に気づくか気づかないか・・・ですね。サビてからじゃなく兆候の段階で。

2018/12/28(金) 午後 0:06 [ ポンコツ屋2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事